Mac:スキャン(読み込み)から保存までの基本的な使い方[PhotoStudio4.0]



Mac:スキャン(読み込み)から保存までの基本的な使い方[PhotoStudio4.0]
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000014636



ここでは、Macintosh環境で画像を弊社プラグインドライバにてスキャンをしてから保存するまでの流れを説明しています。
 
なお、こちらは事例となりますので、詳細な使用方法は同梱CD-ROMの電子マニュアルを見るか、アプリケーションメーカーへお問合せください。

 



詳細情報:
  1. スキャンから保存まで[PhotoStudio4.0]-Mac-

【詳細1】スキャンから保存まで[PhotoStudio4.0]-Mac-
この事例で使用したアプリケーションはPhotoStudio4.0、スキャナはLiDE50です。
   
■操作方法
   
1. PhotoStudio4.0を起動します。
   
2. [ファイル]→[ソースの選択]を選択します。
   
 
   
3. プラグインドライバの名称を選択し、[OK]を選択します。
(ここではプラグインドライバ[ScanGear CS 7.1]を使用しています。)
   
 
   
4. [ファイル]→[インポート]を選択します。
   
 
   
5. プラグインドライバが起動します。
プレビュー、スキャンを行います。
   
 
   
  ※操作方法についての詳細は同梱マニュアルおよび電子マニュアルを参照してください。
   
6. PhotoStudio4.0で画像を保存します。
[ファイル]→[名前をつけて保存]を選択します。
   
 
   
7. 保存する場所、ファイル名、フォーマットを選択し、[保存]を選択します。
   
 
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CanoScan 9900F / CanoScan 8000F / CanoScan 5000F / CanoScan 5000 / CanoScan LiDE 50 / CanoScan LiDE 30 / CanoScan LiDE 20

 

[TOP▲]
このページのトップへ