色調整パターンを使った色調整のしかた



色調整パターンを使った色調整のしかた
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000038584



詳細情報:
  1. 色調整パターンを使った色調整のしかた

【詳細1】色調整パターンを使った色調整のしかた
色調整パターンを使った色調整のしかた
ScanGearの基本モードで、色調整パターンを使用すると、色の変化をプレビューで確認しながら、自然な色あいに近づけることができます。

ScanGearの基本モードで[色調整のパターン表示...]をクリックします。


色調整
褪色や色かぶりによって損なってしまった画像の色を補正します。色かぶりとは、天候や周囲の強い色などで、ある特定の色が写真全体に影響を与えてしまう現象です。
[色調整]の各色の矢印をクリックして、それぞれの色味を強くすることができます。
シアン ? レッド、マゼンタ ? グリーン、イエロー ? ブルー、これらは互いに補色(混ぜ合わせると無彩色になる色)であり、色かぶりした色を弱め、反対に補色を強めることで本来の自然な色調に近づけることができます。
画像の中で本来白である部分を見つけ、その部分が白になるように色を調整すると、上手に補正できます。
中心にはプレビューが表示されます。プレビューで色の変化を確認しながら調整できます。


青みがかってしまった画像の補正例を次に示します。
[ブルー]や[グリーン]が強いので、[イエロー]と[マゼンタ]の矢印をクリックし色味を強くすると上手に補正できます。

調整前
調整後


参考
* プレビューで、読取枠(クロップ枠)で選んだ範囲のみ、色調整が適用されます。
* [色調整パターン]では、画面左のパターンから好みの色調を選ぶこともできます。
* わざと色味を変えて、画像に雰囲気を加えることもできます。マゼンダよりに調整するとやさしくあたたかい雰囲気を、ブルーよりに調整すると、涼しげでクールな雰囲気を演出することができます。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CanoScan 8800F / CanoScan LiDE 90

 

[TOP▲]
このページのトップへ