Q:EOS C300/ C300 PL ファームウエア変更履歴

更新日 : 2016年1月19日
文書番号 : Q000082746

A:

ファームウエア更新履歴

バージョン 更新日時 更新内容
1.1.4.1.00 2015年11月5日
  1. ファンの動作モード設定が追加となりました。
  2. リモートコントローラー「RC-V100」からCINE-SERVO Lensの制御が可能となりました。※1
  3. 周辺光量補正の対応レンズが追加となりました。※1
    EFレンズ
    「EF16-35mm F4L IS USM」、「EF-S10-18mm F4-5.6 IS STM」、「EF400mm F4L DO IS USM」、「EF11-24mm F4L USM」、「EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM」、「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」、「EF-S24mm F2.8 STM」
    CINE-SERVO Lens
    「CN7×17 KAS S/E1」
  4. 電源オフ時の自動レンズ※2収納設定が追加となりました※1
  • ※2EFレンズ「EF40mm F2.8 STM」、「EF-S24mm F2.8 STM」、「EF50?o F1.8 STM」使用時のみ対応(2015年11月現在)
1.1.3.1.00 2014年11月6日
  1. 128GBを超える大容量のCFカード使用時に、記録開始可能となるまでの時間を短縮しました。
  2. ユーザーインターフェースを改善することでホワイトバランス設定の操作性を向上しました。
1.1.2.1.00 2014年5月14日
  1. リモートコントローラーRC-V100 に対応しました。
  2. EFシネマレンズ「CN-E35mm T1.5 L F」とEFレンズ「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」の周辺光量補正が可能になりました。
  3. バージョン1.1.1.1.00 で EFシネマレンズ装着時にレンズのT値をF値表示する際の表示誤りを修正しました。
1.1.1.1.00 2013年11月28日
  1. バージョン1.1.0.1.00 にアップデートすると、カラーバランスが変化してしまう現象を修正いたしました。
1.1.0.1.00 2013年11月13日
  1. LCDでの拡大表示の位置移動が可能になりました。
  2. 1440×1080/ 35Mbps記録モードに対応しました。
  3. ISO80000の高感度設定に対応しました。
  4. 別売りアクセサリーのGPSレシーバーGP-E1の使用により撮影地の位置情報の記録に対応しました。
  5. キーロックにより録画START/ STOPボタンを含めたすべての操作を無効にする設定に対応しました。
  6. 別売りアクセサリーのWFT-E6を使ったWi-Fiリモート操作時に、カメラ制御とメタデータ入力を2台の端末から個別に実行可能になりました。
  7. アサインボタンへの割り当て可能な機能として、新たに「Lens Exchange」と「ND+」/「ND-」を追加しました。
  8. 800%のダイナミックレンジを実現するWide DRガンマを新たに採用しました。
  9. フリッカー補正低減を実現しました。
  10. Push Auto IRIS/ One Shot AFが操作可能になりました。※1
  11. AEシフト、測光方式選択を実現しました。※1
  12. 2本のEF STMレンズ装着時に画面中央の被写体にピントや絞りを合わせ続けられる機能を追加しました。※1
  13. 2つの電子ダイヤルにISO感度と絞りの調整機能をそれぞれ個別に割り当てる事が可能になりました。※1
  14. 7機種のEFシネマレンズと、新たに15機種のEFレンズの周辺光量補正が可能となりました。※1
1.0.9.1.00 2013年8月5日
  1. WFT-E6とWi-Fi端末機器のアドホック接続で、iOS6/ Safariによるリモート制御が可能になりました。
  2. XLR端子極性を「2pin コールド、3pin ホット」から、「2pin ホット、3pin コールド」に修正しました。本体仕様が「2pin コールド、3pin ホット」になっており、使用説明書の記載と不整合になっていました。また国際標準のAES規格では2pinホットを推奨しており、使用説明書の整合性と国際標準に合わせるためにXLR端子極性を修正しました。XLR端子極性が異なる製品を組み合せて使用した場合、位相関係が逆になるため音声レベルが減衰する場合があります。
1.0.6.1.00 2012年6月21日
  1. 海外向けモデルの言語(EN/FR/CH:中国語)の誤記修正に伴い、ユーザーVersion名を変更しました。
1.0.5.1.00 2012年5月30日
  1. 24.00P、24.00PsF、23.98P、23.98PsFの同期信号を入力してGenlockできるようになりました。
    従来対応していた入力信号と合わせて以下の入力信号に対応します。
    1080/59.94i、1080/29.97PsF、1080/60.00i、1080/23.98PsF、
    1080/23.98P、1080/24.00PsF、1080/24.00P、
    720/59.94P、720/60.00P、720/23.98P、720/24.00P、
    480/59.94i、1080/50.00i、1080/25.00PsF、720/50.00P、480/50.00i
  2. カメラのメニュー言語に韓国語を追加しました。

この質問の対象商品

このページのトップへ