解像度はどの程度に設定するのがよいのか(解像度の目安は)



解像度はどの程度に設定するのがよいのか(解像度の目安は)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000014214



詳細情報:
  1. 解像度を設定する際の目安(スキャナ)

【詳細1】解像度を設定する際の目安(スキャナ)

解像度を設定する際の基本的な考え方は以下のとおりです。

解像度は高く設定すれば画像は緻密で綺麗になりますが、処理されるデータ量が増加します。
ですので、綺麗に取り込む場合は高めに設定し、データ量を少なくしたければ低めに設定することになります。

ただし、使用する目的によってある程度の適正な設定値が存在します。
例えば、解像度が300dpiのプリンタで印刷するのが目的であれば、スキャンする際の設定値をそれ以上に設定してもあまり意味がありません。
つまり最終的に使用する出力先の解像度が、設定の目安となります。

一般的に使用される解像度の目安は以下のようになります。

出力用途 解像度の目安
プリンタで印刷 カラー プリンタ解像度の1/2     白黒   プリンタ解像度
FAX送信 200dpi
OCR 300400dpi
ホームページ作成 75100dpi
メールに添付 75100dpi
戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CanoScan 9950F/9950FV / CanoScan 9900F / CanoScan 9000F / CanoScan 8800F / CanoScan 8600F / CanoScan 8400F/8400FV / CanoScan 8200F / CanoScan 8000F / CanoScan 5600F / CanoScan 5400F / CanoScan 5200F / CanoScan 5000F / CanoScan 5000 / CanoScan 4400F / CanoScan 3000F / CanoScan 2700F / CanoScan 300S / CanoScan 600DX / CanoScan 600 / CanoScan 300DX / CanoScan 300 / CanoScan D2400U / CanoScan D2400UF / CanoScan D1250U2F / CanoScan D1250U2 / CanoScan D1230U / CanoScan D660U / CanoScan D646U / CanoScan FB1210U / CanoScan FB1200S / CanoScan FB636U / CanoScan FB630Ui / CanoScan FB630P / CanoScan FB620U / CanoScan FB620P / CanoScan FB620S / CanoScan FB610 / CanoScan FB330P / CanoScan FB320U / CanoScan FB320P / CanoScan FB310 / CanoScan FS4000US / CanoScan FS2710 / CanoScan N1240U / CanoScan N1220U / CanoScan N676U / CanoScan N656U / CanoScan N640P / CanoScan LiDE 700F / CanoScan LiDE 600F / CanoScan LiDE 500F/500FV / CanoScan LiDE 210 / CanoScan LiDE 200 / CanoScan LiDE 90 / CanoScan LiDE 80 / CanoScan LiDE 70 / CanoScan LiDE 60 / CanoScan LiDE 50 / CanoScan LiDE 40 / CanoScan LiDE 30 / CanoScan LiDE 20 / IX-3010 / IX-4015 / IX-4025

 

[TOP▲]
このページのトップへ