e.Typistの認識率はどれくらいか



e.Typistの認識率はどれくらいか
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000014004



詳細情報:
  1. 認識結果

【詳細1】認識結果

認識率は、原稿の状態によって差異があるため、一概に特定することはできません。

◇誤認識しやすい(差異のでやすい)原稿の状態

  • 文字がつぶれている原稿
  • イタリックや飾り文字が使われている原稿
  • 段落が入り組んでいる原稿
  • 白色以外の用紙を使っている原稿

参考として弊社で行ないました検証結果をご案内いたします。

■原稿
サンプル原稿

 

■使用スキャナ
CanoScan LiDE 80

■読取条件

・読み取り言語 :日本語
・段組認識 :自動
・解像度 :300dpi

※その他取り込みから、認識率まで特別な設定なし

■認識結果
658/663文字 99.2%

■読取結果(原文)

認識サンプル[A]
メディアドライブ株式会杜
新世紀を目の前に控え、世界は今大
きく揺れ動いています。地球規模の新
時代を模索し、政治・経済・文化・思
想・科学をはじめとする、あらゆる分
野・領域において、既成のパラダイム
の組み替えが行われています。こうし
たイノベーションの波は、私たちの関
わるテクノロジーの分野を呑み込み、
従来の技術領域にとらわれない、いわ
ば「マルチテクノロジー新時代」の幕
開けを告げました。
情報システムは分散化、パーソナル化
へ、情報処理は知識・経験を取り込ん
だA1(人工知能)化へ、そして情報自
体は、文字・図形・音響・映像を融合し
たマノレチメディア化へと、私たちを取り
巻く環境は大きな変貌を遂げようとし
ています。また、その一一方で、これまで
あまりにも機能を優先、その先進性の
向上を競いあい、ともすればなおざり
にされてきたテクノロジーと人との関わ
りについても、もう一度、真剣に考え直
され始めてきました。すべてのテクノロ
ジーに人が介在するのだと、いまさら
ながらに気づきはじめたのです。メデ
イアドライブは、このような時代の潮流
のなかで、高度情報化杜会の技術トレ
ンドを先取りする情報システムのシンク
タンクとして、また自由な環境と発想で
さまざまな技術分野に挑戦するベンチ
ヤー型企業として、今までにない、ある
いは一歩進んだ情報関連機器の開発
と、そのために必要な基盤技術の研
究を推進し続けています。しかも、そ
のねらいとするところは、誰もが手軽に
使いこなせる、新しいヒューマンインタ
一フェイスを装備した「限りなく人間の
感性に近い」システムの開発なのです。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CanoScan 9950F/9950FV / CanoScan 9900F / CanoScan 8400F/8400FV / CanoScan 8200F / CanoScan 8000F / CanoScan 5000F / CanoScan 5000 / CanoScan 3000F / CanoScan D2400U / CanoScan D2400UF / CanoScan D1250U2F / CanoScan D1250U2 / CanoScan D1230U / CanoScan D660U / CanoScan D646U / CanoScan N1240U / CanoScan N1220U / CanoScan N676U / CanoScan N656U / CanoScan LiDE 80 / CanoScan LiDE 50 / CanoScan LiDE 40 / CanoScan LiDE 20

 

[TOP▲]
このページのトップへ