印刷データをimageRUNNERのユーザボックスに保存する



印刷データをimageRUNNERのユーザボックスに保存する
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000023068



印刷データのボックスへの保存方法はご使用されているOSにより異なります。お使いのOSのボックス保存方法をご確認ください。
※工場出荷時、ボックス内のデータは3日で自動的に消去されるように設定されています。ボックス内データの自動消去時間を変更するには
こちらをご確認ください。

<印刷データをimageRUNNERのボックスに保存する(Windows)>
<印刷データをimageRUNNERのボックスに保存する(Macintosh)>

 

■印刷データをimageRUNNERのボックスに保存する(Windows)

UFR/LIPS4/LIPS LX/PS3互換プリンタドライバ使用時
PostScriptプリンタドライバ使用時

 

UFR/LIPS4/LIPS LX/PS3互換プリンタドライバ使用時

  1. プリンタドライバのプロパティを開き、「ジョブの処理方法」を「保存」に変更します。
    ※Windows NT4.0をご使用の場合、「プリンタ」から画面を開かれる場合は、「ドキュメントの規定値」を開いてください。
    ※Windows 2000/XP/Server 2003/Vistaをご使用の場合、「プリンタとFAX」(「プリンタ」)から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
    ジョブ処理方法の変更
  2. 「保存モードに切り替わります。このドロップダウンリストボックス・・・」のメッセージが表示されます。「OK」をクリックし、印刷を実行します。
    ※初期設定では「00」のボックスに、印刷時の年月日時刻のファイル名でジョブが保存されます。保存先ボックス、ファイル名の変更を行うには、「ジョブの処理方法」横の「保存先/セキュアプリント設定ボタン」をクリックし、保存先ボックス及びデータの名称の変更を行って下さい。
    ※iR C6800/C5800/C3220/C3200/C3100/C2620以外の機械をご使用時は、保存先のボックスを複数選択できます。
    保存先設定画面

以上でボックスへのデータの保存設定は終了です。印刷を実行していただく事により、印刷データがユーザボックスに保存されます。

 

PostScriptプリンタドライバ使用時

PSプリントサーバユニット・C1/D1/E1/C1V2/D1V2 ご使用時
PSプリントサーバユニット・F1 ご使用時
PSプリントサーバユニット・C2/F2/G1 ご使用時

PSプリントサーバユニット・H1/H1V2/J1、ColorPASS-GX100 ご使用時

 

・PSプリントサーバユニット・C1/D1/E1/C1V2/D1V2 ご使用時

※PSプリントサーバユニット・C1V2/D1V2/E1をWindows Vista環境でご使用の際は、こちらの内容をご確認下さい。

  1. プリンタドライバのプロパティを開き、「Fiery印刷」タブを表示します。
    ※Windows NT4.0をご使用の場合、「プリンタ」から画面を開かれる場合は、「ドキュメントの規定値」を開いてください。
    ※Windows 2000/XP/Server 2003をご使用の場合、「プリンタとFAX」(「プリンタ」)から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
  2. 「出力先」プリントオプションバーを開き、「出力先」を「メールボックス」(「ユーザボックス」)にし、データを保存したいユーザボックスの番号を「ボックス番号」に入力します。
    ※「確認印刷」のチェックボックスはユーザボックス保存と同時に印刷を行う場合にチェックを入れます。複数部数の印刷設定をされている場合は、指定された部数の印刷がされます。(ご使用の機種により「確認印刷」がご使用できない場合がございます。)
    C3200PS ボックス保存

以上でボックスへのデータの保存設定は終了です。印刷を実行していただく事により、印刷データがユーザボックスに保存されます。

・PSプリントサーバユニット・F1 ご使用時

※Windows Vista環境でご使用の際は、こちらの内容をご確認下さい。

  1. プリンタドライバのプロパティを開き、「Fiery印刷」タブを表示します。
    ※Windows NT4.0をご使用の場合、「プリンタ」から画面を開かれる場合は、「ドキュメントの規定値」を開いてください。
    ※Windows 2000/XP/Server 2003をご使用の場合、「プリンタとFAX」(「プリンタ」)から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
  2. 「出力先」プリントオプションバーを開き、「出力先」を「ユーザボックス」にし、データを保存したいユーザボックスの番号を「ボックス選択」で選択します。
    ※保存先ユーザボックスは複数選択が可能です。
    PSF1出力先

以上でボックスへのデータの保存設定は終了です。印刷を実行していただく事により、印刷データがユーザボックスに保存されます。

 

・PSプリントサーバユニット・C2/F2/G1 ご使用時

  1. プリンタドライバのプロパティを開き、「Fiery印刷」タブを表示します。
    ※Windows 2000/XP/Server 2003/Vistaをご使用の場合、「プリンタとFAX」(「プリンタ」)から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
  2. 「出力先」プリントオプションバーを開き、「出力先」を「ユーザボックス」にし、データを保存したいユーザボックスの番号を「ボックス選択」で選択します。
    ※PSプリントサーバユニット・F2/G1では、保存先ユーザボックスは複数選択が可能です。
    PSC2出力先
  3. 必要に応じ、「ファイル名(ボックス用)」(もしくは「ファイル名(ボックス/フォーム用)」)にボックス保存時の名称を入力します。
    PSC2ファイル名

以上でボックスへのデータの保存設定は終了です。印刷を実行していただく事により、印刷データがユーザボックスに保存されます。

 

・PSプリントサーバユニット・H1/H1V2/J1、ColorPASS-GX100 ご使用時

※Windows 98/Me環境ではボックス保存は使用できません。

  1. プリンタドライバのプロパティを開き、「Fiery印刷」タブを表示します。
    ※Windows 2000/XP/Server 2003/Vistaをご使用の場合、「プリンタとFAX」(「プリンタ」)から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
  2. 「Fiery印刷」タブを開き、「ジョブ情報」内の「出力先」を「ユーザボックス」(「メールボックス」)にし、データを保存したいユーザボックスの番号を「ユーザボックス番号」(「ボックス番号」)で選択します。
    ※保存先ユーザボックスは複数選択が可能です。
    ※必要に応じ、「ファイル名(ボックス/フォーム用)」)にボックス保存時の名称を入力します。
    H1 ジョブ情報画面

以上でボックスへのデータの保存設定は終了です。印刷を実行していただく事により、印刷データがユーザボックスに保存されます。

 

・PSプリントサーバユニット・C1V2/D1V2/E1/F1をWindows Vista環境でご使用時

※Vista環境では保存先のユーザボックスを選択する事は出来ません。(00のボックスに保存されます。)

  1. プリンタドライバのプロパティを開き、「Fiery印刷」タブを表示します。
    ※「プリンタ」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
  2. 「レイアウト」、「用紙/品質」いずれかのタブを開き、「詳細情報」をクリックします。
  3. 「ドキュメントオプション」内の「プリンタ機能」を開き、「出力先」で「ユーザボックス」を選択します。

以上でボックスへのデータの保存設定は終了です。印刷を実行していただく事により、印刷データがユーザボックスに保存されます。

 

 

■印刷データをimageRUNNERのボックスに保存する(Macintosh)

LIPS4/PS3互換プリンタドライバ使用時
※PS3互換プリンタドライバでのボックス保存はxx70/xx80シリーズでMac OS X環境のみご使用可能です。
PostScriptプリンタドライバ使用時

 

LIPS4/PS3互換プリンタドライバ使用時

※PS3互換プリンタドライバ使用時はMacOS 9環境ではボックス保存はできません。

・MacOS8.6〜9.2.2環境でご使用の場合

   ・LIPS4 プリンタドライバv3.90をご使用の場合

  1. 印刷画面を起動し、「一般設定」画面の「ジョブの処理方法」で「保存」を選択し、印刷を実行します。
  2. 「保存先設定」ダイアログボックスが表示されます。「保存するデータの名称」と保存先ボックスを選択し、「OK」をクリックします。
    ※「試し印刷する」にチェックを入れて印刷すると、ボックスにデータを登録すると同時に一部だけ印刷を行います。

   ・LIPS4 プリンタドライバv5.xをご使用の場合

  1. 印刷画面を起動し、「特別処理」画面の「ジョブの処理方法」で「保存」を選択し、印刷を実行します。
    LIPS4 v5.50 保存選択
  2. 「保存先設定」ダイアログボックスが表示されます。「保存するデータの名称」と保存先ボックスを選択し、「OK」をクリックします。
    ※iR C6800/C5800/C3220/C3200/C3100/C2620以外の機械をご使用時は、保存先のボックスを複数選択できます。
    LIPS4 v5.50 保存先選択

以上でボックスへのデータの保存設定は終了です。印刷を実行していただく事により、印刷データがユーザボックスに保存されます。

 

・MacOS X環境でご使用の場合

   ・LIPS4 プリンタドライバv4.20をご使用の場合

  1. 印刷画面を起動し、「基本設定」画面の「ジョブの処理方法」で「保存」を選択します。
  2. 「保存先設定」ダイアログボックスが表示されます。「保存するデータの名称」と保存先ボックスを選択して「OK」をクリックし、印刷を実行します。
    ※「試し印刷する」にチェックを入れて印刷すると、ボックスにデータを登録すると同時に一部だけ印刷を行います。

   ・LIPS4 プリンタドライバv5.x、PS3互換プリンタv2.11をご使用の場合
  ※PS3互換プリンタ PPDファイルをご使用時はボックス保存はできません。

  1. 印刷画面を起動し、「特別処理」画面の「ジョブの処理方法」で「保存」を選択し、印刷を実行します。
    LIPS4 v5.x 保存選択
  2. 「保存先設定」ダイアログボックスが表示されます。「保存するデータの名称」と保存先ボックスを選択し、「OK」をクリックします。
    ※iR C6800/C5800/C3220/C3200/C3100/C2620以外の機械をご使用時は、保存先のボックスを複数選択できます。
    LIPS4 v5.x 保存先選択

以上でボックスへのデータの保存設定は終了です。印刷を実行していただく事により、印刷データがユーザボックスに保存されます。

 

PostScriptプリンタドライバ使用時

PSプリントサーバユニット・C1/C1V2/D1/D1V2/E1/F1 ご使用時
PSプリントサーバユニット・C2/F2/G1 ご使用時
PSプリントサーバユニット・H1/J1、ColorPASS-GX100 ご使用時
PSプリントサーバユニット・H1V2 ご使用時

 

・PSプリントサーバユニット・C1/C1V2/D1/D1V2/E1/F1 ご使用時

・MacOS8.6〜9.2.2環境でご使用の場合

  1. 印刷画面を起動し、「プリンタ」下のポップアップメニュー(デフォルト表示は「一般設定」)をクリックし、「Fieryジョブ注釈メモ」を選択。「ボックス番号」(「ユーザボックス選択」)項目に保存したいユーザボックス番号を入力します。
    Fieryジョブ注釈メモ画面
  2. 「プリンタ」下のポップアップメニューをクリックし、「プリンタ固有機能」を選択。「出力先」項目を「メールボックス」(「ユーザボックス」)に設定します。
    ※一部機種では、「プリンタ固有機能」ではなく、「出力先」を選択し、「出力先」項目を設定します。
    ※「確認印刷」項目を「オン」にするとユーザボックス保存と同時に印刷を行います。複数部数の印刷設定をされている場合は、指定された部数の印刷がされます。(ご使用の機種により「確認印刷」がご使用できない場合がございます。)
    プリンタ固有機能画面

以上でボックスへのデータの保存設定は終了です。印刷を実行していただく事により、印刷データがユーザボックスに保存されます。

 

・MacOS X 環境でご使用の場合

※iR C3200 PSプリントサーバユニット・C1 V1.xではMacOS X 10.2環境からの出力時、保存するユーザボックス番号の指定は出来ません。(「Fieryジョブ注釈メモ」が表示されません。)ボックス保存したデータは全て「00」のボックス内に保存されます。

  1. 印刷画面を起動し、「プリセット」下のポップアップメニュー(デフォルト表示は「印刷部数と印刷ページ」)をクリックし、「Fieryジョブ注釈メモ」を選択。「ボックス番号」(「ユーザボックス選択」)項目に保存したいユーザボックス番号を入力します。
    Fieryジョブ注釈メモ画面(OSX)
  2. 「プリセット」下のポップアップメニューをクリックし、「プリンタの機能」を選択。「機能セット」項目で「出力先」を選択して「出力先」を「メールボックス」(「ユーザボックス」)に設定します。
    ※「確認印刷」のチェックボックスはユーザボックス保存と同時に印刷を行う場合にチェックを入れます。複数部数の印刷設定をされている場合は、指定された部数の印刷がされます。(ご使用の機種により「確認印刷」がご使用できない場合がございます。)
    OSX印刷画面

以上でボックスへのデータの保存設定は終了です。印刷を実行していただく事により、印刷データがユーザボックスに保存されます。

 

・PSプリントサーバユニット・C2/F2/G1 ご使用時

・MacOS 9.2.x環境でご使用の場合

  1. 印刷画面を起動し、「プリンタ」下のポップアップメニュー(デフォルト表示は「一般設定」)をクリックし、「Fieryジョブ注釈メモ」を選択。「ユーザボックス選択」項目に保存したいユーザボックス番号を入力し、必要に応じて「ファイル名(ボックス用)」(もしくは「ファイル名(ボックス/フォーム用)」)にボックス保存時の名称を入力します。
    Fieryジョブ注釈メモ
  2. 「プリンタ」下のポップアップメニューをクリックし、「出力先」を選択。「出力先」項目を「ユーザボックス」に設定します。
    プリンタ固有機能画面

以上でボックスへのデータの保存設定は終了です。印刷を実行していただく事により、印刷データがユーザボックスに保存されます。

 

・MacOS X 環境でご使用の場合

  1. 印刷画面を起動し、「プリセット」下のポップアップメニュー(デフォルト表示は「印刷部数と印刷ページ」)をクリックし、「Fieryジョブ注釈メモ」を選択。「ボックス番号」(「ユーザボックス選択」)項目に保存したいユーザボックス番号を入力し、必要に応じて「ファイル名(ボックス用)」(もしくは「ファイル名(ボックス/フォーム用)」)にボックス保存時の名称を入力します。
    Fieryジョブ注釈メモ画面(OSX)
  2. 「プリセット」下のポップアップメニューをクリックし、「プリンタの機能」を選択。「機能セット」項目で「出力先」を選択して「出力先」を「ユーザボックス」に設定します。
    OSX印刷画面

以上でボックスへのデータの保存設定は終了です。印刷を実行していただく事により、印刷データがユーザボックスに保存されます。

 

・PSプリントサーバユニット・H1/J1、ColorPASS-GX100 ご使用時

※MacOS 9環境ではボックス保存はできません。

  1. 印刷画面を起動し、「プリセット」下のポップアップメニュー(デフォルト表示は「印刷部数と印刷ページ」)をクリックし、「オーナー情報」を選択。「ボックス番号」項目に保存したいユーザボックス番号を入力し、必要に応じて「ファイル名(ボックス/フォーム用)」)にボックス保存時の名称を入力します。
    OSX オーナー情報
  2. 「プリセット」下のポップアップメニューをクリックし、「プリンタの機能」を選択。「機能セット」項目で「ジョブ情報」を選択して「出力先」を「メールボックス」に設定します。
    OSX プリンタ機能

以上でボックスへのデータの保存設定は終了です。印刷を実行していただく事により、印刷データがユーザボックスに保存されます。

 

・PSプリントサーバユニット・H1V2 ご使用時

※MacOS 9環境ではボックス保存はできません。

  1. 印刷画面を起動し、「プリセット」下のポップアップメニュー(デフォルト表示は「レイアウト」等)をクリックし、「Fieryの機能」を選択し、「全プロパティ」をクリックします。

    ※「プリセット」下のメニューが表示されていない場合は、「プリンタ」横のボタンをクリックします。
  2. 「ジョブ情報」を開き、「出力先」内の「出力先」を「ユーザボックス」にし、データを保存したいユーザボックスの番号を「ユーザボックス選択」で選択します。

以上でボックスへのデータの保存設定は終了です。印刷を実行していただく事により、印刷データがユーザボックスに保存されます。



関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR C2550F / iR C2570 / iR C2570F / iR C2620 / iR C2620N / iR C2880 / iR C2880F / iR C3080 / iR C3080F / iR C3100 / iR C3100F / iR C3100N / iR C3100i / iR C3170 / iR C3170F / iR C3200 / iR C3200N / iR C3220 / iR C3220N / iR C3380 / iR C3380F / iR C3580 / iR C3580F / iR C3880 / iR C3880F / iR C4080 / iR C4080F / iR C4580 / iR C4580F / iR C5180 / iR C5180N / iR C5185 / iR C5185N / iR C5800 / iR C5800N / iR C5870 / iR C5870N / iR C5880N / iR C6800 / iR C6800N / iR C6870 / iR C6870N / iR C6880N

 

[TOP▲]
このページのトップへ