「拡張モード」でフィルムをスキャンする (CanoScan 9000F MarkII)



「拡張モード」でフィルムをスキャンする (CanoScan 9000F MarkII)
更新日 : 2013年2月7日
文書番号 : Q000071318



対処方法

[拡張モード]シートでは、カラーモードや出力解像度、画像の明るさ、色あいなどを細かく設定してスキャンすることができます。

1. 本製品の原稿台にフィルムをセットし、ScanGear(スキャナードライバー)を起動します。
重要
  • アプリケーションソフトによっては、[カラー(48ビット)]、[グレースケール(16ビット)]でスキャンされた画像を受け取れなかったり、終了したりする場合があります。

2. [拡張モード]タブをクリックし、[原稿の種類]でフィルムを選択します。
参考
モードの切り替えをした場合、設定した内容は引き継がれません。

3. フィルムや目的に合わせて、[入力設定]を設定します。

4. [プレビュー]をクリックします。
プレビュー領域に試しでスキャンされた画像が表示されます。フィルムのサイズに合わせて、自動的にクロップ枠(スキャンする範囲)が指定されます。
スキャンしたいコマにチェックマークを付けます。

5. [出力設定]を設定します。
参考
データサイズが1.8 GBを超える場合は、IJ Scan Utilityの[スキャン設定(ScanGear)]ダイアログボックスで[大容量の画像のスキャンを有効にする]にチェックマーク付けてください。4.0 GBまでの画像をスキャンすることができます。

6. 必要に応じて、クロップ枠の調整や画像補正、色調整を行ってください。
参考
読み込んだ画像ごとに補正することができます。補正したいコマを選んでください。

7. [スキャン]をクリックします。
スキャンが開始されます。
参考
  • (情報)をクリックすると、表示されたダイアログボックスで原稿の種類などスキャンするときの詳細な設定を確認できます。
  • [詳細設定]ダイアログボックスにある[スキャン]シートの[スキャン終了後の ScanGear の画面]で、スキャン終了後の動作を設定することができます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CanoScan 9000F MarkII

 

[TOP▲]
このページのトップへ