ScanGearでフィルムをスキャンする方法



ScanGearでフィルムをスキャンする方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000038602



詳細情報:
  1. ScanGearでフィルムをスキャンする方法

【詳細1】ScanGearでフィルムをスキャンする方法
ScanGearでフィルムをスキャンする方法

ScanGearは、原稿やフィルムをスキャンするために必要なソフトウェア(スキャナドライバ)です。画像入力機器を接続するための標準規格「TWAIN(トウェイン)」に対応した、アプリケーションソフトから起動します。
ここでは、PhotoStudioを使ってスキャンする方法を例に説明します。

1. 原稿台カバーの保護シートを取り外します。

2. フィルムをセットします。

3. 原稿台カバーを閉じます。

4. PhotoStudioを起動します。
Windows: [スタート]メニューの[(すべての)プログラム]から[ArcSoft PhotoStudio 5.5]->[PhotoStudio 5.5]を選びます。
Macintosh: Macintosh HDの[アプリケーション]フォルダ内の[PhotoStudio]フォルダを開き、[PhotoStudio]アイコンをダブルクリックします。

5. [ファイル] メニューから[取り込み]を選びます。
ScanGearの画面が表示されます。

[基本モード]
[拡張モード]
* 基本モードでは、画面に表示される手順にしたがって操作するだけで、簡単にスキャンできます。
拡張モードでは、カラーモードや出力解像度、画像の明るさや色合いなどを、詳しく設定してスキャンできます。

6. セットしたフィルムに合わせて原稿の種類を設定します。
[基本モード]の場合 [原稿を選択する] を[ネガフィルム(カラー)]、[ポジフィルム(カラー)] の中から選びます。
[拡張モード]の場合 [原稿の種類]を[カラー ネガフィルム]、[カラー ポジフィルム]、[モノクロ ポジフィルム]、[モノクロ ネガフィルム] の中から選びます。


7. [プレビュー] ボタンをクリックします。
プレビューエリアにサムネイル画像が表示されます。スキャンしたいコマにチェックマークを付けます。


8. 出力解像度を設定します。
[基本モード]の場合 [用途を選択する]を[印刷(300dpi)] 、[画面表示(150dpi)] の中から選びます。
[拡張モード]の場合 [出力解像度]を[50dpi]、[75dpi]、[100dpi]、[150dpi]、[200dpi]、[300dpi]、[400dpi]、[600dpi]、[800dpi]、[1200dpi]、[1600dpi]、[2400dpi]、[3200dpi]、[4800dpi]、[6400dpi]、[9600dpi]から選びます。また、25〜19200dpiの範囲の数値(1dpi刻み)を直接入力して設定することもできます。


9. [出力サイズ] を設定します。
幅や高さを自由に指定できる[フリーサイズ]と、印刷するための選択項目、画面に表示するための選択項目に分かれています。また、[追加/削除]を選ぶと、用途や幅、高さを自由に設定し、その設定を新しい選択項目として登録できます。

10. 必要に応じて、画像補正をします。

11. [スキャン] ボタンをクリックします。
スキャンが終了すると、「スキャンが終了しました」のメッセージ(動作選択画面)が表示されます。メッセージにしたがって、操作してください。
[画像を編集、保存する]を選んで[OK]ボタンをクリックすると、ScanGearが終了し、スキャンした画像をPhotoStudioで編集、保存できます。
[続けてスキャンする]を選んで[OK]ボタンをクリックすると、次の原稿を続けてスキャンできます。


戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CanoScan 8800F

 

[TOP▲]
このページのトップへ