スキャナ本体のSCSIインターフェース形状



スキャナ本体のSCSIインターフェース形状
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000013567



詳細情報:
  1. SCSIインターフェースのコネクタ形状(スキャナ)

【詳細1】SCSIインターフェースのコネクタ形状(スキャナ)
機種によって、コネクタの形状は以下のように分かれます。

○ IX-3010、IX-4015、IX-4025、CanoScan300(DX)、CanoScan600(DX)、CanoScan2700F
  [アンフェノールフルピッチ50ピン] + [D-Sub25ピン]のコネクタが各一つついています。

○ CanoScanFB620S、CanoScanFB1200S
 [ ハーフピッチピンタイプ50ピン] + [D-Sub25ピン]のコネクタが各一つついています。

○ CanoScanFS2710、CanoScanFS4000US
 [ ハーフピッチピンタイプ50ピン]のコネクタが二つついています。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CanoScan 2700F / CanoScan 600DX / CanoScan 600 / CanoScan 300DX / CanoScan 300 / CanoScan FB1200S / CanoScan FB620S / CanoScan FS4000US / CanoScan FS2710 / IX-3010 / IX-4015 / IX-4025

 

[TOP▲]
このページのトップへ