原稿セットの注意点(CanoScan 8800F)



原稿セットの注意点(CanoScan 8800F)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000038596



詳細情報:
  1. 原稿セットの注意点

【詳細1】原稿セットの注意点
原稿セットの注意点

原稿台ガラス面にほこりや汚れが付着していないか確認してください。

* 原稿台ガラス面の汚れをきれいに取り除いてください。
乾いたやわらかい布で拭くか、ブロアブラシでほこりを吹き飛ばしてください。


原稿台カバーをきちんと閉じてスキャンしてください。

* 原稿台カバーに外部から入る光が入ると、画像が白く欠けたり、筋状や色のついた模様が出ます。
原稿が原稿台より大きく、原稿台カバーを開じることができない場合、原稿台の上から原稿を黒い布などでおおい外部から入る光を遮断してください。
* 紙原稿をスキャンする場合、原稿台カバーにフィルム読み取り光源部の保護シートを取り付けてください。


フィルムスキャンで、リング状の縞模様(ニュートンリング)が発生する場合の対策。

* フィルムがカールしていて、フィルムが原稿台ガラスに密着すると、スキャンした画像にリング状の縞模様(ニュートンリング)が現れることがあります。フィルムのおもて面を上にしてセットして[プレビュー]ボタンをクリックし、ScanGearツールバーの[鏡像]ボタンでプレビュー画像の左右を反転させ、[スキャン]ボタンをクリックしてください。


縁がカールしているブローニーフィルムをスキャンする場合は、付属のフィルム押さえシートを使って、フイルムを平らにする必要があります。

1. フィルムのおもて面(像が正しく見える面)を下向きにし(1)、フィルムガイド(4)に正しくセットします。フィルムの長辺部の縁が上に反っている状態です。
2. フィルム押さえシートの光沢面(イラストが印刷されていない面)を上に向け(2)、フィルムの端の下から差し入れます(3)。このとき、フィルム押さえシートがスキャンするコマをふさがないようにご注意ください。


重要:
* フィルム押さえシートは、かならず光沢面(イラストが印刷されていない面)をフィルムに接するようにセットしてください。逆にセットすると、フィルムを傷つけることがあります。
* フィルム押さえシートでフィルムをこすらないでください。フィルムを傷つけるおそれがあります。

3. フィルムホルダーを閉じ、フィルムガイドにきちんとセットします。フィルムホルダーで押さえることにより、フィルム全体が押さえられ、フィルムが平らにセットされます。


上記の方法でスキャンしてもまだ、ニュートンリングが現れるときは、フィルムの反りが大きい場合です。
フィルムを裏返し、次の方法をお試しください。

1. フィルムの裏表を返して、おもて面(像が正しく見える面)を上向きにし(1)、フィルムガイドにセットします。フィルムの中央部が浮いている状態です。
2. フィルム押さえシートのざらついた面(イラスト面)を上に向け(2)、フィルムの端の上から重ねて置きます。(フィルムに接するのはかならず光沢面)(3)


3. フィルムホルダーを閉じ、フィルムガイドにきちんとセットします。
4. プレビューのあと、ScanGear のツールバーの[鏡像]ボタンで左右を反転してからスキャンします。

重要:
* フィルム押さえシートでスキャンするコマをふさがないように注意してください。
* フィルム押さえシートはなくさないように大切に保管しておいてください。


戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CanoScan 8800F

 

[TOP▲]
このページのトップへ