Mac:スキャンから保存までの基本的な使い方[CanoScanToolbox4.1/4.5/4.6/4.7/4.8/4.9]



Mac:スキャンから保存までの基本的な使い方[CanoScanToolbox4.1/4.5/4.6/4.7/4.8/4.9]
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000014532



スキャナユーティリティソフトCanoScanToolboxを使用すると、保存ボタンから簡単にスキャン画像を保存できます。
作業方法は詳細内容の通りです。

※OSXネイティブ環境を例としています。クラシックやOS9の場合、画面の色などの違いはありますが作業の方法は共通です。



詳細情報:
  1. スキャンから保存までの基本的な使い方[CanoScanToolbox4.1以降]

【詳細1】スキャンから保存までの基本的な使い方[CanoScanToolbox4.1以降]

※ここではCanoScanToolbox4.1を例にしていますが、それ以降のバージョンでも基本的には同じ手順です。

1.CanoScanToolboxを起動し(通常はMacintoshHD:アプリケーション内にCanoScanToolboxのフォルダがあり、その中に起動ファイルがあります)、「保存」ボタンをクリックします。

2.保存の設定画面になるので用途や好みで設定を合わせ、「スキャン」ボタンをクリックします。
(ドライバ画面でプレビューを確認してから進めたい場合は「スキャナドライバで詳細な設定を行う」にチェックを付けた状態で「スキャン」ボタンをクリックすると可能です。)

  ↓(ドライバ画面を起動してスキャンした場合はドライバ画面に「スキャン中…」表示が重なります)

  

3.スキャン動作が終わると、やがて保存されたフォルダが開きます。
保存されたフォルダは、設定画面の後ろに隠れている場合がありますので注意しましょう。

※初期設定のままであった場合の保存場所

CanoScanToolbox4.1

 MacintoshHD:アプリケーション:CanoScanToolbox4.1:MyPictures:(保存した日付のフォルダ)

CanoScanToolbox4.5/4.6/4.7/4.8/4.9【OSX】

 MacintoshHD:ユーザ:(使用しているアカウント名):ピクチャ:MyPictures:(保存した日付のフォルダ)

CanoScanToolbox4.5【OS9】

 MacintoshHD:Applications(MacOS9):CanoScanToolbox4.5:MyPictures:(保存した日付のフォルダ)

CanoScanToolbox4.6【OS9】

 MacintoshHD:Applications(MacOS9):CanoScanToolbox4.6:MyPictures:(保存した日付のフォルダ)

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CanoScan 9950F/9950FV / CanoScan 9900F / CanoScan 8400F/8400FV / CanoScan 8200F / CanoScan 8000F / CanoScan 5200F / CanoScan 5000F / CanoScan 5000 / CanoScan N1240U / CanoScan N676U / CanoScan LiDE 80 / CanoScan LiDE 50 / CanoScan LiDE 40 / CanoScan LiDE 30 / CanoScan LiDE 20

 

[TOP▲]
このページのトップへ