名刺片面光沢(商品CD:0094T421)ご使用上の注意事項



名刺片面光沢(商品CD:0094T421)ご使用上の注意事項
更新日 : 2013年4月12日
文書番号 : Q000062836



■取扱上の注意

●最新のカードプリンタードライバーのダウンロードを行い、インストールしてからお使いください。

※お客さまがご使用中のプリンターとOSの組み合わせによっては、プリンタードライバーが名刺片面光沢に対応していない場合がございます。

詳細は下記一覧をご参照下さい。

<名刺片面光沢:OS別ドライバー対応状況>

製品名
Windows 7(32bit)
Windows Vista(32bit)
Windows XP(32bit)
Windows 2000
CX 670
CX 650
CX 350
CX 320
P-660CII
×
P-660C
×
P-640C
×

○:名刺片面光沢に対応  ×:非対応

●用紙は光沢のある面(表)が上向きに入っています。
●本用紙をご使用になる場合は、プリンタードライバーの用紙設定で用紙種類を「光沢紙」にしてください。
●用紙の四辺の端部をさばいてから(図1)、光沢のある面(表)が上になるように補給して下さい。
●用紙がカール(反っている)している場合は、矯正して平らにして下さい。(図2)





●用紙が正しく搬送されない場合は、同梱のクリーニングシートを使用して下さい。
  (下記「クリーニングシート取扱説明」参照 ※クリーニングシートは、CX-G4400ではご使用になれません。)
●本用紙は片面印刷専用です。非印刷面(光沢のない面)に印刷を行うと、画像不良や紙詰まりの原因となったり、プリンター本体に不具合が発生する場合がありますのでご注意ください。
●印刷する画像(特に高密度になるような画像)によっては、白スジやムラが目立ちやすくなる場合があります。
●本用紙をお使いになる前にローラーを交換された場合は、しばらく画像に白抜けが発生する場合があります。
 (特に高密度になるような画像)
●CX 350/CX 320では印刷する画像(特に高密度になるような画像)によっては、裏写りする場合がありますので、その際は給紙間隔を遅めに設定してください。
 (下記「CX 350/CX 320プリンタードライバーの設定方法」参照)
●本用紙をご使用の場合、濃度の高い画像を印刷すると、画像によっては用紙がカールするため、スタッカートレイへ正しく積載されず、紙づまりの原因となる場合がありますので、印刷された用紙はこまめに取り除いてください。
●紙粉による印字への影響を防ぐためにも、作業ごとに搬送部の清掃を行ってください。
 ・ CX-G4400:ユーザーズガイド/5-8「プリンターの清掃」を参照してください。
 ・ CX 320/350:ユーザーズガイド/5-6「プリンタの清掃」を参照してください。
 ・ CX 650/670:ユーザーズガイド/5-6「プリンタの清掃」を参照してください。
 ・ P-640C/P-660C/P-660CII:ユーザーズガイド/5-7「プリンタの清掃」を参照してください。


---------------------------------------------
▼CX 350/CX 320プリンタードライバーの設定方法
---------------------------------------------
CX 350/CX 320 では、特に高密度の画像の場合、印刷された後にインクが裏写りすることがあります。
この場合は以下の手順に従って、プリンタードライバーで「給紙間隔」の設定を行ってください。

CX 350/CX 320をご使用の場合
1.プリンタードライバーを右クリックして「印刷設定」を選択してください。
2.「 用紙設定」タブを開き、「給紙間隔」のスライドバーを一番左側へ移動させてください。
3.給紙間隔設定は<20sec>に変更されます。
4.これで設定は完了です。

☆Note
給紙間隔は、0sec(右端)から20sec(左端)まで設定できます。印刷状況にあわせて設定を行ってください。


-----------------------------
▼クリーニングシート取扱説明書
-----------------------------
「クリーニングシート」は、[片面光沢名刺サイズ(片面用)]をご使用になる場合に、プリンターの給紙ローラーをクリーニングするためのシートです。(2枚同梱)

取扱上の注意
●このクリーニングシートは、CX-G4400には使用しないでください。
●このクリーニングシートは、CX 350/CX 320/CX 670/CX 650/P-640C/P-660C/P-660CIIで用紙が正しく搬送されない場合の給紙ローラーの清掃用としてご使用ください。
●このクリーニングシートは、CX 350/CX 320/CX 670/CX 650/P-640C/P-660C/P-660CII以外のプリンターに使用すると故障の原因となりますので使用しないでください。
●CX 670/CX 650/P-640C/P-660C/P-660CIIのサイド規制板をクリーニングシートに強く突き当てないでください。
 クリーニングシートが給紙できない場合があります。
●クリーニングシートは、はく離紙を剥がしてから、はく離面(粘着面)を上にして給紙させてください。

クリーニングシートのセット方法および使用方法


1.箱からクリーニングシートを1枚取り出します。

2.はく離紙をはがします。粘着部をかならず上にしてください。逆向きに挿入すると故障の原因となりますのでご注意ください。
逆向きに挿入すると搬送部をいためてしまうのでご注意ください。

3.給紙トレイにクリーニングシートをセットしてください。
(CX 670/CX 650/P-640C/P-660C/P-660CIIはサイド規制板をシート端部にゆっくりと合わせてください)

4.プリンタードライバーを右クリックして[プリンターのプロパティ]を選択します。
(Windows XP/Windows Vistaの場合は、[プロパティ]シート)

5.[ユーティリティ]タブをクリックします。

6.ユーティリティーシートの「クリーニングシート搬送」をクリックします。

7.確認画面が表示されますので、「はい」をクリックしてください。
8.クリーニングシートが搬送されます。

9.クリーニングシートが排紙されたら終了です。

10.使用したクリーニングシートは、インクなどで汚れている場合がありますので、粘着面の端部を持って取り除いてください。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CX 670 / CX 650 / CX 350 / CX 320 / P-660CII / P-660C / P-640C

 

[TOP▲]
このページのトップへ