排紙先トレイの変更を行う



排紙先トレイの変更を行う
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000023098



詳細情報:
  1. 排紙先トレイの変更を行う(iR C6880N/C5880N)
  2. 排紙先トレイの変更を行う(iR C6870/C5870)
  3. 排紙先トレイの変更を行う(iR C6800/C5800)
  4. 排紙先トレイの変更を行う(iR C5185/C5180/C4580/C4080/C3880)
  5. 排紙先トレイの変更を行う(iR C3580/3380/C3080/C2880/C2550F)
  6. 排紙先トレイの変更を行う(iR C3220/C2620)
  7. 排紙先トレイの変更を行う(iR C3200)
  8. 排紙先トレイの変更を行う(iR C3170/C2570)
  9. 排紙先トレイの変更を行う(iR C3100)

排紙先トレイの変更を行う(iR C6880N/C5880N)

iR C6880/C5880Nでのコピー/FAX/プリント等の排紙先トレイの変更方法は下記の通りです。
※フィニッシャー・AC1またはサドルフィニッシャー・AC2装着時のみ設定可能です。
※プリンタとして使用の排紙先のみを変更される場合は、下記「プリンタドライバで排紙先トレイの指定を行う」の方法でも変更が可能です。

オプション装着状態 工場出荷時の設定 トレイA/B/C
フィニッシャー・AC1/サドルフィニッシャー・AC2 トレイA:受信/ファクス、その他
トレイB:コピー、ボックス、プリンタ
トレイC:コピー、ボックス、プリンタ

トレイ基本位置:トレイB

  1. 「初期設定/登録」キーを押し、液晶画面で「共通仕様設定」→「排紙トレイの設定」を押します。
  2. トレイA/B/Cに排紙する機能とトレイの優先順位を選択したあと、「OK」を押します。
    ※選択したトレイの順に排紙先の優先順位となります。優先順位は、「1」、「2」、「3」と表示されます。

[その他]は、レポートをプリントする場合に選択します。

[受信]は、オプションのSend拡張キットを有効にしている場合に表示されます。

[ファクス]は、オプションのFAXボードを装着している場合に表示されます。

オプションのマルチポートFAXボードを装着している場合は、ファクスを2種類(ファクス1、ファクス2)を設定することができます。

1つのトレイを1つの機能のみの排紙先として設定する場合、その機能のみを選択します。

重要:
複数のトレイを同じ機能の排紙先として設定した場合は、トレイの積載制限に達すると、自動的に排紙可能なトレイに排紙先が移ります。
ただし、ファクスやIファクスの受信プリントは紛失を防ぐために排紙先を一箇所のみとすることをおすすめします。
 

●プリンタドライバで排紙先トレイの指定を行う

・Windows環境で使用時

  1. プリンタドライバのプロパティを開きます。
    ※Windows2000をご使用の場合、「スタート」→「設定」→「プリンタ」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
    ※WindowsXP/Server 2003をご使用の場合、「プリンタとFAX」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
    ※WindowsVistaをご使用の場合、「コントロールパネル」→「プリンタ」からプロパティ画面を開いた場合は、「印刷設定」を押してください。
  2. 「仕上げ」タブを開き、「排紙先」を設定します。

・Mac OS環境で使用時

  1. 印刷時、「仕上げ」内の「排紙先」を設定します。
    ※PS3互換プリンタをMacOS X環境で使用時は「プリンタの機能」を開き、「機能セット」の「仕上げ」内の「排紙先」を設定します。


戻る


排紙先トレイの変更を行う(iR C6870/C5870)

iR C6870/C5870でのコピー/FAX/プリント等の排紙先トレイの変更方法は下記の通りです。
※排紙トレイの設定は「フィニッシャー・R1」、「サドルフィニッシャー・R2」、「フィニッシャー・R1、サドルフィニッシャー・R2+フィニッシャー用追加トレイ・A1」装着時のみ表示されます。
※プリンタとして使用時の排紙先のみを変更される場合は、下記「プリンタドライバで排紙先トレイの指定を行う」の方法でも変更が可能です。

オプション装着状態 工場出荷時の設定 トレイA/B/C
フィニッシャー・R1/サドルフィニッシャー・R2 トレイA:コピー、ボックス、プリンタ、受信/ファクス、その他
トレイB:コピー、ボックス、プリンタ、受信/ファクス、その他

トレイ基本位置:トレイA

フィニッシャー・R1/サドルフィニッシャー・R2 +フィニッシャー用追加トレイ・A1 トレイA:受信/ファクス、その他
トレイB:コピー、ボックス、プリンタ
トレイC:コピー、ボックス、プリンタ

トレイ基本位置:トレイB

  1. 「ユーザモード」キーを押し、液晶に表示された画面から「共通仕様設定」を押します。
  2. 「▼」を二度押し、「排紙トレイの設定」を押します。
  3. 各トレイ(A、B、C)で使用する機能(コピー、ボックス、プリンタ、受信/ファクス、その他)を選択し「OK」を押します。
    ※装着されているオプションによりトレイA/B/Cの割当先、工場出荷時の各機能の排紙先トレイが異なります。各オプション装着時の画面は下記「各オプション装着時の排紙トレイ設定」をご参照ください。
    ※「プリンタ」はLIPS LXプリンタ&スキャナキット、PSプリントサーバユニット装着時に表示されます。
    ※「受信/ファクス」はSend拡張キットとFAXボード装着時に表示されます。Send拡張キットのみ装着時は「受信」、FAXボードのみ装着時は「ファクス」と表示されます。
    ※オプションのFAXボード装着時は「詳細設定」で受信文書、ファクス文書の排紙先を設定することが出来ます。
    ※「その他」はレポートをプリントする場合の排紙先になります。

以上で排紙先の変更は終了です。基本画面に戻るまで「閉じる」を押して下さい。

 

■各オプション装着時の排紙トレイ設定

INDEX
<フィニッシャー・R1、サドルフィニッシャー・R2装着時>

<フィニッシャー・R1、サドルフィニッシャー・R2+フィニッシャー用追加トレイ・A1装着時>

 

●フィニッシャー・R1、サドルフィニッシャー・R2装着時

専用トレイの設定(フィニッシャー装着時)

INDEXに戻る

 

●フィニッシャー・R1、サドルフィニッシャー・R2+フィニッシャー用追加トレイ・A1装着時

専用トレイの設定(フィニッシャー+追加トレイ装着時)

INDEXに戻る

 

■プリンタドライバで排紙先トレイの指定を行う

※排紙オプション未装着時、もしくはシフトトレイ装着時はプリンタドライバでの排紙先トレイの指定は行えません。

●LIPS LX/LIPS4/PS3互換プリンタドライバ使用時

・Windows環境で使用時

  1. プリンタドライバのプロパティを開きます。
    ※Windows2000をご使用の場合、「スタート」→「設定」→「プリンタ」からプロパティ画面を開いた場合は、「印刷設定」を押してください。
    ※WindowsXP/Server 2003をご使用の場合、「プリンタとFAX」からプロパティ画面を開いた場合は、「印刷設定」を押してください。
    ※WindowsVistaをご使用の場合、「コントロールパネル」→「プリンタ」からプロパティ画面を開いた場合は、「印刷設定」を押してください。
  2. 「仕上げ」タブを開き、「排紙先」を設定します。

・Mac OS環境で使用時

  1. 印刷時、「仕上げ」内の「排紙先」を設定します。
    ※PS3互換プリンタをMacOS X環境で使用時は「プリンタの機能」を開き、「機能セット」の「仕上げ」内の「排紙先」を設定します。

●PSプリントサーバユニット・G1使用時

・Windows環境で使用時

  1. プリンタドライバのプロパティを開きます。
    ※Windows2000をご使用の場合、「スタート」→「設定」→「プリンタ」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
    ※WindowsXP/Server 2003をご使用の場合、「プリンタとFAX」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
  2. 「Fiery印刷」タブを開き、「仕上げ」内の「排紙先」を設定します。

・Mac OS 9環境で使用時

  1. 印刷時、「仕上げ」内の「排紙先」を選択します。

・Mac OS X環境で使用時

  1. 印刷時、「プリンタの機能」を選択します。
  2. 「機能セット:」で「仕上げ」を選択し、「排紙先」を設定します。
戻る
排紙先トレイの変更を行う(iR C6800/C5800)

iR C6800/C5800でのコピー/FAX/プリント等の排紙先トレイの変更方法は下記の通りです。
※専用トレイの設定は「フィニッシャー・R1」、「サドルフィニッシャー・R2」、「フィニッシャー・R1、サドルフィニッシャー・R2+フィニッシャー用追加トレイ・A1」装着時のみ表示されます。
※プリンタとして使用時の排紙先のみを変更される場合は、下記「プリンタドライバで排紙先トレイの指定を行う」の方法でも変更が可能です。

オプション装着状態 工場出荷時の設定 トレイA/B/C
フィニッシャー・R1/サドルフィニッシャー・R2 トレイA:コピー、ボックス、プリンタ、受信/ファクス、その他
トレイB:コピー、ボックス、プリンタ、受信/ファクス、その他

フィニッシャー・R1/サドルフィニッシャー・R2 +フィニッシャー用追加トレイ・A1 トレイA:受信/ファクス、その他
トレイB:コピー、ボックス、プリンタ
トレイC:コピー、ボックス、プリンタ

  1. 「ユーザモード」キーを押し、液晶に表示された画面から「共通仕様設定」を押します。
  2. 「▼」を二度押し、「専用トレイの設定」を押します。
  3. 各トレイ(A、B、C)で使用する機能(コピー、ボックス、プリンタ、受信/ファクス、その他)を選択し「OK」を押します。
    ※装着されているオプションによりトレイA/B/Cの割当先、工場出荷時の各機能の排紙先トレイが異なります。各オプション装着時の画面は下記「 各オプション装着時の専用トレイ設定」をご参照ください。
    ※「プリンタ」はUFRプリンタ&スキャナキット・C1、PSプリントサーバユニット・D1装着時に表示されます。
    ※「受信/ファクス」はSend拡張キット・D1とスーパーG3FAXボード・P1装着時に表示されます。Send拡張キット・D1のみ装着時は「受信」、スーパーG3FAXボード・P1のみ装着時は「ファクス」と表示されます。
    ※オプションのスーパーG3FAXボード・P1装着時は「詳細設定」で受信文書、ファクス文書の排紙先を設定することが出来ます。
    ※「その他」はレポートをプリントする場合の排紙先になります。

以上で排紙先の変更は終了です。基本画面に戻るまで「閉じる」を押して下さい。

 

■各オプション装着時の専用トレイ設定

INDEX
<フィニッシャー・R1、サドルフィニッシャー・R2装着時>

<フィニッシャー・R1、サドルフィニッシャー・R2+フィニッシャー用追加トレイ・A1装着時>

●フィニッシャー・R1、サドルフィニッシャー・R2装着時

専用トレイの設定(フィニッシャー装着時)

INDEXに戻る

 

●フィニッシャー・R1、サドルフィニッシャー・R2+フィニッシャー用追加トレイ・A1装着時

専用トレイの設定(フィニッシャー+追加トレイ装着時)

INDEXに戻る

 

■プリンタドライバで排紙先トレイの指定を行う

※排紙オプション未装着時、もしくはシフトトレイ装着時はプリンタドライバでの排紙先トレイの指定は行えません。

●UFR/LIPS4プリンタドライバ使用時

・Windows環境で使用時

  1. プリンタドライバのプロパティを開きます。
    ※Windows2000をご使用の場合、「スタート」→「設定」→「プリンタ」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
    ※WindowsXP/Server 2003をご使用の場合、「プリンタとFAX」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
  2. 「仕上げ」タブを開き、「排紙先」を設定します。

・Mac OS環境で使用時

※排紙先トレイの変更を行うにはLIPS v5.40以降のプリンタドライバをご使用ください。

  1. 印刷時、「仕上げ」内の「排紙先」を設定します。

 

●PSプリントサーバユニット・D1V2使用時

※iR C6800使用時、PSプリントサーバユニット・D1では排紙先の指定は出来ません。

・Windows環境で使用時

  1. プリンタドライバのプロパティを開きます。
    ※Windows2000をご使用の場合、「スタート」→「設定」→「プリンタ」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
    ※WindowsXP/Server 2003をご使用の場合、「プリンタとFAX」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
  2. 「Fiery印刷」タブを開き、「仕上げ」内の「排紙先」を設定します。

・Mac OS 9環境で使用時

  1. 印刷時、「プリンタ固有機能」内の「排紙先」を選択します。

・Mac OS X環境で使用時

  1. 印刷時、「プリンタの機能」を選択します。
  2. 「機能セット:」で「仕上げ」を選択し、「排紙先」を設定します。
戻る
排紙先トレイの変更を行う(iR C5185/C5180/C4580/C4080/C3880)

iR C5185/C5180/C4580/C4080/C3880でのコピー/FAX/プリント等の排紙先トレイの変更方法は下記の通りです。
※フィニッシャー装着時、プリンタとして使用時の排紙先のみを変更される場合は、下記「プリンタドライバで排紙先トレイの指定を行う」の方法でも変更が可能です。

オプション装着状態 工場出荷時の設定 トレイA/B/C
フィニッシャ非装着時

※トレイBを使用する場合はコピートレイ・M1を、トレイCを使用する場合はコピートレイ・N1を必ず装着してください。

 

フィニッシャー・X1  

フィニッシャー・W1/サドルフィニッシャー・W2

※トレイCは「トレイCの切替で」上記いずれかのトレイに排紙可能です。

 

  1. 「初期設定/登録」キーを押し、液晶に表示された画面から「共通仕様設定」を押します。
  2. 「▼」を二度押し、「排紙先トレイの設定」を押します。
  3. 各トレイ(A、B、C)で使用する機能(コピー、ボックス、プリンタ、受信)を選択し「OK」を押します。
    ※装着されているオプションによりトレイA/B/Cの割当先、工場出荷時の各機能の排紙先トレイが異なります。
    ※「プリンタ」はLIPS LXプリンタ&スキャナキットもしくはPSプリントサーバユニット装着時に表示されます。
    ※「受信」はSend拡張時、「ファクス」はFAXボード装着時に表示されます。
    ※マルチポートFAXボードを装着時は、ファクスを2種類(ファクス1、ファクス2)設定することが出来ます。
    ※「その他」はレポートをプリントする場合の排紙先になります。
    ※フィニッシャー非装着時に、排紙先としてトレイB(コピートレイ・J1)を設定すると、プリントした面が表向きにして排紙されるため、プリント原稿と逆順になります。
    xx80排紙トレイ設定

以上で排紙先の変更は終了です。基本画面に戻るまで「閉じる」を押して下さい。

INDEXに戻る

 

■プリンタドライバで排紙先トレイの指定を行う

●LIPS LX/LIPS4/PS3互換プリンタドライバ使用時

・Windows環境で使用時

  1. プリンタドライバのプロパティを開きます。
    ※Windows2000をご使用の場合、「スタート」→「設定」→「プリンタ」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
    ※WindowsXP/Server 2003をご使用の場合、「プリンタとFAX」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
  2. 「仕上げ」タブを開き、「排紙先」を設定します。

・Mac OS環境で使用時

  1. 印刷時、「仕上げ」内の「排紙先」を設定します。

 

●PSプリントサーバユニット・H1使用時

・Windows環境で使用時

  1. プリンタドライバのプロパティを開きます。
    ※Windows2000をご使用の場合、「スタート」→「設定」→「プリンタ」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
    ※WindowsXP/Server 2003をご使用の場合、「プリンタとFAX」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
  2. 「Fiery印刷」タブを開き、「仕上げ」内の「排紙先」を設定します。

・Mac OS 9環境で使用時

  1. 印刷時、「仕上げ」内の「排紙先」を選択します。

・Mac OS X環境で使用時

  1. 印刷時、「プリンタの機能」を選択します。
  2. 「機能セット:」で「仕上げ」を選択し、「排紙先」を設定します。
戻る
排紙先トレイの変更を行う(iR C3580/3380/C3080/C2880/C2550F)

iR C3380/C2880でのコピー/FAX/プリント等の排紙先トレイの変更方法は下記の通りです。
※排紙オプションを装着しており、排紙口が2つ以上に拡張時、プリンタとして使用時の排紙先のみを変更される場合は、下記「プリンタドライバで排紙先トレイの指定を行う」の方法でも変更が可能です。

オプション装着状態 工場出荷時の設定 トレイA/B/C
コピートレイ・J1 トレイA:コピー、ボックス
トレイB:プリンタ、受信、ファクス、その他

専用トレイの設定(コピートレイ装着時)

インナー2ウェイトレイ・D1 トレイA:コピー、ボックス
トレイB:プリンタ、受信、ファクス、その他

専用トレイの設定(インナー2ウェイトレイ装着時)

インナー2ウェイトレイ・D1+コピートレイ・J1 トレイA:コピー、ボックス
トレイB:プリンタ
トレイC:受信、ファクス、その他

専用トレイの設定(インナー2ウェイ+コピートレイ装着時)

フィニッシャー・Z1+コピートレイ・J1 トレイA:コピー、ボックス、プリンタ
トレイB:受信、ファクス、その他

専用トレイの設定(フィニッシャー・Z1装着時)

フィニッシャー・Y1/サドルフィニッシャー・Y2+バッファパスユニット・E1

※iR C2550Fは非対応

トレイA:コピー、ボックス
トレイB:プリンタ
トレイC:受信、ファクス、その他

トレイ基本位置:トレイA

専用トレイの設定(フィニッシャー・Y装着時)
  1. 「初期設定/登録」キーを押し、液晶に表示された画面から「共通仕様設定」を押します。
  2. 「▼」を二度押し、「排紙先トレイの設定」を押します。
  3. 各トレイ(A、B、C)で使用する機能(コピー、ボックス、プリンタ、受信)を選択し「OK」を押します。
    ※装着されているオプションによりトレイA/B/Cの割当先、工場出荷時の各機能の排紙先トレイが異なります。
    ※「プリンタ」はLIPS LXプリンタ&スキャナキットもしくはPSプリントサーバユニット装着時に表示されます。
    ※「受信」はSend拡張時、「ファクス」はFAXボード装着時に表示されます。
    ※マルチポートFAXボードを装着時は、ファクスを2種類(ファクス1、ファクス2)設定することが出来ます。
    ※「その他」はレポートをプリントする場合の排紙先になります。

以上で排紙先の変更は終了です。基本画面に戻るまで「閉じる」を押して下さい。

INDEXに戻る

 

■プリンタドライバで排紙先トレイの指定を行う

●LIPS LX/LIPS4/PS3互換プリンタドライバ使用時

・Windows環境で使用時

  1. プリンタドライバのプロパティを開きます。
    ※Windows2000をご使用の場合、「スタート」→「設定」→「プリンタ」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
    ※WindowsXP/Server 2003をご使用の場合、「プリンタとFAX」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
  2. 「仕上げ」タブを開き、「排紙先」を設定します。

・Mac OS環境で使用時

  1. 印刷時、「仕上げ」内の「排紙先」を設定します。

 

●PSプリントサーバユニット・J1使用時

・Windows環境で使用時

  1. プリンタドライバのプロパティを開きます。
    ※Windows2000をご使用の場合、「スタート」→「設定」→「プリンタ」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
    ※WindowsXP/Server 2003をご使用の場合、「プリンタとFAX」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
  2. 「Fiery印刷」タブを開き、「仕上げ」内の「排紙先」を設定します。

・Mac OS 9環境で使用時

  1. 印刷時、「仕上げ」内の「排紙先」を選択します。

・Mac OS X環境で使用時

  1. 印刷時、「プリンタの機能」を選択します。
  2. 「機能セット:」で「仕上げ」を選択し、「排紙先」を設定します。
戻る
排紙先トレイの変更を行う(iR C3220/C2620)

iR C3220/C2620でのコピー/FAX/プリント等の排紙先トレイの変更方法は下記の通りです。
※フィニッシャー装着時、プリンタとして使用時の排紙先のみを変更される場合は、下記「プリンタドライバで排紙先トレイの指定を行う」の方法でも変更が可能です。

オプション装着状態 工場出荷時の設定 トレイA/B/C
フィニッシャ非装着時

※トレイCを排紙先として使用する場合は、オプションのコピートレイユニット・H1を必ず装着してください。
※トレイBとトレイA/Cを同時に選択することはできません。

トレイA:コピー、ボックス、プリンタ、受信/ファクス、その他
トレイB/C:指定なし
フィニッシャー・M1装着時 トレイA:コピー、ボックス、プリンタ
トレイB:受信/ファクス、その他
フィニッシャーN1装着時 トレイA:コピー、ボックス
トレイB:プリンタ
トレイC:受信/ファクス、その他
サドルフィニッシャー・N2装着時 トレイA:コピー、ボックス
トレイB:プリンタ
トレイC:受信/ファクス、その他
  1. 「ユーザモード」キーを押し、液晶に表示された画面から「共通仕様設定」を押します。
  2. 「▼」を二度押し、「専用トレイの設定」を押します。
  3. 各トレイ(A、B、C)で使用する機能(コピー、ボックス、プリンタ、受信/ファクス、その他)を選択し「OK」を押します。
    ※装着されているオプションによりトレイA/B/Cの割当先、工場出荷時の各機能の排紙先トレイが異なります。各オプション装着時の画面は下記「 各オプション装着時の専用トレイ設定」をご参照ください。
    ※「プリンタ」はUFRプリンタ&スキャナキットもしくはPSプリントサーバユニット装着時に表示されます。
    ※「受信/ファクス」はSend拡張キットとFAXボード装着時に表示されます。Send拡張キットのみ装着時は「受信」、FAXボードのみ装着時は「ファクス」と表示されます。
    ※オプションのFAXボード装着時は「詳細設定」で受信文書、ファクス文書の排紙先を設定することが出来ます。
    ※「その他」はレポートをプリントする場合の排紙先になります。
    ※フィニッシャー非装着時に、排紙先としてサイド排紙トレイ(トレイB)を設定すると、プリントした面が表向きにして排紙されるため、プリント原稿と逆順になります。

以上で排紙先の変更は終了です。基本画面に戻るまで「閉じる」を押して下さい。

 

■各オプション装着時の専用トレイ設定

INDEX
<フィニッシャー非装着時>

<フィニッシャー・M1装着時>

<フィニッシャー・N1/サドルフィニッシャー・N2装着時>

 

●フィニッシャー非装着時

専用トレイの設定(フィニッシャー未装着時)

INDEXに戻る

 

●フィニッシャー・M1装着時

専用トレイの設定(フィニッシャーM1装着時)

INDEXに戻る

 

●フィニッシャー・N1/サドルフィニッシャー・N2装着時

専用トレイの設定(サドルフィニッシャーN2装着時)

INDEXに戻る

 

■プリンタドライバで排紙先トレイの指定を行う

※排紙オプション未装着時はプリンタドライバでの排紙先トレイの指定は行えません。

●UFR/LIPS4/PS3互換プリンタドライバ使用時

・Windows環境で使用時

  1. プリンタドライバのプロパティを開きます。
    ※Windows2000をご使用の場合、「スタート」→「設定」→「プリンタ」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
    ※WindowsXP/Server 2003をご使用の場合、「プリンタとFAX」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
  2. 「仕上げ」タブを開き、「排紙先」を設定します。

・Mac OS環境で使用時

  1. 印刷時、「仕上げ」内の「排紙先」を設定します。

 

●PSプリントサーバユニット使用時

・Windows環境で使用時

  1. プリンタドライバのプロパティを開きます。
    ※Windows2000をご使用の場合、「スタート」→「設定」→「プリンタ」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
    ※WindowsXP/Server 2003をご使用の場合、「プリンタとFAX」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
  2. 「Fiery印刷」タブを開き、「仕上げ」内の「排紙先」を設定します。

・Mac OS 9環境で使用時

PSプリントサーバユニット・C1V2使用時

  1. 印刷時、「プリンタ固有機能」内の「排紙先」を選択します。

PSプリントサーバユニット・C2使用時

  1. 印刷時、「仕上げ」内の「排紙先」を選択します。

・Mac OS X環境で使用時

  1. 印刷時、「プリンタの機能」を選択します。
  2. 「機能セット:」で「仕上げ」を選択し、「排紙先」を設定します。
戻る
排紙先トレイの変更を行う(iR C3200)

iR C3200でのコピー/FAX/プリント等の排紙先トレイの変更方法は下記の通りです。
※フィニッシャー、PSプリントサーバユニット・C1V2装着時、プリント時の排紙先のみを変更される場合は、下記「プリンタドライバで排紙先トレイの指定を行う」の方法でも変更が可能です。

オプション装着状態 工場出荷時の設定 トレイA/B/C
フィニッシャ非装着時

※トレイCを排紙先として使用する場合は、オプションのコピートレイユニット・H1を必ず装着してください。
※トレイBとトレイA/Cを同時に選択することはできません。

トレイA:コピー、ボックス、プリンタ、受信/ファクス、その他
トレイB/C:指定なし
フィニッシャー・M1装着時 トレイA:コピー、ボックス、プリンタ
トレイB:受信/ファクス、その他
フィニッシャーN1装着時 トレイA:コピー、ボックス
トレイB:プリンタ
トレイC:受信/ファクス、その他
サドルフィニッシャー・N2装着時 トレイA:コピー、ボックス
トレイB:プリンタ
トレイC:受信/ファクス、その他
  1. 「ユーザモード」キーを押し、液晶に表示された画面から「共通仕様設定」を押します。
  2. 「▼」を一度押し、「専用トレイの設定」を押します。
  3. 各トレイ(A、B、C)で使用する機能(コピー、ボックス、プリンタ、受信/ファクス、その他)を選択し「OK」を押します。
    *装着されているオプションによりトレイA/B/Cの割当先、工場出荷時の各機能の排紙先トレイが異なります。各オプション装着時の画面は下記「 各オプション装着時の専用トレイ設定」をご参照ください。
    *「プリンタ」はUFRプリンタ&スキャナキットもしくはPSプリントサーバユニット装着時に表示されます。
    *「受信/ファクス」はSend拡張キットとFAXボード装着時に表示されます。Send拡張キットのみ装着時は「受信」、FAXボードのみ装着時は「ファクス」と表示されます。
    *オプションのFAXボード装着時は「詳細設定」で受信文書、ファクス文書の排紙先を設定することが出来ます。
    *「その他」はレポートをプリントする場合の排紙先になります。
    *フィニッシャー非装着時に、排紙先としてサイド排紙トレイ(トレイB)を設定すると、プリントした面が表向きにして排紙されるため、プリント原稿と逆順になります。

以上で排紙先の変更は終了です。基本画面に戻るまで「閉じる」を押して下さい。

 

■トレイA/B/Cの割り当て先と工場出荷時の専用トレイ設定

INDEX
<フィニッシャー非装着時>

<フィニッシャー・M1装着時>

<フィニッシャー・N1/サドルフィニッシャー・N2装着時>

 

●フィニッシャー非装着時

専用トレイの設定(フィニッシャー未装着時)

INDEXに戻る

 

●フィニッシャー・M1装着時

専用トレイの設定(フィニッシャーM1装着時)

INDEXに戻る

 

●フィニッシャー・N1/サドルフィニッシャー・N2装着時

専用トレイの設定(サドルフィニッシャーN2装着時)

INDEXに戻る

 

■プリンタドライバで排紙先トレイの指定を行う

※排紙オプション未装着時はプリンタドライバでの排紙先トレイの指定は行えません。

●PSプリントサーバユニット・C1V2使用時

・Windows環境で使用時

  1. プリンタドライバのプロパティを開きます。
    ※Windows2000をご使用の場合、「スタート」→「設定」→「プリンタ」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
    ※WindowsXP/Server 2003をご使用の場合、「プリンタとFAX」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
  2. 「Fiery印刷」タブを開き、「仕上げ」内の「排紙先」を設定します。

・Mac OS 9環境で使用時

  1. 印刷時、「プリンタ固有機能」内の「排紙先」を選択します。

・Mac OS X環境で使用時

  1. 印刷時、「プリンタの機能」を選択します。
  2. 「機能セット:」で「仕上げ」を選択し、「排紙先」を設定します。
戻る
排紙先トレイの変更を行う(iR C3170/C2570)

iR C3170/C2570でのコピー/FAX/プリント等の排紙先トレイの変更方法は下記の通りです。
※専用トレイの設定は「インナー2ウェイトレイ・C1」、「インナー2ウェイトレイ・C1+コピートレイ・J1」、「フィニッシャー・P1+コピートレイ・J1」、「フィニッシャー・Q1/Q3/サドルフィニッシャー・Q2/Q4」、「フィニッシャー・Q1/Q3/サドルフィニッシャー・Q2/Q4+フィニッシャー用追加トレイ・A1」装着時のみ表示されます。
※プリンタとして使用時の排紙先のみを変更される場合は、下記「プリンタドライバで排紙先トレイの指定を行う」の方法でも変更が可能です。

オプション装着状態 工場出荷時の設定 トレイA/B/C
インナー2ウェイトレイ・C1 トレイA:コピー、ボックス
トレイB:プリンタ、受信/ファクス、その他
専用トレイの設定(インナー2ウェイトレイ装着時)
インナー2ウェイトレイ・C1+コピートレイ・J1 トレイA:コピー、ボックス
トレイB:プリンタ
トレイC:受信/ファクス、その他
専用トレイの設定(インナー2ウェイ+コピートレイ装着時)
フィニッシャー・P1+コピートレイ・J1 トレイA:コピー、ボックス、プリンタ
トレイB:受信/ファクス、その他
専用トレイの設定(フィニッシャー・P1装着時)
フィニッシャー・Q1/Q3/サドルフィニッシャー・Q2/Q4 トレイA:コピー、ボックス
トレイB:プリンタ、受信/ファクス、その他

トレイ基本位置:トレイA

専用トレイの設定(フィニッシャー・Q装着時)
フィニッシャー・Q1/Q3/サドルフィニッシャー・Q2/Q4+フィニッシャー用追加トレイ・A1 トレイA:受信/ファクス、その他
トレイB:コピー、ボックス
トレイC:プリンタ

トレイ基本位置:トレイB

専用トレイの設定(フィニッシャー・Q+追加トレイ装着時)
  1. 「ユーザモード」キーを押し、液晶に表示された画面から「共通仕様設定」を押します。
  2. 「▼」を二度押し、「排紙トレイの設定」を押します。
  3. 各トレイ(A、B、C)で使用する機能(コピー、ボックス、プリンタ、受信/ファクス、その他)を選択し「OK」を押します。
    ※装着されているオプションによりトレイA/B/Cの割当先、工場出荷時の各機能の排紙先トレイが異なります。
    ※「プリンタ」はLIPS LXプリンタ&スキャナキット、もしくはPSプリントサーバユニット装着時に表示されます。
    ※「受信/ファクス」はSend拡張キットとFAXボード装着時に表示されます。Send拡張キットのみ装着時は「受信」、FAXボードのみ装着時は「ファクス」と表示されます。
    ※オプションのFAXボード装着時は「詳細設定」で受信文書、ファクス文書の排紙先を設定することが出来ます。
    ※「その他」はレポートをプリントする場合の排紙先になります。

以上で排紙先の変更は終了です。基本画面に戻るまで「閉じる」を押して下さい。

INDEXに戻る

 

 

■プリンタドライバで排紙先トレイの指定を行う

※排紙オプション未装着時、もしくはフィニッシャー・P1のみ装着時はプリンタドライバでの排紙先トレイの指定は行えません。

●LIPS LX/LIPS4/PS3互換プリンタドライバ使用時

・Windows環境で使用時

  1. プリンタドライバのプロパティを開きます。
    ※Windows2000をご使用の場合、「スタート」→「設定」→「プリンタ」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
    ※WindowsXP/Server 2003をご使用の場合、「プリンタとFAX」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
  2. 「仕上げ」タブを開き、「排紙先」を設定します。

・Mac OS環境で使用時

  1. 印刷時、「仕上げ」内の「排紙先」を設定します。
    ※PS3互換プリンタをMacOS X環境で使用時は「プリンタの機能」を開き、「機能セット」の「仕上げ」内の「排紙先」を設定します。

 

●PSプリントサーバユニット使用時

・Windows環境で使用時

  1. プリンタドライバのプロパティを開きます。
    ※Windows2000をご使用の場合、「スタート」→「設定」→「プリンタ」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
    ※WindowsXP/Server 2003をご使用の場合、「プリンタとFAX」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
  2. 「Fiery印刷」タブを開き、「仕上げ」内の「排紙先」を設定します。

・Mac OS 9環境で使用時

PSプリントサーバユニット・F1使用時

  1. 印刷時、「プリンタ固有機能」内の「排紙先」を選択します。

PSプリントサーバユニット・F2使用時

  1. 印刷時、「仕上げ」内の「排紙先」を選択します。

・Mac OS X環境で使用時

  1. 印刷時、「プリンタの機能」を選択します。
  2. 「機能セット:」で「仕上げ」を選択し、「排紙先」を設定します。
戻る
排紙先トレイの変更を行う(iR C3100)

iR C3100でのコピー/FAX/プリント等の排紙先トレイの変更方法は下記の通りです。
※専用トレイの設定は「インナー2ウェイトレイ・C1」、「インナー2ウェイトレイ・C1+コピートレイ・J1」、「フィニッシャー・P1+コピートレイ・J1」、「フィニッシャー・Q1/サドルフィニッシャー・Q2」、「 フィニッシャー・Q1/サドルフィニッシャー・Q2+フィニッシャー用追加トレイ・A1」装着時のみ表示されます。
※UFR/LIPS4プリンタとして使用時の排紙先のみを変更される場合は、下記「プリンタドライバで排紙先トレイの指定を行う」の方法でも変更が可能です。

オプション装着状態 工場出荷時の設定 トレイA/B/C
インナー2ウェイトレイ・C1 トレイA:コピー、ボックス
トレイB:プリンタ、受信/ファクス、その他
インナー2ウェイトレイ・C1+コピートレイ・J1 トレイA:コピー、ボックス
トレイB:プリンタ
トレイC:受信/ファクス、その他
フィニッシャー・P1+コピートレイ・J1 トレイA:コピー、ボックス、プリンタ
トレイB:受信/ファクス、その他
フィニッシャー・Q1/サドルフィニッシャー・Q2 トレイA:コピー、ボックス
トレイB:プリンタ、受信/ファクス、その他
フィニッシャー・Q1/サドルフィニッシャー・Q2+フィニッシャー用追加トレイ・A1 トレイA:受信/ファクス、その他
トレイB:コピー、ボックス
トレイC:プリンタ
  1. 「ユーザモード」キーを押し、液晶に表示された画面から「共通仕様設定」を押します。
  2. 「▼」を二度押し、「専用トレイの設定」を押します。
  3. 各トレイ(A、B、C)で使用する機能(コピー、ボックス、プリンタ、受信/ファクス、その他)を選択し「OK」を押します。
    ※装着されているオプションによりトレイA/B/Cの割当先、工場出荷時の各機能の排紙先トレイが異なります。各オプション装着時の画面は下記「 各オプション装着時の専用トレイ設定」をご参照ください。
    ※「プリンタ」はUFRプリンタ&スキャナキット、もしくはPSプリントサーバユニット装着時に表示されます。
    ※「受信/ファクス」はSend拡張キットとFAXボード装着時に表示されます。Send拡張キットのみ装着時は「受信」、FAXボードのみ装着時は「ファクス」と表示されます。
    ※オプションのFAXボード装着時は「詳細設定」で受信文書、ファクス文書の排紙先を設定することが出来ます。
    ※「その他」はレポートをプリントする場合の排紙先になります。

以上で排紙先の変更は終了です。基本画面に戻るまで「閉じる」を押して下さい。

 

■各オプション装着時の専用トレイ設定

INDEX

<インナー2ウェイトレイ・C1装着時>
<インナー2ウェイトレイ・C1+コピートレイ・J1装着時>
<フィニッシャー・P1+コピートレイ・J1装着時>

 

●インナー2ウェイトレイ・C1装着時

専用トレイの設定(インナー2ウェイトレイ装着時)

INDEXに戻る

 

●インナー2ウェイトレイ・C1+コピートレイ・J1装着時

専用トレイの設定(インナー2ウェイ+コピートレイ装着時)

INDEXに戻る

 

●フィニッシャー・P1+コピートレイ・J1装着時

専用トレイの設定(フィニッシャー・P1装着時)

INDEXに戻る

 

■プリンタドライバで排紙先トレイの指定を行う

※排紙オプション未装着時、もしくはフィニッシャー・P1のみ装着時はプリンタドライバでの排紙先トレイの指定は行えません。

・Windows環境で使用時

※排紙先トレイの変更を行うにはUFR使用時はv1.20以降、LIPS4使用時はv10.20以降のプリンタドライバをご使用ください。

  1. プリンタドライバのプロパティを開きます。
    ※Windows2000をご使用の場合、「スタート」→「設定」→「プリンタ」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
    ※WindowsXP/Server 2003をご使用の場合、「プリンタとFAX」から画面を開かれる場合は、「印刷設定」を開いてください。
  2. 「仕上げ」タブを開き、「排紙先」を設定します。

・Mac OS環境で使用時

※排紙先トレイの変更を行うにはLIPS4 v5.40以降のプリンタドライバをご使用ください。

  1. 印刷時、「仕上げ」内の「排紙先」を設定します。
戻る
関連情報:
  • 各排紙トレイで排紙可能な用紙
  • プリンタドライバで使用可能な機能の一部が非表示、グレー表示や進入禁止マークが付くなど使用できない
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR C2550F / iR C2570 / iR C2570F / iR C2620 / iR C2620N / iR C2880 / iR C2880F / iR C3080 / iR C3080F / iR C3100 / iR C3100F / iR C3100N / iR C3100i / iR C3170 / iR C3170F / iR C3200 / iR C3200N / iR C3220 / iR C3220N / iR C3380 / iR C3380F / iR C3580 / iR C3580F / iR C3880 / iR C3880F / iR C4080 / iR C4080F / iR C4580 / iR C4580F / iR C5180 / iR C5180N / iR C5185 / iR C5185N / iR C5800 / iR C5800N / iR C5870 / iR C5870N / iR C5880N / iR C6800 / iR C6800N / iR C6870 / iR C6870N / iR C6880N

 

[TOP▲]
このページのトップへ