送信/受信時の終了コード一覧



送信/受信時の終了コード一覧
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000023102



送信・受信のときにエラー時の終了コードは、システム状況画面のジョブ履歴の詳細情報画面、リモートUIのジョブ履歴画面、通信管理レポートなどのレポートで確認することが可能です。



詳細情報:
  1. #001〜#107
  2. #701〜#770
  3. #801〜#995

【詳細1】#001〜#107
終了コード 原因 処理
#001
  1. フィーダの手差し給紙口に原稿が詰まりました。
  2. 原稿サイズ混載の設定をしないまま、異なるサイズの原稿を読み込みました。
  3. 原稿サイズ混載の設定をしないまま、異なるサイズの原稿を両面読み込みしました。
原稿と設定を確認し、もう一度やり直してください。
#003 既定時間(64分)以上の通信エラーになります。
  1. 解像度を下げて送信してください。
  2. 受信の場合は、相手先に読み取りの時の解像度を下げるか、原稿を分けて送信するよう伝えてください。
#005
  1. 35秒以内に相手先が応答しませんでした。
  2. 相手機がG3以外の機種です。
  1. 相手先が通信可能な状態であることを確認して、もう一度やり直してください。
  2. 相手機を確認してください。
#009
  1. 用紙がありません。
  2. カセットが正しくセットされていません。
  1. 用紙を補給してください。
  2. .カセットを正しくセットし直してください。
#011 送信原稿が正しくセットされていませんでした もう一度はじめからやりなおしてください。
#012 相手機の記録紙がないため、送信できませんでした。 記録紙を補給するように、相手先に連絡してください。
#018
  1. リダイヤルしても応用がありませんでした。
  2. 相手先が通話中などで送信できませんでした。
  3. 相手機との設定不一致のため送信できませんでした。
相手先が通信可能な状態であることを確認して、もう一度やり直してください。
#022
  1. 転送先として指定したグループ宛先の内容が、削除されていたかユーザボックスのみであったため、転送できませんでした。
  2. 宛先表に登録されている宛先へ送信するとき、送信待機中に宛先表から宛先が削除されたため、送信できませんでした。
  3. ファクスドライバからの送信が許可されていません。
  1. もう一度送信してください。
  2. もう一度送信してください。
  3. システム管理設定の宛先(送信機能)の制限で「ファクスドライバからの送信を許可」がOFFに設定されています。ONに設定してください。
#037
  1. メモリの空き容量がないため、受信できませんでした。
  2. 1000ページ以上のデータを受信しました。
  1. エラー文書や不要な文書を削除して、メモリの空き容量を増やしてください。
  2. 本製品は、1000ページ目以降のデータを削除して、999ページ目までをプリントまたはメモリ受信します。つづきのページは送信しなおしてもらいます。
#080 相手機にFコードが設定されていません。 相手先のFコードを確認して、もう一度やり直してください。
#081 相手機にパスワードが設定されていません。 相手先のパスワードを確認して、もう一度やり直してください。
#099 送信が中止されました。 もう一度送信してください。
#102 Fコード、パスワードが一致しません。 相手先のFコードとパスワードを確認して、もう一度やりなおしてください。
#107 メモリの空き容量がないため、送信できませんでした。
  1. メモリコピーが終了した後に送信しなおしてください。
  2. 解像度を下げて送信しなおしてください。
  3. 不要な文書を削除してメモリの空き容量を増やしてください。
  4. 頻繁に発生する場合は担当サービスまでおたずねください。
戻る

【詳細2】#701〜#770
終了コード 原因 処理
#701
  1. ジョブを投入した時に設定した部門IDが存在しません。または、パスワードを変更しました。
  2. ジョブの実行中に部門IDまたは暗証番号が変更されました。もしくは不定IDプリントジョブの受付設定が「OFF」になっています。
  1. 正しい部門IDまたは、暗証番号をテンキーで入力して、もう一度送信してください。
  2. システム管理者に連絡してください。
#702 メモリがいっぱいになっていて、送信できません。
  1. しばらくお待ちください。他の送信ジョブが終了してから、もう一度送信してください。
  2. 一度にたくさんの宛先に送信せずに、宛先を分割して送信してください。
#703 メモリの画像領域がいっぱいになり、書き込みができません。
  1. しばらくお待ちください。他の送信ジョブが終了してから、もう一度送信してください。
  2. ボックス内の文書を削除してください。それでも正常に動作しない場合は、本製品の主電源を入れなおしてください。
#704 宛先表から宛先情報を取得するときに、何らかのエラーが発生しました。 宛先の設定を確認してください。それでも正常に動作しない場合は、本製品の主電源を入れなおしてください。
#705 画像データサイズがユーザモード(初期設定/登録)で設定した送信データサイズ上限値よりも大きいため、送信処理を中断しました。 システム管理設定の通信管理設定で送信データサイズ上限値を設定しなおしてください。低解像度モードを選択したり、Iファクスの場合は一度に送信する画像の枚数を減らすなどして、送信データサイズ上限値を超えないように送信してください。
データ分割対応機種では、相手先の条件によっては、データの分割を行ってください。
#706 リモートUIから宛先表がインポート/エクスポート中もしくは、他の送信コンポーネントと使用が重なりました。 もう一度送信してください。
#711 ボックス内のメモリがいっぱいです。 ボックス内の文書を削除してください。
#712 ボックス内の文書がいっぱいです。 ボックス内の文書を削除してください。
#713 URLを送信する前に、ボックス内の文書が削除されました。 必要な文書をボックス内に保存し、もう一度送信してください。
#751 サーバが立ち上がっていません。ネットワークが切れています。
(送信先に接続できない場合と、途中で断線した場合があります。)
送信先を確認してください。ネットワークを確認してください。
#752 電子メール/IファクスのSMTPサーバ名の設定が間違っているか、サーバが立ち上がっていません。または、ドメイン名、電子メールアドレスの設定がされていません。ネットワークが切れています。 システム管理設定のネットワーク設定でSMTPサーバ名、ドメイン名、電子メールアドレスの設定を確認してください。SMTPサーバが正常に動作しているか確認してください。ネットワークの状態を確認してください。
#753 電子メールの送信時にTCP/IPでのエラーが発生しました。
(Socket、Selectエラー等)
ネットワークケーブルとコネクタの状態を確認してください。それでも正常に動作しない場合は、本製品の主電源を入れなおしてください。
#754 送信時にサーバが立ち上がっていないか、ネットワークが切れています。宛先の設定が間違っています。 サーバ、ネットワークを確認してください。宛先の設定を確認してください。
#755
  1. TCP/IPが正しく動作していないため、送信できません。
  2. IPアドレスが設定されていません。
  3. 本製品立ち上げ時、DHCP、RARP、BOOTPのいずれかでIPアドレスが割り当てが行われていません。
TCP/IP設定を確認してください。
#756 システム管理設定のNetWare設定の「NetWareを使用」が「OFF」に設定されています。 システム管理設定のネットワーク設定で「NetWareを使用」を「ON」に設定してください。
#760
  • ICカードが挿入されていません。
  • ICカードが途中で別のものに入替えられています。
  • サポート外のICカードが挿入されています。
  • ICカードが壊れている可能性が有ります。
  1. ICカードを挿入してください。送信が終了するまでICカードを抜かないでください。
  2. ログイン時に使用したICカードを挿入してください。送信が終了するまでICカードを抜かないでください
  3. 正規のICカードを挿入してください。
  4. 担当サービスまでご連絡ください。
#761 電子署名をつけたPDF送信時に、本製品に設定されている証明書または鍵ペアが壊れている、もしくはアクセス出来ないため送信できませんでした
  1. ユーザ書名をつけたPDF送信の場合は、ユーザ証明書が壊れていないか確認ください。ユーザ証明書が壊れていた場合には、ユーザ証明書の再インストールを行ってください。
  2. 機器署名をつけたPDF送信の場合は、機器証明書が壊れていないか確認してください。機器証明書が壊れていた場合には、機器証明書の再生成を行ってください。
#763 タイムスタンプをつけたPDF送信時にライセンスファイルが壊れているか、ライセンスファイルのパスワードが間違っているため、エラーが発生しました。
  1. ライセンスファイルの再設定を行ってください。
  2. ライセンスファイルのパスワードを再設定してください。
#764
  1. DNS設定やプロキシ設定が間違っているため、タイムスタンプサーバと接続できませんでした。
  2. ネットワーク回線に異常があるためタイムスタンプサーバと接続できませんでした
  1. システム管理設定のネットワーク設定で、DNS設定、プロキシ設定を確認してください。
  2. DNSサーバ、プロキシサーバ、ネットワークの状態を確認してください
#765 本製品のタイムスタンプモジュールが正常に機能していません。 本製品の主電源を入れなおしてください。それでも正常に動作しない場合は、担当サービスまでご連絡ください。
#766 電子署名つきPDF送信時に使用する証明書の有効期限が切れています。
  1. 証明書を更新してください。または、有効期限が切れていない証明書を使用してください。
  2. 本製品の時刻を正しく設定してください。
#767 タイムスタンプ設定のサーバアドレスが間違っているため、タイムスタンプサーバに接続できませんでした。 システム管理設定のネットワーク設定で、タイムスタンプ設定のサーバアドレスを確認してください。
#770 WebDAV送信時に、WebDAVサーバ側、プロキシサーバ側がSSL通信をサポートしていないため、送信できませんでした。
  1. WebDAVサーバの設定を確認してください。
  2. プロキシを経由する場合は、プロキシサーバを確認してください。
戻る

【詳細3】#801〜#995
終了コード 原因 処理
#801
  1. 電子メールの送信またはIファクス送受信のため、SMTPサーバとの通信をしている際に、メールサーバ側の要因でタイムアウトエラーが発生しました。
  2. SMTP接続中にSMTPサーバからエラーが返ってきました。宛先の設定が正しくありません。ファイルサーバへ送信しているときに、サーバ側の要因でエラーが発生しました。
  3. 書き込み権限を持っていない宛先へ送信しました。
  4. ファイルサーバ送信時に同名のファイルが存在し、さらにファイルの上書きが禁止されています。
  5. ファイルサーバ送信時に指定されたフォルダ名あるいはパスワードが間違っています。
  1. SMTPが正常に動作しているか確認してください。ネットワークの状態を確認してください。
  2. SMTPが正常に動作しているか確認してください。ネットワークの状態を確認してください。宛先の設定を確認してください。ファイルサーバの状態や設定を内容を確認してください。
  3. 宛先の設定を確認してください。
  4. ファイルサーバの設定を上書き可能に変更してください。
  5. 宛先の設定を確認してください。
#802 システム管理設定での電子メール/IファクスのSMTPサーバの設定が間違っています。DNSサーバ名の設定が間違っています。DNSサーバとの接続ができませんでした。 システム管理設定のネットワーク設定でSMTPサーバ名、DNSサーバ名の設定を確認してください。DNSサーバが正常に動作ひているか確認してください。
#803 すべてのページの送信が終わるまえに、受信側によってネットワークが切断されました。 もう一度送信してください。
#804
  1. ファイルサーバに送信したとき、指定されたディレクトリ名に一致するものがありませんでした。
  2. フォルダへのアクセス権がありません。
  1. 宛先を確認してください。
  2. サーバ側でフォルダへのアクセスを許可するように設定してください。
#806
  1. ファイルサーバ送信時に指定されたユーザ名あるいはパスワードが間違っています。
  2. 電子メール/Iファクス送信時に指定した宛先が間違っています。
  1. 宛先のユーザ名あるいはパスワードを変更してください。
  2. 電子メール/Iファクスの宛先を確認してください。
#810
  1. Iファクスを受信した時にPOPサーバ接続エラーが発生しました。
  2. POPサーバとの接続中にPOPサーバからエラーが返ってきました。
  3. POPサーバとの接続中にサーバ側の要因でタイムアウトエラーが発生しました。
ユーザモード(初期設定/登録)のPOPサーバ名設定を確認してください。POPサーバの動作確認をしてください。ネットワークの状態を確認してください。

 

#815 本製品からファイルサーバに送信した文書をプリントしているときは、再度同一ファイルサーバにログインすることはできません。 しばらく待って再送信するか、送信先のNetWareサーバを変更するか、またはPServerを停止してください。
#818 受信したデータは印刷できないファイル形式です。 ファイル形式を変更して、送信しなおしてもらいます。
#819 扱えないデータを受信しました。
(MIME情報が不正です。)
設定を確認して、送信しなおしてもらいます。
#820 扱えないデータを受信しました。
(BASE64またはuuencodeが不正です。)
設定を確認して、送信しなおしてもらいます。
#821 扱えないデータを受信しました。
(TIFF解析エラーが発生しました。)
設定を確認して、送信しなおしてもらいます。
#822 扱えないデータを受信しました。
(画像をデコードできません。)
設定を確認して、送信しなおしてもらいます。
#827 扱えないデータを受信しました。
(サポート外のMIME情報があります。)
設定を確認して、送信しなおしてもらいます。
#828 HTMLのデータを受信しました。 HTML以外の形式で送信しなおしてもらいます。
#829 1000ページ以上のデータを受信しました。 本製品は、1000ページ目以降のデータを削除して、999ページ目までをプリントまたはメモリ受信します。つづきのページは送信しなおしてもらいます。
#830 Iファクスアドレスや相手先の条件の設定が間違っていたり、送信した文書のデータサイズがメールサーバの許容量を超えていたことなどが原因で、DNSエラー通知を受信しました。
  1. 指定したIファクスアドレスと相手先の条件を確認してください。
  2. ユーザモード(初期設定/登録)の送信データサイズ上限値を、メールサーバの許容量よりも小さく設定しなおしてください。
  3. メールサーバ、DNSサーバ、ネットワークの状態を確認してください。
#831 ユーザモード(初期設定/登録)のIPアドレス範囲設定の受信/印刷範囲設定の設定内容によって、IファクスをSMTP受信できませんでした。 ユーザモード(初期設定/登録)のIPアドレス範囲設定の受信/印刷範囲設定を再設定してください。
#832 ユーザモード(初期設定/登録)の電子メール設定やネットワーク設定がされていなかったり、メールサーバのトラブルのため、DNSメールを送信出来ませでした。
  1. ユーザモード(初期設定/登録)のネットワーク設定のDNS設定、電子メール/Iファクス、IPアドレス設定を確認してください。
  2. メールサーバやDNSサーバの状態を確認してください。
#833 ユーザモード(初期設定/登録)のネットワーク設定がされていなかったり、メールサーバのトラブルのため、MDN(送信確認)メールを送信できませんでした。
  1. ユーザモード(初期設定/登録)のネットワーク設定のDNS設定、電子メール/Iファクス、IPアドレス設定を確認してください。
  2. メールサーバやDNSサーバの状態を確認してください。
#834 Iファクスアドレスや相手先の条件の設定が間違っていたり、ネットワークやメールサーバのトラブル、相手先のメモリフルなどが発生したため、MDNエラー通知を受信しました。 指定したIファクスアドレスと、相手先の条件を確認してください。
#835 Iファクスで受信できる最大テキスト行数を超えました。 本文のテキスト行を減らしてから、送信しなおしてもらいます。
#837 ユーザモード(初期設定/登録)の「IPアドレス範囲設定」で制限されるホストからの接続要求がありました。 ユーザモード(初期設定/登録)内のIPアドレス範囲設定の設定を確認してください。
不正にアクセスしている可能性もあります。
#839 電子メール/IファクスのSMTP認証(SMTP AUTH)のユーザ名、またはパスワードが間違っています。 システム管理設定のネットワーク設定で、SMTP認証(SMTP AUTH)のユーザ名、パスワードの設定を確認してください
#841 電子メール、Iファクスの送信で、メールサーバと共通の暗号アルゴリズムが存在しません。
  1. システム管理設定のネットワーク設定で、SSLの許可を「OFF」に設定してください。
  2. メールサーバの設定に、共通の暗号アルゴリズムを加えてください。
#842 電子メール、Iファクス送信で、メールサーバよりクライアント証明書を使用した認証を要求されました。
  1. システム管理設定のネットワーク設定で、SSLの許可を「OFF」に設定してください。
  2. メールサーバの設定を、クライアント証明書を要求しないように変更してください。
#843 KDC(Key Distribution Center)サーバの時刻と、本製品に設定されている時刻が大きく異なっています。
  1. タイマー設定(システム管理設定)の日付/時刻設定で、日時を修正してください。
  2. KDC(Key Distribution Center)サーバの時刻を修正してください。
#844 POP before SMTP送信時に、POPサーバーとのSSL暗号化通信に失敗しました
  1. POPサーバーのSSL暗号化通信設定を確認してください。
  2. 通信設定]で<SSLの許可(POP)>を「OFF」に設定してください。解決しないときは、[通信設定]で<送信前のPOP認証>を「OFF」に設定して、通信設定をPOP before SMTP以外の設定に切り替えてください。
#845 POP before SMTP送信時に、POP認証(POP AUTH)に失敗しました
  1. [通信設定]のPOPアドレス、POPパスワードの設定を確認してください。
  2. POPサーバーのPOP認証設定を確認してください。[通信設定]の<POP認証方式>で「標準」または「APOP」を選択してください。解決しないときは、[通信設定]で<送信前のPOP認証>を「OFF」に設定して、通信設定をPOP before SMTP以外の設定に切り替えてください。
#846 POP before SMTP送信時に、POP認証(APOP)に失敗しました。
  1. [通信設定]のPOPアドレス、POPパスワードの設定を確認してください。
  2. POPサーバーのAPOP設定を確認してください。
  3. [通信設定]の<POP認証方式>で「標準」または「POP AUTH」を選択してください。解決しないときは、[通信設定]で<送信前のPOP認証>を「OFF」に設定して、通信設定をPOP before SMTP以外の設定に切り替えてください。
#847 ボックス内のメモリが一杯の為、受信した文書をファックスボックスに保存できません。 ファックスボックスまたはシステムボックスから、不要な文書を削除してください。
#851
  1. 本製品のメモリ残量が足りなくなりました。
  2. 指定したボックス内の文書数が100文書を超えているため、保存できませんでした。
    ※iR C6800/C5800/C3220/C3200/C3100/C2620時
  3. 指定したボックス内の文書数が1500文書を超えているため、保存できませんでした。
    ※iR C6870/C5870/C5180/C4580/C3880/C3170/C2570時
  4. メモリの画像領域がいっぱいになりました。
  1. 本製品のメモリ残量を確認したあと、ボックスの不要な文書を消去してください。
  2. 指定したボックスの文書を消去してください。
  3. エラー文書や不要な文書を削除して、メモリの空き容量を増やしてください。
#852 ジョブ実行中に主電源スイッチが切られ、エラーが発生しました。 主電源スイッチがONになっているか確認したあと、必要に応じてもう一度やり直してください。
#853
  1. プリンタで大量なページをプリントしようとしたときなどに、リソース不足によってジョブを実行することが出来ませんでした。
  2. パソコンから本製品へプリントデータを送信中に、プリンタドライバからキャンセルされたことによってジョブを実行することが出来ませんでした。
  3. スプール機能を使用を「ON」に設定されている時に、受信データのスプール領域がいっぱいになり、ホストからの受信データをすべてスプールしきれませんでした。
  4. 受信データ処理中に受信できるデータの上限を超えました。
  5. 同時に受付可能なセキュアジョブ数を越えてセキュアジョブが投入されました。
  1. プリントするページを減らすか、他のプリントジョブが予約されていない時にもう一度実行してください。
  2. もう一度実行してください。
  3. スプール機能を使用を「OFF」に設定したあと、もう一度送信してください。
  4. すべてのジョブが終了してからもう一度プリントしてください。それでもプリントできない場合は、送信データを確認してください。
  5. iR本体に蓄積されているセキュアジョブを実行または消去してから、もう一度実行してください。
#857 データ受信のタイムアウトか、ホストからジョブがキャンセルされました。 ネットワークの状態を確認し、もう一度プリントしてください。
#858 プリントデータに異常が発生しました。 プリントデータ、またはプリント設定を変更してもう一度プリントしてください。
#859
  1. 原稿データの圧縮エラーが発生しました。
  2. 原稿が正常に読み込み出来なかったか、原稿設置向きのエラーです。
原稿と設定を確認し、もう一度やり直してください。

 

#860
  1. プリント中に用紙が詰まりました。
  2. リカバリ印刷がされませんでした。
  3. カラーコピー用のOHPフィルムが使用されました。
  1. もう一度プリントしてください。
  2. モノクロコピー用のOHPフィルムを使用してもう一度プリントしてください。
#861
  1. PDLデータ、画像データの処理中にエラーが発生しました。
  2. 外部コントローラから、課金先をモノクロデータと指示しつつカラーデータが投入されました。
プリントデータ、またはプリント設定を変更してもう一度プリントしてください。

 

#862
  1. プリント中にサドル積載枚数の制限を越えました。
  2. サポートされていない設定の組み合わせがされました。
  3. 画像データ/機能的に互換を保証していないデータがプリントされました。
プリントデータ、またはプリント設定を変更してもう一度プリントしてください。
#863 PDLデータ、画像データの処理中にエラーが発生しました。 設定を確認し、もう一度やり直してください。
#864
  1. 外付けコントローラまたはコントローラボードが装着されていないか、故障しています。
  2. 外付けコントローラまたはコントローラボードを正しく認識できません
システム管理者に連絡してください。
#865 ボックス機能が制限されています。 システム管理者に連絡してください。
#867 タイムスタンプサーバからの応答がなかったため、送信できませんでした。 DNSサーバ、プロキシサーバ、ネットワークの状態を確認してください。
#868 WebDAV送信時に、送信先との通信に失敗し、プロキシ経由のアクセスを求められました。(HTTPのレスポンス 305 Use Proxyを受信しました。)
  1. Web DAVサーバの設定を確認してください。
  2. システム管理設定のネットワーク設定でTCP/IP設定のプロキシ設定を確認してください。
#869 WebDAV送信時に、送信先から認証に失敗したとの応答がありました。(HTTPのレスポンス 401 Unauthorizedを受信しました。)
  1. 宛先のユーザ名あるいはパスワードを確認してください。
  2. WebDAVサーバのセキュリティ設定を確認してください。
#870 WebDAV送信時に、送信先からリクエストを拒否したとの応答がありました。(HTTPのレスポンス 403 Forbiddenを受信しました。)
  1. 時間を置いてからもう一度送信してください。
  2. 宛先の設定を確認してください。
  3. WebDAVサーバの設定を確認してください。
#871 WebDAV送信時に、送信先から指定したフォルダが見つからないとの応答がありました。(HTTPのレスポンス 404 Not Found/409 Conflict/410 Goneを受信しました) 宛先の設定を確認してください。
#872 WebDAV送信時に、送信先からアクセスを許可していないとの応答がありました。(HTTPのレスポンス 405 Method Not Allowedを受信しました。) WebDAVサーバの設定を確認してください。
#873 WebDAV送信時に、送信先からプロキシ認証に失敗したとの応答がありました。(HTTPのレスポンス 407 Proxy Authentication Requiredを受信しました。) システム管理設定のネットワーク設定でTCP/IP設定のプロキシ設定を変更してください。
#874 WebDAV送信時に、送信先からタイムアウトしたとの応答がありました。(HTTPのレスポンス 408 Request Timeoutを受信しました。) しばらくしてからもう一度送信してください。

WebDAVサーバの設定を確認してください。

#875 WebDAV送信時に、送信先によってチャンク送信が拒否されました。(HTTPのレスポンス 411 Length Requiredを受信しました。)
  1. 送信/受信仕様設定の送信機能設定でWebDAV送信時にチャンク分割送信を使用を「OFF」に設定してください。
  2. WebDAVサーバの設定を確認してください。
#876 WebDAV送信時に送信先から、送信データサイズが大きすぎるとの応答がありました。(HTTPのレスポンス 413 Request Too Largeを受信しました。) WebDAVサーバの設定を確認してください。
#877 WebDAV送信時に、送信先からURL(ホスト名 + フォルダへのパス)が長すぎるとの応答がありました。(HTTPのレスポンス 414 Request-URL Too Longを受信しました。) WebDAVサーバの設定を確認してください。
#878 WebDAV送信時に、送信先からサーバ側でリクエストの実行を妨げる予期しない状態に遭遇したとの応答がありました。(HTTPのレスポンス 500 Internal Serverを受信しました。) WebDAVサーバの設定を確認してください。
#879 WebDAV送信時に、送信先からサーバ側はリクエストを実行するのに必要な機能をサポートしていないとの応答がありました。(HTTPのレスポンス 501 Not Inplementedを受信しました。)
  1. WebDAVサーバの設定を確認してください。
  2. 非SSL通信で、プロキシを経由している場合は、送信/受信使用設定の送信機能設定で、WebDAV送信時にチャンク分割送信を使用を「OFF」にしてください。
#880 WebDAV送信時に、プロキシサーバの上流のサーバとの通信に失敗したとの応答がありました。(HTTPのレスポンス 502 Bad Gatewayを受信しました。)
  1. WebDAVサーバの設定を確認してください。
  2. プロキシサーバの設定を確認してください。
#881 WebDAV送信時に、送信先からサーバ側は現在リクエストを扱うことが出来ないとの応答がありました。(HTTPのレスポンス 503 Service Unavaliableを受信しました。) WebDAVサーバの設定を確認してください。
#882 WebDAV 送信時に、プロキシサーバから上流のサーバとの通信に失敗したとの応 答がありました。(HTTP のレスポンス 504 Gateway Timeout を受信しました。
  1. WebDAV サーバの設定を確認してください。
  2. プロキシサーバの設定を確認してください。
#883 WebDAV 送信時に、送信先からサーバ側はリクエストを実行するのに必要な機能 をサポートしていないとの応答がありました。(HTTP のレスポンス 505 HTTP Version Not Supported を受信しました。) WebDAV サーバの設定を確認してください。
#884 WebDAV 送信時に、送信先からサーバ側はリクエストに対するディスク容量を確 保できないとの応答がありました。(HTTP のレスポンス 507 Insufficient Storage を受信しました。 WebDAV サーバの設定を確認してください。
#885 WebDAV 送信時に、サーバから予期せぬエラー応答がありました。
  1. WebDAV サーバの設定を確認してください。
  2. プロキシサーバの設定を確認してください。
#886 WebDAV 送信時に、送信先から不正なリクエストであるとの応答がありました。 (HTTP のレスポンス 400 Bad Request を受信しました。) 非SSL 通信で、プロキシを経由している場合は、送信/受信仕様設定(初期設定 /登録)の送信機能設定でWebDAV 送信時にチャンク分割送信を使用を「OFF」 にしてください。
#899 電子メールまたはIファクス送信は終了しましたが、複数のサーバを中継するため相手先が受信しているかどうか不明です。
  1. 相手先が受信できたかどうか、確認してください。
  2. エラーメールを受信していないか、確認してください。
#995 通信予約のクリア操作が行われました。 必要に応じて、もう一度はじめからやりなおしてください。
戻る
関連情報:
  • 電子メール/I ファクス送信時の#705、#752、#762、#801、#802エラーについて
  • SMB送信時の#751、#801エラーについて(対処法)
  • FTP送信時の#751、#806エラーについて
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR C2550F / iR C2570 / iR C2570F / iR C2620 / iR C2620N / iR C2880 / iR C2880F / iR C3080 / iR C3080F / iR C3100 / iR C3100F / iR C3100N / iR C3100i / iR C3170 / iR C3170F / iR C3200 / iR C3200N / iR C3220 / iR C3220N / iR C3380 / iR C3380F / iR C3580 / iR C3580F / iR C3880 / iR C3880F / iR C4080 / iR C4080F / iR C4580 / iR C4580F / iR C5180 / iR C5180N / iR C5185 / iR C5185N / iR C5800 / iR C5800N / iR C5870 / iR C5870N / iR C5880N / iR C6800 / iR C6800N / iR C6870 / iR C6870N / iR C6880N

 

[TOP▲]
このページのトップへ