Mac:OSXネイティブ用ToolboxにPhotoShopElements2.0をリンクする方法



Mac:OSXネイティブ用ToolboxにPhotoShopElements2.0をリンクする方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000014510



詳細情報:
  1. MacOSXネイティブ用ToolboxへのPhotoShopElements2.0リンク設定方法(選択ボタンからの指定)

【詳細1】MacOSXネイティブ用ToolboxへのPhotoShopElements2.0リンク設定方法(選択ボタンからの指定)

※ここではネイティブ用Toolbox4.1の「スキャン-1」にPhotoShopElements2.0を設定する場合を例に挙げていますが、Toolbox4.5/4.6/4.7/4.8/4.9でも全体の設定の流れは同様です。

1.Toolbox Xを起動し(通常は MacintoshHD:アプリケーション:CanoScan Toolbox 4.1:CanoScan Toolbox X)、「スキャン-1」をクリックします。

2.「スキャン画像の渡し先」欄の「選択」ボタンをクリックします。

3.「開く」という画面になります。

・Toolbox4.1の場合は、[MacintoshHD]-[アプリケーション]-[AdobePhotoShopElements2]-[AdobePhotoShopElements2.0]-[Contents]-[MacOS]-[AdobePhotoShopElements2.0]の順に指定して「開く」ボタンをクリックします。

・Toolbox4.5/4.6/4.7/4.8/4.9の場合は、[MacintoshHD]-[アプリケーション]-[AdobePhotoShopElements2]-[AdobePhotoShopElements2.0]の順に指定して「開く」ボタンをクリックします。

←似た名称があるので注意

 

4.設定が終わると以下のように表示されます。そのまま画面を閉じる場合は「適用」ボタンをクリックして設定を確定しておきます。

※Toolbox4.5/4.6/4.7/4.8/4.9の場合は渡し先が[PhotoshopElements2.0]となります。

Toolboxのツールバー表示に戻ったときの表示は以下の通りです。(Toolbox4.1の場合は特にPhotoShopのマークになるわけではありません。4.5/4.6/4.7/4.8/4.9の場合はPhotoshopElements2.0のひまわりマークになります。)

 ・ToolboxX4.1の例

 ・Toolbox4.9の例

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CanoScan 9950F/9950FV / CanoScan 9900F / CanoScan 8400F/8400FV / CanoScan 8200F / CanoScan 8000F / CanoScan 5200F / CanoScan 5000F / CanoScan 5000 / CanoScan N1240U / CanoScan N676U / CanoScan LiDE 500F/500FV / CanoScan LiDE 80 / CanoScan LiDE 50 / CanoScan LiDE 40 / CanoScan LiDE 30 / CanoScan LiDE 20

 

[TOP▲]
このページのトップへ