Windows FAX/プリンタドライバインストール&LPR/RAWポート設定方法(UFR、LIPS4/LX、PS3互換プリンタ拡張時)



Windows FAX/プリンタドライバインストール&LPR/RAWポート設定方法(UFR、LIPS4/LX、PS3互換プリンタ拡張時)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000022594



Setup版プリンタドライバをご使用の場合、TCP/IPネットワーク上に接続されているプリンタを検索し、検索されたリストからプリンタを選択するだけで自動的にポートの作成及びドライバのインストールをすることが可能です。

※Setup版プリンタドライバを使用してインストールを行った場合、プリンタドライバを使用するにはWindowsの再起動が必要になる場合がございます。
※inf版プリンタドライバを使用してインストールを行った場合、ネットワーク上のプリンタを検索しての設定は出来ません。各WindowsOSのinf版プリンタドライバのインストール方法、LPR/RAWポートの設定方法につきましては
関連情報をご確認ください。

 

●プリンタドライバインストール方法

ネットワーク上のプリンタを検出してインストールを行うにはプリンタとパソコンでTCP/IPによる通信が正しく行われている必要があります。インストールを行う前に下記の項目をご確認ください。

  • プリンタが正常に起動しているか
  • プリンタとパソコンのネットワークの物理的接続が正しく行われているか
  • プリンタ、パソコンのインターフェースやネットワークの設定が正しく行われているか

※プリンタのTCP/IP関連の現在の設定内容の確認、及びTCP/IP項目の設定の変更方法については関連情報をご確認下さい。
※Setup版では、ご使用されるプリンタドライバのバージョンによりインストール画面が若干異なります。ご使用のプリンタドライバに対応した項目をご確認ください。



詳細情報:
  1. LIPS4 v10.80、LIPS LX v1.50、PS3互換 v2.70、FAX v3.90以上のプリンタドライバをご使用時
  2. LIPS4 v10.70、LIPS LX v1.30、PS3互換 v2.60、FAX v3.70以下。もしくはUFRプリンタドライバをご使用時

【詳細1】LIPS4 v10.80、LIPS LX v1.50、PS3互換 v2.70、FAX v3.90以上のプリンタドライバをご使用時
  1. 該当するUserSoftware CD-ROMをセットしていただき、プリンタドライバのインストールを起動します。
    ※ダウンロードしたドライバをご使用時は、ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、解凍先を指定してファイルの解凍を行います。解凍先に作成されたフォルダを開き、「Setup.exe」をダブルクリックします。
    ※Windows2000/XP/Server 2003環境にて、LIPS V User Software使用時、AutoRunからインストールを実行した場合は、LIPS LXプリンタドライバがインストールされます。
  2. セットアップウィザードが起動します。Readmeファイルには「使用上の注意」等の情報が掲載されております。必要に応じ「Readmeファイルの表示」クリックし、内容をご確認後「次へ」をクリックします。
  3. 使用許諾契約書が表示されます。内容をご確認いただき同意いただける場合は「はい」をクリックします。
  4. プリンタのインストール方法の選択画面で「ネットワーク上のプリンタを検索してインストール」を選択し、「次へ」をクリックします。
    ※該当機種がスリープ状態の場合は、「スリープ状態のプリンタも復帰させて検索する。」にチェックを入れます。
    v10.80インストール方法選択
    ※WindowsNT4.0環境で、「LPR(TCP/IP)サービスがインストールされていません。・・・」のメッセージが表示される場合は、WindowsNT4.0 LPR/RAWポート設定方法をご確認いただき、Microsoft TCP/IP印刷サービスの追加後に再度インストールを行って下さい。
    LPRサービス無しのエラー

    ※すでに該当するドライバで他のプリンタがインストールされている場合やDIASサービスがインストールされていない場合は、「処理の選択」画面が表示されます。LIPS4プリンタドライバの実行する処理や「Canon Driver Informaion Assist Service」のインストール選択を行い、「次へ」をクリックします。
    処理の選択
    ※LIPS4、LIPS LXプリンタドライバをWindowsファイアウォールを有効にしているパソコンにインストール時、「Canon Driver Information Assist Service」をインストール及び更新時に、ブロック解除の選択画面が表示されます。
    Windowsファイアウォールの例外に自動登録し、ブロックを解除する場合は「はい」を、例外に登録のみを行う場合は「いいえ」を選択します。
    DIAS例外登録警告
  5. ネットワーク上のプリンタが検索され、プリンタの一覧が表示されます。プリンタ一覧から該当するプリンタを選択して「追加」をクリックし、インストールするプリンタ一覧に該当するプリンタが追加されたことを確認し、「次へ」をクリックします。
    ※プリンタが検出されない場合は、下記「プリンタが探索されない場合」の内容をご確認ください。
    ※プリンタ名を変更する場合や通常使うプリンタとして設定をする。プリンタ共有の設定を行う場合は「プリンタ情報を設定する」にチェックを入れます。(「プリンタ情報を設定する」にチェックを入れずに設定を行った場合は、imageRUNNERのデバイス名がプリンタ名として使用されます。)
    インストールするプリンタの選択
  6. ※こちらの画面は、「5」の手順で「プリンタ情報を設定する」にチェックを入れた場合のみ表示されます。
    追加するプリンタ毎に「プリンタ名」、「プリンタ共有」や「通常使うプリンタの設定」を行い「次へ」をクリックします。
    プリンタ情報の設定
  7. インストールするプリンタの一覧が表示されます。「開始」をクリックします。
  8. 「インストール開始後は中止することが出来ません。よろしいですか?」のメッセージが表示されます。「はい」をクリックしてインストールを開始します。
  9. インストール終了後、インストールの完了画面が表示されます。「ただちにコンピュータを再起動する。」にチェックが入っている場合は、現在起動中のアプリケーションを全て終了後に「再起動」をクリックしてコンピュータの再起動後に印刷をお試しください。
    ※「ただちにコンピュータを再起動する。」にチェックがない場合は、「終了」をクリックします。
    完了

以上でプリンタドライバのインストール及びポートの設定は終了です。

 

 

■プリンタが探索されない場合

※Windows 98/Meで手動でポートを設定時は、CanonLPR2(CanonLPR)等のLPRソフトが必要になります。CanonLPR2をインストールされていない場合は、インストール後に再度インストーラを起動して追加を行って下さい。

ネットワーク探索にてプリンタが追加されない場合は、手動でポートを設定してドライバを追加していただくことになります。
手動でのポート追加時は、プリンタに設定されているIPアドレスを事前に確認いただく必要がございます。
IPアドレスの確認方法の内容をご確認いただき、プリンタのIPアドレスを確認後、下記手順にて追加を行ってください。

  1. プリンタのインストール方法選択画面まで戻り、「ポートを手動で設定してインストール」を選択し、「次へ」をクリックします。

    ※すでに該当するドライバで他のプリンタがインストールされている場合やDIASサービスがインストールされていない場合は、「処理の選択」画面が表示されます。LIPS4プリンタドライバの実行する処理や「Canon Driver Informaion Assist Service」のインストール選択を行い、「次へ」をクリックします。
    処理の選択
    ※LIPS4、LIPS LXプリンタドライバをWindowsファイアウォールを有効にしているパソコンにインストール時、「Canon Driver Information Assist Service」をインストール及び更新時に、ブロック解除の選択画面が表示されます。
    Windowsファイアウォールの例外に自動登録し、ブロックを解除する場合は「はい」を、例外に登録のみを行う場合は「いいえ」を選択します。
    DIAS例外登録警告
  2. インストールするプリンタを選択します。該当プリンタを選択して「追加」を押し、インストールするプリンタ一覧項目にプリンタが追加されていることを確認頂き「次へ」をクリックします。

  3. プリンタ情報の設定画面が表示されます。「ポートの追加」を押します。

以降の作業はご使用されるOSにより異なります。該当するOSの内容をご確認ください。

Windows 98/Meをご使用時
Windows NT4.0をご使用時
Windows 2000/XP/Server 2003をご使用時

 

●Windows 98/Meをご使用時

  1. ポートの追加画面の追加するポートで「Canon LPR 2.0」を選択し、「OK」を押します。
    ※Canon LPRをご使用の場合は「Canon LPR」を選択してください。
  2. CanonLPR 2.xのポート追加画面が表示されます。CanonLPR 2.x ポート作成方法の内容をご確認いただきポートの追加を行ってください。
    ※Canon LPRでの追加方法につきましてはこちらの内容をご確認ください。
  3. プリンタ情報の設定画面に戻り、使用するポートが先程追加したポートに変更されていることを確認して「次へ」をクリックします。
    ※以降の作業はこちらをご確認ください。

 

●Windows NT4.0をご使用時

  1. ポートの追加画面の追加するポートで「LPR Port」を選択し、「OK」を押します。
  2. 「LPR互換プリンタの追加」画面が表示されます。「lpdを提供しているサーバの名前またはアドレス」項目にプリンタのIPアドレスもしくはホスト名を。「サーバのプリンタ名またはプリンタキュー名」に機種に該当するプリンタキュー名(プリンタ接続名)を入力し「OK」を押して下さい。
    ※プリンタのIPアドレスの確認方法は、IPアドレスの確認方法の内容をご確認ください。をご確認ください。
    ※使用可能なプリンタキュー名(プリント接続名)につきましては、LPR印刷時のプリント接続名(プリントキュー名)の内容をご確認ください。
    ※プリンタとパソコンとのTCP/IPによる通信が正しく行われていない場合や入力に誤りがあった場合、下図「LPRポート構成の警告」画面のエラーメッセージが表示されます。「OK」をクリックすると現在の設定内容でポートが作成されます。「キャンセル」をクリックすると「LPR互換プリンタの追加」画面に戻ります。
  3. プリンタ情報の設定画面に戻り、使用するポートが先程追加したポートに変更されていることを確認して「次へ」をクリックします。
    ※以降の作業はこちらをご確認ください。

 

●Windows 2000/XP/Server 2003をご使用時

  1. ポートの追加画面の追加するポートで「Standard TCP/IP Port」を選択し、「OK」を押します。

  2. 「標準TCP/IPプリンタポートの追加ウィザード」が起動します。最初の画面を「次へ」をクリックします。
  3. 「プリンタ名またはIPアドレス」にプリンタのIPアドレスを入力し、「次へ」をクリックします。
    ※プリンタのIPアドレスの確認方法は、IPアドレスの確認方法の内容をご確認ください。
    ※ポート名は「IP_入力したIPアドレス」で登録されます。必要に応じポート名の変更を行って下さい。
  4. 「標準TCP/IPプリンタポートの追加ウィザードの完了」画面が表示されますので「完了」をクリックします。
    ※完了の画面が表示されずに「ポート情報がさらに必要です」と書かれた画面が表示される場合は、「デバイスの種類」項目の「標準」を選択し「Canon Network Printing Device with P9100」を選択して「次へ」をクリックします。
  5. 「標準TCP/IPプリンタポートの追加ウィザードの完了」画面で設定内容が表示されます。「完了」をクリックします。
  6. プリンタ情報の設定画面に戻り、使用するポートが先程追加したポートに変更されていることを確認して「次へ」をクリックします。
    ※以降の作業はこちらをご確認ください。
戻る

【詳細2】LIPS4 v10.70、LIPS LX v1.30、PS3互換 v2.60、FAX v3.70以下。もしくはUFRプリンタドライバをご使用時

※画面はLIPS4 v10.70を使用しております。

  1. 該当するUserSoftware CD-ROMをセットしていただき、AutoRunで起動した画面から「プリンタドライバインストール」を選択します。
    ※ダウンロードしたドライバをご使用時は、ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、解凍先を指定してファイルの解凍を行います。解凍先に作成されたフォルダを開き、「Setup.exe」をダブルクリックします。
  2. セットアップウィザードが起動します。「次へ」をクリックします。
  3. 使用許諾契約書が表示されます。内容をご確認いただき同意いただける場合は「使用許諾契約条項に同意します」を選択して「次へ」をクリックします。
  4. プリンタのインストール方法の選択画面で「ネットワーク上のポートを検索してインストール」を選択し、「次へ」をクリックします。
    インストールの選択画面
    ※WindowsNT4.0環境で、「LPR(TCP/IP)サービスがインストールされていません。・・・」のメッセージが表示される場合は、WindowsNT4.0 LPR/RAWポート設定方法をご確認いただき、Microsoft TCP/IP印刷サービスの追加後に再度インストールを行って下さい。
    LPRサービス無しのエラー
    ※DIASサービスがインストールされていない場合は、「Canon Driver Informaion Assist Service」のインストール選択画面が表示されます。必要に応じ、「Canon Driver Informaion Assist Service」の項目にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
    ※Setup版DIASサービス添付なしをダウンロードされた場合は、この画面は表示されません。
    DIASインストール選択
    ※LIPS4 v10.60、UFR v1.40以降のプリンタドライバ及び、LIPS LXプリンタドライバをWindowsファイアウォールを有効にしているパソコンにインストール時、「Canon Driver Information Assist Service」をインストール及び更新時に、ブロック解除の選択画面が表示されます。
    Windowsファイアウォールの例外に自動登録し、ブロックを解除する場合は「はい」を、例外に登録のみを行う場合は「いいえ」を選択します。
    DIAS例外登録警告
    ※すでに該当するドライバで他のプリンタがインストールされている場合は、「処理の選択」画面が表示されます。「プリンタを追加し、ドライバを更新する」もしくは「プリンタを追加する」の確認画面が表示されます。該当項目を選択いただき、「次へ」をクリックします。
  5. インストールするプリンタの選択画面が表示されます。「追加と削除」をクリックするとネットワーク上のプリンタの検索を開始します。
  6. ネットワーク上で検索されたプリンタの一覧が表示されます。プリンタ一覧から該当するプリンタを選択して「インストールするプリンタ一覧に追加」をクリックし、インストールするプリンタ一覧に該当するプリンタが追加されたことを確認し、「OK」をクリックします。
    ※プリンタが検出されない場合は、下記「プリンタが探索されない場合」の内容をご確認ください。
    インストールするプリンタの追加と削除
  7. インストールするプリンタの選択画面に戻ります。プリンタ名を変更する場合や通常使うプリンタとして設定をする。プリンタ共有の設定を行う場合は「プリンタ情報を設定する」にチェックを入れ「次へ」をクリックします。
    ※「プリンタ情報を設定する」にチェックを入れずに設定を行った場合は、imageRUNNERのデバイス名がプリンタ名として使用されます。
    インストールするプリンタの選択
  8. ※こちらの画面は、「7」の手順で「プリンタ情報を設定する」にチェックを入れた場合のみ表示されます。
    追加するプリンタ毎に「プリンタ名」、「プリンタ共有」や「通常使うプリンタの設定」を行い「次へ」をクリックします。
    プリンタ情報の設定
  9. インストールするプリンタの一覧が表示されます。「開始」をクリックします。
  10. 「インストール開始後は中止することが出来ません。よろしいですか?」のメッセージが表示されます。「はい」をクリックしてインストールを開始します。
  11. インストール後、「Readmeファイルを読みますか?」のメッセージが表示されます。Readmeファイルには「使用上の注意」等の情報が掲載されております。必要に応じ「はい」「いいえ」を選択してください。
  12. インストール終了後、インストールの完了画面が表示されます。「ただちにコンピュータを再起動します。」が選択されている場合は、現在起動中のアプリケーションを全て終了後に「終了」をクリックしてコンピュータの再起動後に印刷をお試しください。
    LIPS4ドライバインストール完了

以上でプリンタドライバのインストール及びポートの設定は終了です。

 

 

■プリンタが探索されない場合

※Windows 98/Meで手動でポートを設定時は、CanonLPR2(CanonLPR)等のLPRソフトが必要になります。CanonLPR2をインストールされていない場合は、インストール後に再度インストーラを起動して追加を行って下さい。

ネットワーク探索にてプリンタが追加されない場合は、手動でポートを設定してドライバを追加していただくことになります。
手動でのポート追加時は、プリンタに設定されているIPアドレスを事前に確認いただく必要がございます。
IPアドレスの確認方法の内容をご確認いただき、プリンタのIPアドレスを確認後、下記手順にて追加を行ってください。

  1. プリンタのインストール方法選択画面まで戻り、「ポートを手動で設定してインストール」を選択し、「次へ」をクリックします。

  2. USB接続の選択画面で、「USB接続でドライバをインストールする」にチェックがないことを確認して「次へ」をクリックします。

    ※DIASサービスがインストールされていない場合は、「Canon Driver Informaion Assist Service」のインストール選択画面が表示されます。必要に応じ、「Canon Driver Informaion Assist Service」の項目にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
    (Setup版DIASサービス添付なしをダウンロードされた場合は、この画面は表示されません。)
    ※LIPS4 v10.60、UFR v1.40以降のプリンタドライバ及び、LIPS LXプリンタドライバをWindowsファイアウォールを有効にしているパソコンにインストール時、「Canon Driver Information Assist Service」をインストール及び更新時に、ブロック解除の選択画面が表示されます。
    Windowsファイアウォールの例外に自動登録し、ブロックを解除する場合は「はい」を、例外に登録のみを行う場合は「いいえ」を選択します。
    DIAS例外登録警告
    ※すでに該当するドライバで他のプリンタがインストールされている場合は、「処理の選択」画面が表示されます。「プリンタを追加し、ドライバを更新する」もしくは「プリンタを追加する」の確認画面が表示されます。該当項目を選択いただき、「次へ」をクリックします。
  3. インストールするプリンタの選択画面が表示されます。「追加と削除」をクリックします。

  4. プリンタの一覧が表示されます。プリンタ一覧から該当するプリンタを選択して「インストールするプリンタ一覧に追加」をクリックし、インストールするプリンタ一覧に該当するプリンタが追加されたことを確認し、「OK」をクリックします。

  5. インストールするプリンタの選択画面に戻ります。インストールするプリンタ一覧に追加した機種がひっょうじされているのをご確認いただき、「次へ」をクリックします。
  6. プリンタ情報の設定画面が表示されます。「ポートの追加」を選択し、「設定」を押します。

以降の作業はご使用されるOSにより異なります。該当するOSの内容をご確認ください。

Windows 98/Meをご使用時
Windows NT4.0をご使用時

Windows 2000/XP/Server 2003をご使用時

 

●Windows 98/Meをご使用時

  1. ポートの追加画面の追加するポートで「Canon LPR 2.0」を選択し、「OK」を押します。
    ※Canon LPRをご使用の場合は「Canon LPR」を選択してください。
  2. CanonLPR 2.xのポート追加画面が表示されます。CanonLPR 2.x ポート作成方法の内容をご確認いただきポートの追加を行ってください。
    ※Canon LPRでの追加方法につきましてはこちらの内容をご確認ください。
  3. プリンタ情報の設定画面に戻り、設定されたポートが先程追加したポートに変更されていることを確認して「次へ」をクリックします。
    ※以降の作業はこちらをご確認ください。

 

●Windows NT4.0をご使用時

  1. ポートの追加画面の追加するポートで「LPR Port」を選択し、「OK」を押します。
  2. 「LPR互換プリンタの追加」画面が表示されます。「lpdを提供しているサーバの名前またはアドレス」項目にプリンタのIPアドレスもしくはホスト名を。「サーバのプリンタ名またはプリンタキュー名」に機種に該当するプリンタキュー名(プリンタ接続名)を入力し「OK」を押して下さい。
    ※プリンタのIPアドレスの確認方法は、IPアドレスの確認方法の内容をご確認ください。をご確認ください。
    ※使用可能なプリンタキュー名(プリント接続名)につきましては、LPR印刷時のプリント接続名(プリントキュー名)の内容をご確認ください。
    ※プリンタとパソコンとのTCP/IPによる通信が正しく行われていない場合や入力に誤りがあった場合、下図「LPRポート構成の警告」画面のエラーメッセージが表示されます。「OK」をクリックすると現在の設定内容でポートが作成されます。「キャンセル」をクリックすると「LPR互換プリンタの追加」画面に戻ります。
  3. プリンタ情報の設定画面に戻り、設定されたポートが先程追加したポートに変更されていることを確認して「次へ」をクリックします。
    ※以降の作業はこちらをご確認ください。

 

●Windows 2000/XP/Server 2003をご使用時

  1. ポートの追加画面の追加するポートで「Standard TCP/IP Port」を選択し、「OK」を押します。

  2. 「標準TCP/IPプリンタポートの追加ウィザード」が起動します。最初の画面を「次へ」をクリックします。
  3. 「プリンタ名またはIPアドレス」にプリンタのIPアドレスを入力し、「次へ」をクリックします。
    ※プリンタのIPアドレスの確認方法は、IPアドレスの確認方法の内容をご確認ください。
    ※ポート名は「IP_入力したIPアドレス」で登録されます。必要に応じポート名の変更を行って下さい。
  4. 「標準TCP/IPプリンタポートの追加ウィザードの完了」画面が表示されますので「完了」をクリックします。
    ※完了の画面が表示されずに「ポート情報がさらに必要です」と書かれた画面が表示される場合は、「デバイスの種類」項目の「標準」を選択し「Canon Network Printing Device with P9100」を選択して「次へ」をクリックします。
  5. 「標準TCP/IPプリンタポートの追加ウィザードの完了」画面で設定内容が表示されます。「完了」をクリックします。
  6. プリンタ情報の設定画面に戻り、設定されたポートが先程追加したポートに変更されていることを確認して「次へ」をクリックします。
    ※以降の作業はこちらをご確認ください。
戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR C2110F / iR C2110N / iR C2550F / iR C2570 / iR C2570F / iR C2620 / iR C2620N / iR C2880 / iR C2880F / iR C3080 / iR C3080F / iR C3100 / iR C3100F / iR C3100N / iR C3100i / iR C3170 / iR C3170F / iR C3200 / iR C3200N / iR C3220 / iR C3220N / iR C3380 / iR C3380F / iR C3580 / iR C3580F / iR C3880 / iR C3880F / iR C4080 / iR C4080F / iR C4580 / iR C4580F / iR C5180 / iR C5180N / iR C5185 / iR C5185N / iR C5800 / iR C5800N / iR C5870 / iR C5870N / iR C5880N / iR C6800 / iR C6800N / iR C6870 / iR C6870N / iR C6880N

 

[TOP▲]
このページのトップへ