Mac OS X v10.5環境で、OSのアップデートを実行後、スキャナドライバが起動できなくなる不具合の対応方法について



Mac OS X v10.5環境で、OSのアップデートを実行後、スキャナドライバが起動できなくなる不具合の対応方法について
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000046430




■現象
  Mac OS X v10.5.x環境にOSのアップデートを実行後、スキャナドライバを起動させると、「必要なファイルが
ないか壊れている、または設定が正しくありません…」エラーが発生し、スキャナドライバが起動できない。
OSアップデート前は、正常に動作が可能であった。 ドライバを再インストールしても、現象が解消しない。
 
 

■原因
  ScanGear起動の際に、必要なファイルの読み込みを実行します。
この時、ディスプレイプロファイルの読み込みができずに、該当のエラーが発生している可能性があります。
 

■対応方法
  Macのディスプレイプロファイルを再設定して下さい。


  ディスプレイプロファイル再設定方法
1. [システム環境設定]-[ディスプレイ]を選択します。
 
 

2. 「カラー」タブを開き、ディスプレイプロファイルを選択してください。
プロファイルが表示されていない場合、[このディスプレイのプロファイルのみを表示]
のチェックを外します。
 
 

3. OSに標準で付属しているディスプレイプロファイル「Adobe RGB (1998)」「一般 RGB プロファイル」
「sRGB IEC61966-2.1」のいずれかを選択します。
 
 
4. システム環境設定を閉じます。
 
5. ScanGearが正常に起動するか確認して下さい。

 
 メモ
   お使いのモニター専用のディスプレイプロファイルを使用している場合、再度プロファイルを
 入手して、所定のフォルダにファイルをインストールしてください。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CanoScan 9950F/9950FV / CanoScan 8400F/8400FV / CanoScan 8200F / CanoScan 5400F / CanoScan 5200F / CanoScan LiDE 500F/500FV / CanoScan LiDE 60 / CanoScan LiDE 40

 

[TOP▲]
このページのトップへ