入力ビット数が増えることによるメリットはなんですか



入力ビット数が増えることによるメリットはなんですか
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000013587



詳細情報:
  1. スキャナ入力ビット(階調)について

【詳細1】スキャナ入力ビット(階調)について

入力ビット数(階調)を増やすことで、ドライバ上での画像調整を行なっても劣化の少ない画像を読み込むことが可能です。

ご参考:出力階調について
画像を取り扱うアプリケーションや出力するプリンタ等にデータを移す場合、それぞれのもつ階調数の一番低い仕様に合わせてデータは変換されます。
その際、最初の画像入力(スキャナ)のビット数が多い(階調が高い)と、もともと持つ情報量が多くなり、ビット数を下げてもきれいな画像が保てるというメリットがあります。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CanoScan 9950F/9950FV / CanoScan 9900F / CanoScan 8600F / CanoScan 8400F/8400FV / CanoScan 8200F / CanoScan 8000F / CanoScan 5400F / CanoScan 5200F / CanoScan 5000F / CanoScan 5000 / CanoScan 4400F / CanoScan 3000F / CanoScan 2700F / CanoScan 300S / CanoScan 600DX / CanoScan 600 / CanoScan 300DX / CanoScan 300 / CanoScan D2400U / CanoScan D2400UF / CanoScan D1250U2F / CanoScan D1250U2 / CanoScan D1230U / CanoScan D660U / CanoScan D646U / CanoScan FB1210U / CanoScan FB1200S / CanoScan FB636U / CanoScan FB630Ui / CanoScan FB630P / CanoScan FB620U / CanoScan FB620P / CanoScan FB620S / CanoScan FB610 / CanoScan FB330P / CanoScan FB320U / CanoScan FB320P / CanoScan FB310 / CanoScan FS4000US / CanoScan FS2710 / CanoScan N1240U / CanoScan N1220U / CanoScan N676U / CanoScan N656U / CanoScan N640P / CanoScan LiDE 600F / CanoScan LiDE 500F/500FV / CanoScan LiDE 80 / CanoScan LiDE 70 / CanoScan LiDE 60 / CanoScan LiDE 50 / CanoScan LiDE 40 / CanoScan LiDE 30 / CanoScan LiDE 20 / IX-3010 / IX-4015 / IX-4025

 

[TOP▲]
このページのトップへ