PDL拡張キットはどんな時に必要ですか



PDL拡張キットはどんな時に必要ですか
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000023088



詳細情報:
  1. PDL拡張キット(LIPS)はどんな時に必要ですか(iR C6800)
  2. PDL拡張キット(LIPS)はどんな時に必要ですか(iR C5800)
  3. PDL拡張キット(LIPS、LIPS/PS)はどんな時に必要ですか(iR C3220/C2620)
  4. PDL拡張キット(LIPS)はどんな時に必要ですか(iR C3200)
  5. PDL拡張キット(LIPS)はどんな時に必要ですか(iR C3100)

【詳細1】PDL拡張キット(LIPS)はどんな時に必要ですか(iR C6800)

PDL拡張キット(LIPS)・C1は下記条件での使用が考えられる場合に、必要に応じて追加を行って頂くオプションになります。
※PDL拡張キット(LIPS)・C1をご使用いただくにはUFRプリンタ&スキャナキット・C1が必要になります。UFRプリンタ&スキャナキット・C1はiR C6800ではオプション、iR C6800Nでは標準装備になります。

  • Windows95*1、WindowsNT4.0*2、MacOSから印刷を行う場合
    ※UFR/LIPSそれぞれの対応OSについては下表を参照ください。
  • LIPSもしくはエミュレーションを使用して出力を行う場合
    ※UFR/LIPSそれぞれの動作モードについては下表を参照ください。
  • プリンタフォントを使用して出力を行う場合
    ※UFR/LIPSそれぞれの搭載プリンタフォントについては下表を参照ください。
  • オーバレイ印刷機能を使用しての印刷等、LIPSで使用していた機能を継承して使用される場合

 

■UFR/LIPS比較表

  UFR LIPS
対応OS*3 Windows98/ME/2000/XP/Server 2003 Windows98/Me/2000/XP/Server 2003
MacOS 9.1〜9.2.2
MacOS X Classic(10.1.5以降)
MacOS X 10..2.8〜10.4.7
動作モード PDL UFR LIPS IV、LIPS III、LIPS II+
エミュレーション - ESC/P、IBM5577、HP-7550B
搭載フォント 和文 - 平成明朝体W3、平成角ゴシックW5、
丸ゴシック体
欧文 Courier、Swiss、Dutch、Symbol 
全4書体13セット
その他 バーコード(CODE39、NW-7、JAN、
郵便バーコード、OCRフォント)

*1・・・Windows95につきましては、原則としてバージョンアップに伴う新規提供は行っておりません。詳細につきましては、「WindowsOS用LIPSプリンタドライバ・FAXドライバ提供期限についてのお知らせ」をご確認ください。
  WindowsOS用LIPSプリンタドライバ・FAXドライバ提供期限についてのお知らせ(Color imageRUNNER)

*2・・・LIPS4ではv11.02よりWindows NT4.0のサポートがなくなっております。Windows NT4.0でご使用時はv10.91でご使用いただくことになります。

*3・・・対応OSは2007年1月17日現在、最新のプリンタドライバを使用時の場合になります。

戻る
【詳細2】PDL拡張キット(LIPS)はどんな時に必要ですか(iR C5800)

PDL拡張キット(LIPS)・C1は下記条件での使用が考えられる場合に、必要に応じて追加を行って頂くオプションになります。
※PDL拡張キット(LIPS)・C1をご使用いただくにはUFRプリンタ&スキャナキット・C1が必要になります。UFRプリンタ&スキャナキット・C1はiR C5800ではオプション、iR C5800Nでは標準装備になります。

  • WindowsNT4.0*1、MacOSから印刷を行う場合
    ※UFR/LIPS4それぞれの対応OSについては下表を参照ください。
  • LIPSもしくはエミュレーションを使用して出力を行う場合
    ※UFR/LIPSそれぞれの動作モードについては下表を参照ください。
  • プリンタフォントを使用して出力を行う場合
    ※UFR/LIPSそれぞれの搭載プリンタフォントについては下表を参照ください。
  • オーバレイ印刷機能を使用しての印刷等、LIPSで使用していた機能を継承して使用される場合

 

■UFR/LIPS比較表

  UFR LIPS
対応OS*2 Windows98/ME/2000/XP/Server 2003 Windows98/Me/2000/XP/Server 2003
MacOS 9.1〜9.2.2
MacOS X Classic(10.1.5以降)
MacOS X 10.2.8〜10.4.7
動作モード PDL UFR LIPS IV、LIPS III、LIPS II+
エミュレーション - ESC/P、IBM5577、HP-7550B
搭載フォント 和文 - 平成明朝体W3、平成角ゴシックW5、
丸ゴシック体
欧文 Courier、Swiss、Dutch、Symbol 
全4書体13セット
その他 バーコード(CODE39、NW-7、JAN、
郵便バーコード、OCRフォント)

*1・・・LIPS4ではv11.02よりWindows NT4.0のサポートがなくなっております。Windows NT4.0でご使用時はv10.91でご使用いただくことになります。

*2・・・対応OSは2007年1月17日現在、最新のプリンタドライバを使用時の場合になります。

戻る
【詳細3】PDL拡張キット(LIPS、LIPS/PS)はどんな時に必要ですか(iR C3220/C2620)

PDL拡張キット(LIPS)・A2、PDL拡張キット(LIPS/PS)・A2は下記条件での使用が考えられる場合に、必要に応じて追加を行って頂くオプションになります。
※PDL拡張キット(LIPS)・A2、PDL拡張キット(LIPS/PS)・A2をご使用いただくにはUFRプリンタ&スキャナキット・A2が必要になります。UFRプリンタ&スキャナキット・A2はiR C3220/C2620ではオプション、iR C3220N/C2620Nでは標準装備になります。

  • WindowsNT4.0*1、MacOSから印刷を行う場合
    ※UFR/LIPS/PS互換それぞれの対応OSについては下表を参照ください。
  • LIPSもしくはエミュレーションを使用して出力を行う場合
    ※UFR/LIPSそれぞれの動作モードについては下表を参照ください。
  • プリンタフォントを使用して出力を行う場合
    ※UFR/LIPS/PS互換それぞれの搭載プリンタフォントについては下表を参照ください。
  • オーバレイ印刷機能を使用しての印刷等、LIPSで使用していた機能を継承して使用される場合。
  • 手軽なPS出力環境を実現される場合。
    PS出力のみをサポートするアプリケーションを所有する場合等。
    ※別途、Adobe PostScript3を搭載した、PSプリントサーバユニットも提供されております。

 

■UFR/LIPS/PS互換比較表

  UFR LIPS PS互換
対応OS*2 Windows98/ME/2000/XP/Server 2003 Windows98/Me/2000/XP/Server 2003
MacOS 9.1〜9.2.2
MacOS X Classic(10.1.5以降)
MacOS X 10.2.8〜10.4.7
Windows98/Me/2000/XP/Server 2003
MacOS 9.1以降
Mac OS X Classic
Mac OS X 10.2.8以降
動作モード PDL UFR LIPS IV、LIPS III、LIPS II+ PostScript3互換
エミュレーション - ESC/P、IBM5577、HP-7550B -
搭載フォント 和文 - 平成明朝体W3、平成角ゴシックW5、丸ゴシック体 平成明朝体W3、平成角ゴシック体W5、平成明朝体W7、平成角ゴシック体W7、丸ゴシック体Ca-L
欧文 Courier、Swiss、Dutch、Symbol 全4書体13セット 136書体
その他 バーコード(CODE39、NW-7、JAN、郵便バーコード、OCRフォント) -

*1・・・LIPS4ではv11.02よりWindows NT4.0のサポートがなくなっております。Windows NT4.0でご使用時はv10.91でご使用いただくことになります。

*2・・・対応OSは2007年1月17日現在、最新のプリンタドライバを使用時の場合になります。

戻る
【詳細4】PDL拡張キット(LIPS)はどんな時に必要ですか(iR C3200)

PDL拡張キット(LIPS)・A1は下記条件での使用が考えられる場合に、必要に応じて追加を行って頂くオプションになります。
※PDL拡張キット(LIPS)・A1をご使用いただくにはUFRプリンタ&スキャナキット・A1が必要になります。UFRプリンタ&スキャナキット・A1はiR C3200ではオプション、iR C3200Nでは標準装備になります。

  • Windows95*1、WindowsNT4.0*2、MacOSから印刷を行う場合
    ※UFR/LIPSそれぞれの対応OSについては下表を参照ください。
  • LIPSもしくはエミュレーションを使用して出力を行う場合
    ※UFR/LIPSそれぞれの動作モードについては下表を参照ください。
  • プリンタフォントを使用して出力を行う場合
    ※UFR/LIPSそれぞれの搭載プリンタフォントについては下表を参照ください。
  • オーバレイ印刷機能を使用しての印刷等、LIPSで使用していた機能を継承して使用される場合

 

■UFR/LIPS比較表

  UFR LIPS4
対応OS*3 Windows98/ME/2000/XP/Server 2003 Windows98/Me/2000/XP/Server 2003
MacOS 9.1〜9.2.2
MacOS X Classic(10.1.5以降)
MacOS X 10.2.8〜10.4.7
動作モード PDL UFR LIPS IV、LIPS III、LIPS II+
エミュレーション - ESC/P、IBM5577、HP-7550B
搭載フォント 和文 - 平成明朝体W3、平成角ゴシックW5、丸ゴシック体
欧文 Courier、Swiss、Dutch、Symbol 全4書体13セット
その他 バーコード(CODE39、NW-7、JAN、郵便バーコード、OCRフォント)

*1・・・Windows95につきましては、原則としてバージョンアップに伴う新規提供は行っておりません。詳細につきましては、「WindowsOS用LIPSプリンタドライバ・FAXドライバ提供期限についてのお知らせ」をご確認ください。
 WindowsOS用LIPSプリンタドライバ・FAXドライバ提供期限についてのお知らせ(Color imageRUNNER)

*2・・・LIPS4ではv11.02よりWindows NT4.0のサポートがなくなっております。Windows NT4.0でご使用時はv10.91でご使用いただくことになります。

*3・・・対応OSは2007年1月17日現在、最新のプリンタドライバを使用時の場合になります。

戻る
【詳細5】PDL拡張キット(LIPS)はどんな時に必要ですか(iR C3100)

※iR C3100iではPDL拡張キット(LIPS)・B1は標準装備になります。

PDL拡張キット(LIPS)・B1は下記条件での使用が考えられる場合に、必要に応じて追加を行って頂くオプションになります。
※PDL拡張キット(LIPS)・B1をご使用いただくにはUFRプリンタ&スキャナキット・B1が必要になります。UFRプリンタ&スキャナキット・B1はiR C3100ではオプション、iR C3100N/C3100Fでは標準装備になります。

  • Windows95*1、WindowsNT4.0*2、MacOSから印刷を行う場合
    ※UFR/LIPSそれぞれの対応OSについては下表を参照ください。
  • LIPSもしくはエミュレーションを使用して出力を行う場合
    ※UFR/LIPSそれぞれの動作モードについては下表を参照ください。
  • プリンタフォントを使用して出力を行う場合
    ※UFR/LIPSそれぞれの搭載プリンタフォントについては下表を参照ください。
  • オーバレイ印刷機能を使用しての印刷等、LIPSで使用していた機能を継承して使用される場合

 

■UFR/LIPS比較表

  UFR LIPS
対応OS*3 Windows98/ME/2000/XP/Server 2003 Windows98/Me/2000/XP/Server 2003
MacOS 9.1〜9.2.2
MacOS X Classic(10.1.5以降)
MacOS X 10.2.8〜10.4.7
動作モード PDL UFR LIPS IV、LIPS III、LIPS II+
エミュレーション - ESC/P、IBM5577、HP-7550B
搭載フォント 和文 - 平成明朝体W3、平成角ゴシックW5、丸ゴシック体
欧文 Courier、Swiss、Dutch、Symbol 全4書体13セット
その他 バーコード(CODE39、NW-7、JAN、郵便バーコード、OCRフォント)

*1・・・Windows95につきましては、原則としてバージョンアップに伴う新規提供は行っておりません。詳細につきましては、「WindowsOS用LIPSプリンタドライバ・FAXドライバ提供期限についてのお知らせ」をご確認ください。
  WindowsOS用LIPSプリンタドライバ・FAXドライバ提供期限についてのお知らせ(Color imageRUNNER)

*2・・・LIPS4ではv11.02よりWindows NT4.0のサポートがなくなっております。Windows NT4.0でご使用時はv10.91でご使用いただくことになります。

*3・・・対応OSは2007年1月17日現在、最新のプリンタドライバを使用時の場合になります。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR C2620 / iR C2620N / iR C3100 / iR C3100F / iR C3100N / iR C3100i / iR C3200 / iR C3200N / iR C3220 / iR C3220N / iR C5800 / iR C5800N / iR C6800 / iR C6800N

 

[TOP▲]
このページのトップへ