Mac:文字認識(OCR)を行う方法[e.Typistエントリー]



Mac:文字認識(OCR)を行う方法[e.Typistエントリー]
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000013970



ここでは、Macintosh環境でe.TypistのUIを使用して、画像のスキャンを行ってから、文字認識するまでの基本的な流れを説明しています。

なお、こちらは事例となりますので、詳細な使用方法は同梱CD-ROMの電子マニュアルを見るか、アプリケーションメーカーへお問い合わせください。



詳細情報:
  1. e.Typistエントリーの基本操作-Mac-

【詳細1】e.Typistエントリーの基本操作-Mac-

e.Typistエントリーの基本的な操作方法は以下のとおりです。
この事例で使用したスキャナはD2400U/UFです。

e.Typistエントリーを起動します。

[その他]メニュー-[環境設定]を開きます。

[CanoScan D1230/D2400U MDC(ご使用のスキャナ)]が選択されている事を確認し、[設定]ボタンをクリックします。

[操作パレット]の[スキャン]ボタンをクリックします。

[スキャンパネル]で各設定や[プレスキャン]を行って範囲指定をした後、[スキャン]ボタンをクリックします。

取り込まれた画像が表示されます。

[操作パレット]の[レイアウト]ボタンをクリックします。

文字認識される個所が選択されます。

[操作パレット]の[認識]ボタンをクリックします。

認識された文字が表示されます。

カーソルを動かし、文字認識の間違えを修正し、保存します。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CanoScan 9900F / CanoScan 8000F / CanoScan 5000F / CanoScan 5000 / CanoScan 600DX / CanoScan 600 / CanoScan 300DX / CanoScan 300 / CanoScan D2400U / CanoScan D2400UF / CanoScan D1230U / CanoScan D660U / CanoScan D646U / CanoScan FB1210U / CanoScan FB1200S / CanoScan FB636U / CanoScan FB630Ui / CanoScan FB620S / CanoScan N1240U / CanoScan N1220U / CanoScan N676U / CanoScan N656U / CanoScan LiDE 50 / CanoScan LiDE 30 / CanoScan LiDE 20 / IX-3010 / IX-4015 / IX-4025

 

[TOP▲]
このページのトップへ