ファームウェアバージョン2.0の主な機能アップ項目は?



ファームウェアバージョン2.0の主な機能アップ項目は?
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000002872



項目 内容
ブロードバンド対応 ・ブロードバンド(ADSL/CATV)をWANポートに接続可能
・Bフレッツ、IP-VPN、フレームリレーは接続不可
・ブロードバンド通信(WANポート)とダイヤルアップ接続(ISDN回線)との同時通信は不可
・ブロードバンド通信(WANポート)とRAS接続(ISDN回線)との同時通信は可能
システム短縮件数拡張 ・短縮コード数:64件→300件への拡張
・リスト一覧画面表示追加
・発番号別着信も300件まで可能
ドアホン対応 ・オプションのドアホンユニットを有線端末ポートに接続し、ドアホン子機を使用する
・ドアホン子機はシステムで1台のみ使用可能
・ドアホンからの着信、ドアホンへの呼び出しが可能
外線通話手動転送
外線チェンジオーバ
・通話中の外線を他の外線に手動転送することが可能
・手動転送中、内線キー押下にて相手外線と転送先外線との通話を切替えることが可能
着信制限指定
着信チャネル予約
・システムが同時に受付ける外線通話着信(データ通信、自動転送、FAX接続端末への着信以外)の数をモード毎に制限する
・回線の空きが1チャネルとなった場合、着信チャネル予約した端末へのみ着信させることが可能
・着信制限指定と着信チャネル予約は独立して動作する
SLT特番対応 ・アナログポートに接続したSLTから特番操作が可能
 1任意外線捕捉発信 ・#0をダイヤルし、空いている外線を捕捉し発信可能
 2外線指定応答 ・#1〜#4(外線1〜4に対応)をダイヤルし、外線を指定して発信/着信応答/保留応答が可能
 3パーク保留 ・外線/ドアホン通話中にフッキング+#9の操作で通話相手を保留可能(パーク保留)
・#9をダイヤルし、パーク保留に応答可能
・パーク保留中の外線ボタンは緑速い点滅表示(専用端末から外線ボタンを押し、パーク保留に応答可能)
 4ドアホン応答 ・#8をダイヤルし、ドアホンからの着信、ドアホンへの呼び出しが可能
リモートWeb設定 ・ユーザ先のcanoLinkのWebへのリモートアクセスし、データの表示&設定・変更が、デフォルトで可能(接続先24にデフォルト設定)
・ユーザ管理者モードでリモートアクセスへの許可/禁止が設定可能(ハードスイッチは未使用)
・リモートアクセスはISDN→ISDN経由のみ使用可能
ローカルルータ機能 ・WANポートにIPアドレスの異なるネットワークを接続可能
・WANポートの仕様は10BASE-T
・WANポートはローカルルータ接続かブロードバンド接続のどちらか一方を使用可能
ISDN相手状態表示 ・外線発信時、相手話中や着信拒否等の場合にISDN網から送られてくる「理由」情報を端末のLCDに表示可能


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

canoLink 4016ie

 

[TOP▲]
このページのトップへ