スキャナが動作・認識しない(SCSI接続スキャナ)



スキャナが動作・認識しない(SCSI接続スキャナ)
更新日 : 2014年3月28日
文書番号 : Q000014135



詳細情報:
  1. 電源の入れ直し
  2. SCSI IDとターミネータの確認
  3. SCSI機器の順番の入れ替え
  4. スキャナドライバを最新バージョンにする
  5. SCSIボードドライバの再インストール
  6. SCSIボードの差し直し・SCSIケーブルの変更
  7. ASPIマネージャの再インストール(WindowsNT4.0Workstation/Windows2000Professional)

【詳細1】電源の入れ直し

パソコンとスキャナの電源を落とし、パソコンとスキャナを接続し直した後、
再度電源をスキャナ→パソコンの順に入れ直して下さい。

戻る

【詳細2】SCSI IDとターミネータの確認

SCSI IDは0〜7が設定出来ますが、通常「7」はSCSIホストアダプタに割り当て
られていますので、使用しないで下さい。
また、起動用のSCSI接続のハードディスクが内蔵されている場合、通常「0」に
割り当てられていますので、同じく使用しないで下さい。

尚、他のSCSI機器がパソコンに接続あるいは内蔵されている場合は、IDが重
ならないようにご注意ください。

また、デイジーチェーンの終端に接続するSCSI機器にはターミネータを接続し
ます。ターミネータ機能を内蔵するSCSI機器の場合は、ターミネータ機能を有
効にしてください。

戻る

【詳細3】SCSI機器の順番の入れ替え

デイジーチェーン接続(複数のSCSI機器をパソコンに接続している)の場合、
スキャナ以外のSCSI機器を一旦取り外し、スキャナのみを接続して動作を
ご確認ください。
動作が確認できたら、機器の順番を入れ替えて接続をお試しください。
基本的に動作保証する形態は、デイジーチェーンでは2台まで、DRスキャナ
はなるべく終端に接続するようにして下さい。

戻る

【詳細4】スキャナドライバを最新バージョンにする

スキャナドライバのバージョンが古い場合には、削除し、最新バージョンをインストールしてください。

ドライバの入手方法に関しては、関連情報をご参照ください。

戻る

【詳細5】SCSIボードドライバの再インストール

SCSIボードドライバを最新バージョンに更新して下さい。
尚、 SCSIボードの最新ドライバは、各SCSIボードメーカーのホームページや
相談窓口で確認して下さい。

戻る

【詳細6】SCSIボードの差し直し・SCSIケーブルの変更

弊社推奨のAdaptec社製SCSIボードをお使いですか? 
推奨外の場合、動作しない可能性があります。

また、SCSIボードを差し直したりスロットを変える事により、改善される事がありま
すので、SCSIボードやPCのマニュアルを参照し、SCSIボードを正しく取り付けて下
さい。
また、SCSIケーブルの内部断線やピン折れ、差し込み不充分など物理的な問題も
ございますので、ケーブルを差しなおす、代えるなどもご確認下さい。

戻る

【詳細7】ASPIマネージャの再インストール(WindowsNT4.0Workstation/Windows2000Professional)

WindowsNT4.0WorkstationまたはWindows2000Professionalの場合、ASPIマネージャが正しくインストールされていない可能性があります。
SCSIボードの取扱説明書に従ってASPIマネージャをインストールし、ASPIマネージャをスタートさせてください。
尚、ASPIマネージャはSCSIボードメーカーより提供されています。弊社からの提供はおこなっていません。
入手方法等につきましては、SCSIボードメーカーへお問い合わせください。

注:CanoScan FS4000USは、WindowsNT4.0Workstationに対応していません。

戻る
関連情報: 戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CanoScan 2700F / CanoScan 600DX / CanoScan 600 / CanoScan 300DX / CanoScan 300 / CanoScan FB1200S / CanoScan FB620S / CanoScan FS4000US / CanoScan FS2710 / IX-3010 / IX-4015 / IX-4025

 

[TOP▲]
このページのトップへ