明るさとコントラストの調整のしかた



明るさとコントラストの調整のしかた
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000038524



詳細情報:
  1. 明るさとコントラストの調整のしかた

【詳細1】明るさとコントラストの調整のしかた
明るさとコントラストの調整のしかた

明るさとコントラストは、画像全体、または画像の各要素のRGBの明るさや、画像の明暗差(コントラスト)を調整します。スキャンする前の元の画像が、暗すぎたり、明るすぎたり、明暗差が少なくフラットな画質のときに有効です。

ScanGearの拡張モードで[明るさ・コントラスト]ボタンをクリックします。




明るさの調整

画像の明るさを調整します。
画像が全体的に暗かったり、明るすぎたりするときに調整すると効果的です([チャネル]には[マスタ]を指定)。ただし、明るさの値を大きくしすぎるとハイライト部分が飛んでしまい、明るさの値を小さくしすぎるとシャドウ部分がつぶれてしまうことがあります。
暗くした画像
未調整の画像
明るくした画像

コントラストの調整

コントラストを弱くした画像
未調整の画像
コントラストを強くした画像

コントラストとは、画像の明暗の差のことです。
コントラストの値を大きくすると、画像の明暗の差が大きくなり、暗い部分と明るい部分の違いがはっきりします。コントラストの値を小さくすると、画像の明暗の差が小さくなり、暗い部分と明るい部分の違いがぼんやりします。

写真画像のピントがぼけているようなときにコントラストの値を大きくすると、画像にメリハリが出て効果的です。ただし、コントラストの値を大きくしすぎると、シャドウ部分がつぶれてしまったり、ハイライトの部分が飛んでしまったりします。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CanoScan 9000F / CanoScan 8800F / CanoScan 8600F / CanoScan 5600F / CanoScan 4400F / CanoScan LiDE 700F / CanoScan LiDE 600F / CanoScan LiDE 210 / CanoScan LiDE 200 / CanoScan LiDE 90 / CanoScan LiDE 70

 

[TOP▲]
このページのトップへ