WindowsXP ServicePack2 対応状況(Color imageRUNNER)



WindowsXP ServicePack2 対応状況(Color imageRUNNER)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000022725



Windows XP Service Pack 2 セキュリティ強化機能搭載 対応状況(Color imageRUNNER)

2005年4月12日現在

Canon Color imageRUNNERのMicrosoft社製Windows XP Service Pack 2 セキュリティ強化機能搭載への対応状況につきましてご案内いたします。
※WindowsXP対応状況につきましては関連情報をご覧下さい。

 


■ドライバ・ユーティリティ対応状況

○・・・正式対応
△・・・動作確認対応
×・・・使用不可

  対応状況
UFRプリンタ Ver1.40にて対応
詳細は下記【プリンタ/FAXドライバ】の表をご参照ください
ダウンロードページへ
LIPS4プリンタ

Ver10.61にて対応
詳細は下記【プリンタ/FAXドライバ】の表をご参照ください
ダウンロードページへ
PS3互換プリンタドライバ Ver2.41にて動作確認済み
詳細は下記【プリンタ/FAXドライバ】の表をご参照ください
ダウンロードページへ
PostScriptプリンタドライバ 詳細は下記【プリンタ/FAXドライバ】の表をご参照ください -
ネットワークFAX送信(PC FAX) Ver3.61にて動作確認済み
詳細は下記【プリンタ/FAXドライバ】の表をご参照ください
ダウンロードページへ
スキャナ Color Network ScanGear Ver1.50にて動作確認済み
詳細は下記【プルスキャン】の表をご参照ください
ダウンロードページへ
Fiery Remote Scan 詳細は下記【プルスキャン】の表をご参照ください -
ユーティリティ/ソフトウェア NetSpot Device Installer Ver3.11にて動作確認済み
詳細は下記【ユーティリティ/ソフトウェア】の表をご参照ください
ダウンロードページへ
NetSpot Job Monitor Ver5.20にて動作確認済み
詳細は下記【ユーティリティ/ソフトウェア】の表をご参照ください
ダウンロードページへ
NetSpot Console Ver4.10にて動作確認済み
詳細は下記【ユーティリティ/ソフトウェア】の表をご参照ください
ダウンロードページへ
LPR Port Utility
Ver2.20にて対応 ダウンロードページへ
Device Status Extension
Ver1.21にて対応 ダウンロードページへ
NetSpot Resource Downloader
Ver2.20にて対応  ダウンロードページへ
ファクスカバーシートエディタ Ver1.10にて対応 ダウンロードページへ
iR宛先表編集ツール Ver1.20にて対応 ダウンロードページへ
EFI WebTools 詳細は下記ユーティリティ/ソフトウェア】の表をご参照ください -

TOPへ


■Windowsファイアウォールに由来する不具合と回避方法

Color imageRUNNERのWindows XP Service Pack 2 セキュリティ強化機能搭載による影響と対応状況を以下に記載します。

 

【プッシュスキャン】

機能 発生する可能性のある不具合 回避方法
プッシュスキャン SMB送信 共有フォルダへの送信ができません。 Windowsファイアウォール→例外を開き、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れてください。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:883876 「Windows ファイアウォールを有効にした状態でファイルとプリンタの共有を行うには」をご確認ください。
プッシュスキャン SMB送信 FTPサーバへの送信ができません。 Windowsファイアウォール→詳細設定→ネットワーク接続の設定→設定を開き、「FTPサーバ」にチェックを入れてください。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:883877 「Windows ファイアウォールを設定したまま、IIS のサービス提供を有効にする方法」をご確認ください。

TOPへ


【プルスキャン】

ドライバ 発生する可能性のある不具合 回避方法
Color Network ScanGear ScanGear Toolによるデバイス検索時に「セキュリティの重要な警告」ダイアログが表示されます。
「ブロックを解除する」を選択しないとタイムアウトが発生し、デバイスの検索ができません。
ダイアログ表示時、「ブロックを解除する」を選択してください。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:875399 「[Windows セキュリティの 重要な警告] 画面について」をご確認ください。
Fiery Remote Scan Scan To FTPによるFTPサーバへの送信ができません。 Windowsファイアウォール→詳細設定→ネットワーク接続の設定→設定を開き、「FTPサーバ」にチェックを入れてください。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:883877 「Windows ファイアウォールを設定したまま、IIS のサービス提供を有効にする方法」をご確認ください。

TOPへ


【プリンタ/FAXドライバ】

ドライバ/機能 発生する可能性のある不具合 回避方法
UFR/LIPS4/PS3互換プリンタドライバ
FTP印刷時
FTP印刷コマンド実行時、「セキュリティの重要な警告」ダイアログが表示されます。
「ブロックを解除する」を選択しないとタイムアウトが発生し印刷できません。
ダイアログ表示時、「ブロックを解除する」を選択してください。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:875399 「[Windows セキュリティの 重要な警告] 画面について」をご確認ください。
UFR/LIPS4/PS3互換/PostScriptプリンタドライバ、FAXドライバ
全般
サーバクライアント環境時、印刷(FAX送信)ができません。
※Peer to Peer環境、サーバクライアントモデルでもWindowsファイアウォールをOFFに設定している場合は問題ありません。
Windowsファイアウォール→例外を開き、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れてください。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:883876 「Windows ファイアウォールを有効にした状態でファイルとプリンタの共有を行うには」をご確認ください。
UFR/LIPS4/PS3互換プリンタドライバ、FAXドライバ
DIASサービスの使用
サーバクライアント環境で印刷(FAX送信)ができません。

※Peer to Peer環境や、サーバクライアント環境でWindowsファイアウォールを無効に設定している場合は問題ありません。
LIPS4、UFRをご使用の場合はVer10.60以降(LIPS4)、Ver1.40以降(UFR)のプリンタドライバをご利用ください。
インストールの途中で警告メッセージが表示されますので、[はい]を選択し、インストールを続行してください。
LIPS4 Ver10.5x、UFR v1.3xをそのままご利用いただく、もしくはPS3互換、FAXドライバをご利用の場合:

1.サーバ側でWindowsファイアウォール→例外を開き、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れてください。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:883876 「Windows ファイアウォールを有効にした状態でファイルとプリンタの共有を行うには」をご確認ください。

2.サーバ側でWindowsファイアウォール→例外→プログラムの追加 を開き、[CnxDIAS.exe]を追加します。

[CnxDIAS.exe]の参照先パス:
C\Program Files\Canon\DIAS\CnxDIAS.exe
※上記参照パスはCドライブにOSがインストールされている場合になります。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。
構成情報が取得できません。 LIPS4、UFRをご使用の場合はVer10.60以降(LIPS4)、Ver1.40以降(UFR)のプリンタドライバをご利用ください。
インストールの途中で警告メッセージが表示されますので、[はい]を選択し、インストールを続行してください。
LIPS4 Ver10.5x、UFR v1.3xをそのままご利用いただく、もしくはPS3互換、FAXドライバをご利用の場合:

Windowsファイアウォール→例外→プログラムの追加 を開き、[CnxDIAS.exe]を追加します。

[CnxDIAS.exe]の参照先パス:
C\Program Files\Canon\DIAS\CnxDIAS.exe
※上記参照パスはCドライブにOSがインストールされている場合になります。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。

クライアントからの構成情報が取得できません。 サーバ側でクライアントユーザを追加し、Administrator権限を与えてください。
クライアント側でWindowsファイアウォール→例外→プログラムの追加を開き、「Windows Explorer」を追加し、チェックを入れてください。

※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。
部門管理を行うと印刷ができません。 LIPS4、UFRをご使用の場合はVer10.60以降(LIPS4)、Ver1.40以降(UFR)のプリンタドライバをご利用ください。
インストールの途中で警告メッセージが表示されますので、[はい]を選択し、インストールを続行してください。

LIPS4 Ver10.5x、UFR v1.3xをそのままご利用いただく、もしくはPS3互換、FAXドライバをご利用の場合:

サーバ側でWindowsファイアウォール→例外→プログラムの追加 を開き、[CnxDIAS.exe]を追加します。

[CnxDIAS.exe]の参照先パス:
C\Program Files\Canon\DIAS\CnxDIAS.exe
※上記参照パスはCドライブにOSがインストールされている場合になります。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。

クライアント側でWindowsファイアウォール→例外→プログラムの追加を開き、印刷を行うアプリケーションを追加し、チェックを入れてください。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。
部門管理機能を使用した環境でPageComposerが使用できません。 Windowsファイアウォール→例外→プログラムの追加を開き、
「CPC10D.exe」を追加します。

「CPC10D.exe」参照先パス:
“C:\WINNT\system32\spool\drivers\w32x86\3\CPC10D.exe“
※上記参照パスはCドライブにOSがインストールされている場合になります。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。
UFR/LIPS4/PS3互換プリンタドライバ、FAXドライバ
NetWare環境での使用
Novell Client32インストール後、クライアントPCを再起動した時、「セキュリティの重要な警告」ダイアログが表示されます。
「ブロックを解除する」を選択しないと、NDPSのイベント通知を受け取れず印刷ができません。
ダイアログ表示時、「ブロックを解除する」を選択してください。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:875399 「[Windows セキュリティの 重要な警告] 画面について」をご確認ください。

TOPへ


【ユーティリティ/ソフトウェア】

機能 発生する可能性のある不具合 回避方法
NetSpot Device Installer IPアドレス未設定のデバイス探索ができなくなる。
他のサブネット指定のブロードキャストが探索できなくなる。
Administrator権限を持つユーザが、Windowsファイアウォール→例外→プログラムの追加 を開き、NetSpot Device Installer(nsdi.exe)を追加します。

例外に追加するファイル:
C:\Program Files\NetSpot Device Installer\nsdi.exe
※上記参照パスはデフォルト値になります。インストールフォルダが異なる場合はNetSpot Device Installerがインストールされているフォルダを指定して[nsdi.exe]を追加ください。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。
NetSpot Job Monitor デバイスの情報取得が正しく行われない。 1.Administrators権限を持つユーザが、Windowsファイアウォール→例外→プログラムの追加を開き、NetSpot Suite JobNotify Service(Aussdrvs.exe)を追加してください。

例外に追加するファイル:
C:\Program Files\Canon\JobComm\Aussdrvs.exe
※上記参照パスはデフォルト値になります。インストールフォルダが異なる場合は、NetSpot Job Monitorがインストールされているフォルダを指定して[Aussdrvs.exe]を追加してください。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。
2.Administrators権限を持つユーザが、Windowsファイアウォール→例外→プログラムの追加 を開き、以下のプログラムを追加してください。

例外に追加するファイル:
C:\Program Files\Canon\Job Monitor\stlist.exe
※上記参照パスはデフォルト値になります。インストールフォルダが異なる場合は、NetSpot Job Monitorがインストールされているフォルダを指定して[stlist.exe]を追加してください。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。
3.Administrators権限を持つユーザが、Windowsファイアウォール→例外→プログラムの追加 を開き、以下のプログラムを追加してください。

例外に追加するファイル:
C:\Program Files\Canon\Vdc\AuVDC.exe
※上記参照パスはデフォルト値になります。インストールフォルダが異なる場合は、NetSpot Job Monitorがインストールされているフォルダを指定して[AuVDC.exe]を追加してください。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。
NetSpot Console 他のサブネット指定のブロードキャスト探索ができなくなる。 Administrators権限を持つユーザが、Windowsファイアウォール→例外→プログラムの追加 を開き、以下のプログラムを追加してください。

例外に追加するファイル:
C:\Program Files\canon\nsc\wnappsrv.exe
C:\Program Files\canon\nsc\wnwebsrv.exe

※上記参照パスはデフォルト値になります。インストールフォルダが異なる場合は、NetSpot Consoleがインストールされているフォルダを指定して[wnappsrv.exe][wnwebsrv.exe]を追加してください。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。
EFI WebTools Internet Explorerでポップアップが表示されないため、EFI WebToolsの画面が表示されません。 Internet Explorerのステータスバーからポップアップ表示の設定を変更してください。
※設定方法につきましてはマイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884165 「ポップアップ ブロックに関するトラブルシューティング」をご確認ください。

TOPへ



関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR C2570 / iR C2570F / iR C2620 / iR C2620N / iR C2880 / iR C2880F / iR C3100 / iR C3100F / iR C3100N / iR C3100i / iR C3170 / iR C3170F / iR C3200 / iR C3200N / iR C3220 / iR C3220N / iR C3380 / iR C3380F / iR C3880 / iR C3880F / iR C4580 / iR C4580F / iR C5180 / iR C5180N / iR C5185 / iR C5185N / iR C5800 / iR C5800N / iR C5870 / iR C5870N / iR C6800 / iR C6800N / iR C6870 / iR C6870N

 

[TOP▲]
このページのトップへ