部門IDにて制限面数設定時、制限の上限に達したジョブが「プリント中止中」のまま止まってしまう(UFR)



部門IDにて制限面数設定時、制限の上限に達したジョブが「プリント中止中」のまま止まってしまう(UFR)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000023116



■現象

UFRプリンタドライバを使用して、部門IDにてプリントの制限面数の設定を行っている場合、プリント制限が上限に達したジョブが「プリント中止中」の状態のまま固まってしまい、その後のジョブが印刷できない。

 

■原因

UFR v1.01ドライバの不具合により発生します。

 

■対処方法

以下のいずれかの方法にて回避が可能です。

 

●UFRプリンタドライバのバージョンアップを行う

弊社ホームページより該当OS用UFR プリンタドライバをダウンロードいただき、インストールされているプリンタドライバのバージョンアップを行って下さい。

Windows 2000/Windows XP/Windows Server 2003/Windows Vista/Windows 7日本語版
http://cweb.canon.jp/drv-upd/color-ir/ufr-2000.html

Windows 98/Windows Me日本語版
http://cweb.canon.jp/drv-upd/color-ir/ufr-98.html

※使用環境の詳細はダウンロードページの記載をご確認ください

 

●本体のRIP完了後印刷を「する」に設定変更する。

*v1.02以上のバージョンのプリンタドライバをご使用いただく場合は設定は必要ありません。

  1. 「ユーザモード」キーを押し、液晶に表示された画面から「プリンタ仕様設定」を選択します。
  2. 「仕様設定」を選択し、「▼」を二度押して「RIP完了後印刷」を押します。
  3. 「する」を選択して「OK」を押します。
  4. 基本画面に戻るまで「閉じる」を押します。

*RIP完了後印刷とは複数ページのジョブをプリントする時に、全てのページのRIP処理が終了してから1ページ目のプリントを開始する機能です。「する」にすると1ページ目のプリントを開始するまでの時間はかかりますが、2ページ目以降のページ間のプリント間隔が短くなります。プリント時間(ひとつのジョブでプリンタ機能を占有している時間)が短縮されるので、複数の人で本機を使用しているときや、他の機能(コピーの出力など)を使用するときに便利です。



 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR C3200 / iR C3200N

 

[TOP▲]
このページのトップへ