管理キー、部門ID管理、カードリーダーについて(iR C3220/C2620)



管理キー、部門ID管理、カードリーダーについて(iR C3220/C2620)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000022711



詳細情報:
  1. 管理キーユニットによる管理
  2. 部門ID管理機能による管理(iR C6870/C5870/C3220/C3170/C2620/C2570/C5180/C4580/C3880/C3380/C2880)
  3. カードリーダによる管理(iR C3220/C2620)

【詳細1】管理キーユニットによる管理

管理キーユニットを装着することにより、管理キーがOFFにされている場合に使用できる機能を制限することが可能です。
制限する機能は、「システム管理設定」により「部分機能制限」と「全機能制限」が選択できます。
※管理キーOFF時の機能制限切替の変更方法は下記「管理キーOFF時の機能制限切替」をご確認ください。
各設定で制限される機能は下記のとおりです。

機能制限レベル 制限される機能
部分機能制限 コピー、ボックス、レポート出力(手動操作時)、送信、リモートUI、リモートスキャンの機能を制限します。
※プリンタ/受信プリントは可能。
全機能制限 すべての機能を制限します。
※機能制限中、FAX受信やプリントデータのスプールには制限がかかりません。受信したFAXやプリントデータはプリント待ちの状態になり、管理キーを回した途端、プリントがされます。

※管理キーは、本体右側面に取り付けられます。
   C3200管理キー装着時

 

■管理キーOFF時の機能制限切替

  1. 「ユーザモード」キーを押し、液晶に表示された画面から「システム管理設定」を押します。
    ※システム管理部門IDとシステム管理暗証番号が設定されている場合は、「システム管理設定」を押したあとにシステム管理IDと暗証番号をテンキーで入力し、暗証キー(IDが書かれたキー)を押します。
  2. 「▼」を一度押し、「管理キーOFF時の機能制限切替」を押します。
  3. 「部分機能制限」または「全機能制限」を選択したあと、「OK」を押します。
  4. 基本画面に戻るまで「閉じる」を押します。

 

戻る

【詳細2】部門ID管理機能による管理(iR C6870/C5870/C3220/C3170/C2620/C2570/C5180/C4580/C3880/C3380/C2880)

1つの部門に対して7桁の部門IDと各部門ごとの暗証番号を登録することにより、番号を登録した場合のみ機械が使用できるように設定できます。部門別ID機能を使用することにより、各部門のコピー/スキャン/プリントのカウントの管理が可能です。
※部門IDと暗証番号は1000部門まで登録が可能です。
※部門別ID管理を設定することにより、コピー機能は自動的に部門別ID管理の対象になります。ボックス、送信/ファクス、リモートスキャン機能は部門別ID管理の対象にする/しないの設定が可能です。

部門別ID機能では以下の管理が可能です。

カラー/白黒スキャン、カラー/白黒プリント、カラー/白黒コピーの各部門ごとのカウント枚数管理と制限面数の設定
※ログインサービスとしてSSOをご使用時、部門別ID管理を有効にするにはimageWARE Accounting Managerが必要になります。
※部門別ID管理及び各部門の制限面数の設定方法については、下記「部門別ID管理を設定する」をご参照ください。
※サイズ別/両面・片面別の管理を行うには、imageWARE Accounting ManagerやimageWARE Accounting Manager for MEAPが必要になります。

 

■部門別ID管理を設定する

※ログインサービスとしてSDL/SSOをご使用の場合はファンクション制限、白黒コピー/ボックスプリントジョブの許可の設定は有効になりません。

  1. 「ユーザモード」キーを押し、液晶に表示された画面から「システム管理設定」を押して、「部門別ID管理」を押します。
    ※システム管理部門IDとシステム管理暗証番号が設定されている場合は、「システム管理設定」を押したあとにシステム管理IDと暗証番号をテンキーで入力し、暗証キー(IDが書かれたキー)を押します。
  2. 「部門別ID管理」画面で「ON」を選択します。
    ※部門IDを設定していないパソコンからのプリント及びスキャンを行わせない場合は「ID不定ジョブのプリント」及び「ID不定ジョブのスキャン」を「OFF」にします。
    ※白黒のコピー、ボックスプリントを部門別ID管理の対象外にする場合は「白黒コピー/ボックスプリントジョブの許可」を、白黒のプリントアウトを部門別ID管理の対象外にする場合は「白黒プリンタジョブの許可」を「ON」にします。
    不定IDジョブのプリント&スキャン、白黒フリー設定
  3. 新規で部門IDを追加する、もしくは現在登録している部門IDの設定の変更/削除を行う場合は、「暗証番号の登録」を押します。
  4. 新規で部門IDを追加する場合は「登録」を押し、部門IDと暗証番号をテンキーで入力します。
    ※追加する部門IDに制限面数を設定する場合は、「制限のON/OFFと制限面数の設定」を押し、面数を制限する項目の「ON」を押した後に横の「□」を押して、テンキーから制限面数を入力します。
    制限面数設定画面
  5. 既存の部門IDの設定を変更する場合は、該当する部門IDを選択して「編集」を押し、暗証番号及び制限面数の設定を変更します。
    ※追加する部門IDに制限面数を設定する場合は、「制限のON/OFFと制限面数の設定」を押し、面数を制限する項目の「ON」を押した後に横の「□」を押して、テンキーから制限面数を入力します。
  6. 既存の部門IDを削除する場合は、該当する部門IDを選択して「削除」を押すと「消去してよろしいですか?」のメッセージが表示されますので、「はい」を押して消去を行います。
  7. 部門ID管理で制限を行う機能を変更する場合は、「ファンクション制限」を押し、「ボックス」、「送信/ファクス」、「拡張(その他)」の各項目で部門IDの管理対象とする項目で「ON」を選択します。
    ※「送信/ファクス」はオプションのSend拡張キットとFAXボードを装着時のみ表示されます。Send拡張キットのみを装着している場合は「送信」、FAXボードのみを装着している場合は「ファクス」と表示されます。
    ファンクション制限変更
  8. 設定が完了しましたら「閉じる」を押し、「部門別ID管理」画面も「OK」で閉じます。
  9. 基本画面に戻るまで「閉じる」を押していきます。
戻る

【詳細3】カードリーダによる管理(iR C3220/C2620)

カードリーダー使用時の管理可能な項目は部門別ID管理を行った場合と同じになります。部門別ID管理と異なる点は、通常の部門別ID管理では、部門IDと暗証番号を入力することにより機械が使用できる状態になりますが、カードリーダーを装着時は部門ID、暗証番号入力ではなく、カードを差し込むことにより機械が使用可能になります。
※ログインサービスにSSOを設定している場合は、カードリーダは使用できません。
※カードリーダーを装着することにより、自動的に部門別ID管理が設定されます。
※部門別ID管理での管理機能については「部門ID管理機能による管理」をご参照ください。
※カードリーダー装着時は、光学式カードは200部門、磁気式カードは1000部門まで管理可能です。
※プリントアウト時は、プリンタドライバで指定した部門IDを使用します。

カードリーダーによるカウント管理を行う場合はカードリーダー本体とカードセットもしくはコピーカードのいずれかが管理を行う部門数だけ必要になります。

商品名 商品コード 価格 取付料 備考
カードリーダー・D1 6576A001 30,000円(税別) 1,200円 iR C3220/C2620用カードリーダー
カードセット1
(1〜30番)
0547A002 16,200円(税別) - 磁気カード
カードセット2
(31〜100番)
0547A003 38,000円(税別) - 磁気カード
カードセット3
(101〜200番)
0547A004 49,000円(税別) - 磁気カード
カードセット4
(201〜300番)
0547A005 49,000円(税別) - 磁気カード
カードセット5
(301〜500番)
0547A006 98,000円(税別) - 磁気カード
カードセット6
(501〜3000番)
0547A007 900,000円(税別) - 磁気カード
コピーカードI
(1〜30)
0499A001 7,500円(税別) - 光学カード
コピーカードII
(31〜100)
0499A002 17,500円(税別) - 光学カード
コピーカードIII
(101〜200)
0499A003 25,000円(税別) - 光学カード

※従来、管理カードで行っていたカウント枚数クリアや上限設定は全て本体の部門別ID管理で行えるようになっているため、管理カードやテンキーパッドは必要ありません。また、各部門での使用枚数のプリントアウト時にもコピーデータコントローラは必要ありません。

戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR C2620 / iR C2620N / iR C3220 / iR C3220N

 

[TOP▲]
このページのトップへ