スキャナキャリッジ部のランプが消えない



スキャナキャリッジ部のランプが消えない
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000014127



詳細情報:
  1. CCDスキャナの仕様
  2. 省電力モードを設定する

【詳細1】CCDスキャナの仕様

CCD(蛍光ランプ)の光量は温度に依存し、光量がほぼ安定するまでは常温で数十秒、低温では数分間の時間がかかります。

連続スキャン等に備える為、一定の時間はランプがついたままにしておく仕様となっています。


戻る

【詳細2】省電力モードを設定する

ランプが消灯する時間を任意に指定したい場合には、ドライバ上で設定します。
設定方法は機種によって多少の違いがあります。

1.【拡張モード】の【(スキャナ機種名称)】タブで設定する機種

省電力モードをオンにします。また、ランプ消灯までの時間を設定します。

2.【拡張モード】の【設定】タブ−【詳細設定】ボタンで設定する機種

【詳細設定】ボタンをクリックします。

詳細設定ウィンドウが表示されます。ここからも機種によって多少の違いがあります。

2−1.【設定1】タブの省電力モードをオンにします。また、ランプ消灯までの時間を設定します。

2−2.【スキャナ】タブの省電力モードをオンにします。また、ランプ消灯までの時間を設定します。

3.CanoScanD660U

タスクバーに表示されているCanoScan D660U Utilityをクリックします。

設定のウィンドウが表示されるので、スキャナランプの消灯をオンにします。また、ランプ消灯までの時間を設定します。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CanoScan 9950F/9950FV / CanoScan 9900F / CanoScan 8400F/8400FV / CanoScan 8200F / CanoScan 8000F / CanoScan 5200F / CanoScan 5000F / CanoScan 5000 / CanoScan 3000F / CanoScan 600DX / CanoScan 600 / CanoScan 300DX / CanoScan 300 / CanoScan D2400U / CanoScan D2400UF / CanoScan D1250U2F / CanoScan D1250U2 / CanoScan D1230U / CanoScan D660U / CanoScan D646U / CanoScan FB1210U / CanoScan FB1200S

 

[TOP▲]
このページのトップへ