宛先表の登録・編集・削除方法(iR C5185/C4580/C4080/C3880)



宛先表の登録・編集・削除方法(iR C5185/C4580/C4080/C3880)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000049505



宛先表に送信先を登録しておくことで、送信するたびに宛先を入力する手間が省けるほか、各種の設定を行う際、送信先を宛先表から選択することができます。

アクセス番号管理をするときは、システム管理設定(初期設定/登録)の送信機能の制限で、宛先表のアクセス番号管理を「ON」に設定しておきます。
アクセス番号管理をしている場合で、登録に必要な項目が入力されていないときは、その項目を入力する画面が表示されます。
アクセス番号管理をしているときに、システム管理設定(初期設定/登録)の機密情報入力時の伏せ字表示のON/OFFを「OFF」に設定している場合は、確認入力が表示されず、機密情報が直接表示されます。
アクセス番号は7 桁まで登録できます。7 桁に満たない場合は以下のようになります。
例:「321」と入力→「0000321」と設定されます。「0」、「00」のような「0」だけの連数字をアクセス番号として登録することはできません。また、「02」、「002」のように「0」から始まる番号を入力した場合は、「0」の入力は認識されず「2」と入力したときと同じ「0000002」として設定されます。

INDEX

  1. ファクス番号を登録する
  2. ファイルサーバーアドレスを登録する
  3. 電子メールアドレスを登録する
  4. Iファクスアドレスを登録する
  5. 宛先の登録内容を変更する
  6. 宛先を消去する
  7. 宛先表の名称を登録する

■ファクス番号を登録する

この機能は、オプションのFAX ボード(iR C4580F、iR C4080F はスーパーG3FAXボードが標準装備)を装着している場合に使用することができます。
ファクス番号を登録 液晶表示
1

初期設定/登録]→[宛先表仕様設定]→[宛先の登録]を押します。

2

新規宛先の登録]を押します。

 

3

ファクス]を押します。

4

名称]を押します。

5

宛先の名称を入力したあと、[次へ]を押します。

6

宛先の名称のフリガナを入力したあと、[OK]を押します。
前の手順で入力した文字のフリガナが、あらかじめ入力されています。

宛先表画面で[あ]、[か]、[さ]などの目次キーを押すと、ここで入力したフリガナの1文字目をもとに宛先を限定し、並べ替えて表示することができます。
7

宛先表ドロップダウンリストを押したあと、宛先表1〜10のいずれかを選択します。

宛先表1〜10 は、宛先表を10個に分けているものです。宛先をグループ分けするときなどに便利です。これらの宛先表をサブ宛先表と呼びます。ここで選択したサブ宛先表(宛先表1〜10)に、ファクス番号が登録されます。

8

[1]〜[9]、[*]、[#](テンキー)でファクス番号を入力します。

表示される項目

[ポーズ]

 

海外への送信のときに、国際電話識別番号などの次や、ファクス番号の末尾で押します。数字と数字の間で[ポーズ]を押すと<p>と表示され、数字の末尾で[ポーズ]を押すと<P>と表示されます。
[トーン] ダイヤル回線から、プッシュ信号を入力する前に押します。[トーン]を押すと、<T>と表示されます。ダイヤル回線に接続している場合でも、プッシュホンサービスなどを利用することができます。
][ カーソルを移動するときに押します。
[バックスペース] 数字を押し間違えたときに押します。カーソル位置の手前の数字が消去されて、正しい数字が入力できます。
[スペース] 局番とファクス番号の間などにスペースを入力するときに押します。
[詳細設定] Fコード、パスワード、ECM送信、送信スピード、国際送信を設定するときに押します。必要に応じて設定してください。
[Fネット] Fネットのファクス番号を入力するときに押します。[Fネット]を押すと、<.>と表示されます。

【重要】
  • ポーズ、スペース、Fネットはファクス番号の先頭に入力することはできません。
ファクス番号の末尾にポーズを入れた場合は、ポーズ時間は10秒固定になります。

●[詳細設定]を押した場合

各項目を設定したあと、[OK]を押します。

詳細設定

[F コード]、
[パスワード]

[F コード]を押して、[1]〜[9]、[*]、[#](テンキー)で入力します。
[パスワード]を押して、[1]〜[9]、[*]、[#](テンキー)で入力します。[確認入力]を押し
て、同じパスワードを入力したあと、[OK]を押します。
スペースを入力するときは[スペース]を押します。
[バックスペース]を押すと、最後の1文字が削除されます。
相手先が目的のFコードにパスワードを設定していない場合は、パスワードを入力する
必要はありません。
ECM送信 [ON]または[OFF]を押します。
送信スピード 送信スピードドロップダウンリストを押したあと、送信スピードを選択します。「33600bps」から「14400bps」、「9600bps」、「4800bps」の順にスピードを下げて、調整してください。
国際送信 国際送信ドロップダウンリストを押して、目的の項目を選択します。
国際送信は、海外送信(海外のファクス番号を登録している場合)で、通信エラーがよく発生するときは「国際送信(1)」を設定してください。エラーが解消されないときは、「国際送信(2)」、「国際送信(3)」の順で設定を変更してください。
回線選択 回線選択ドロップダウンリストを押して、回線を選択します。
回線1: 標準回線
回線2: 増設した回線
自動選択: 初期設定/登録の増設回線設定の「回線を選択して送信する(送信回線の選択)」の設定に従って、どちらかの回線が選択されます。

【重要】
  • Fコードを付加して送信する場合は、送信先のファクス機がITU-T(国際電気通信連合の通信規格などを制定する部門)規格に準拠したF コード通信に対応している必要があります。
<回線選択>はマルチポートFAXボード装着時に表示されます。
パスワードを入力するときに、システム管理設定(初期設定/登録)の機密情報入力時の伏せ字表示のON/OFF を「OFF」に設定している場合は、確認入力が表示されず、機密情報が直接表示されます。
9

宛先の登録を終了します。

●アクセス番号管理をしている場合

1)次へ]を押します。

2)アクセス番号]を押します。

3)アクセス番号]を押したあと、[1]〜[9](テンキー)でアクセス番号を入力します。

4)確認入力]を押して、同じアクセス番号を入力したあと、[OK]→[OK]を押します。

アクセス番号を指定しない場合は、空欄のまま[OK]を押します。

●アクセス番号管理をしていない場合

OK]を押します。

以上で設定は完了です。

 

戻る


■ファイルサーバーアドレスを登録する

【重要】
  • 共通仕様設定(初期設定/登録)の表示言語の切替を「ON」にすると、「ホスト名」や「フォルダへのパス」が正しく表示されなかったり、参照できないことがあります。

この機能は、オプションのSend拡張キットを有効にした場合に使用することができます。
ファイルサーバへ送信するときの設定の例については、「ネットワークガイド」を参照してください。
UPNを使用できるのは、Active Directoryで運用されているドメインに属するコンピュータへ送信する場合のみです。
送信/受信仕様設定(初期設定/登録)の送信機能設定で、FTP送信指定にASCII コード以外を許可が「ON」に設定されている場合は、FTP選択時もホスト名、フォルダへのパスを「かな漢」「カタカナ」「記号(全角)」「コード入力」モードで登録することができます。

ファイルサーバアドレスを登録 液晶表示
1

初期設定/登録]→[宛先表仕様設定]→[宛先の登録]→[新規宛先の登録]を押します。

この手順の画面を確認する場合は、「ファクス番号を登録する」の【手順1】、【手順2】を参照してください。

2

ファイル]を押します。

 

3

名称]を押します。

4

宛先の名称を入力したあと、[次へ]を押します。

5

宛先の名称のフリガナを入力したあと、[OK]を押します。

前の手順で入力した文字のフリガナが、あらかじめ入力されています。

宛先表画面で[あ]、[か]、[さ]などの目次キーを押すと、ここで入力したフリガナの1文字目をもとに宛先を限定し、並べ替えて表示することができます。
6

宛先表ドロップダウンリストを押したあと、宛先表1〜10のいずれかを選択します。

宛先表1〜10は、宛先表を10個に分けているものです。宛先をグループ分けするときなどに便利です。これらの宛先表をサブ宛先表と呼びます。

ここで選択したサブ宛先表(宛先表1〜10)に、ファイル宛先が登録されます。

7

プロトコルドロップダウンリストを押したあと、プロトコルを選択します。

使用できるプロトコルについては「キーボード画面を使ってファイルサーバを指定する」を参照してください。
8

[ホスト名]、[フォルダへのパス]、[ユーザ名]および[パスワード]の設定をします。

FTP、Windows(SMB)、NetWare(IPX)、WebDAVの設定については、「ファイルサーバを指定する」を参照してください。
9

宛先の登録を終了します。

●アクセス番号管理をしている場合

1)次へ]を押します。

2)アクセス番号]を押します。

3)アクセス番号]を押したあと、[1]〜[9](テンキー)でアクセス番号を入力します。

4)確認入力]を押して、同じアクセス番号を入力したあと、[OK]→[OK]を押します。

アクセス番号を指定しない場合は、空欄のまま[OK]を押します。

●アクセス番号管理をしていない場合

OK]を押します。

以上で設定は完了です。

 

戻る


■電子メールアドレスを登録する

この機能は、オプションのSend拡張キットを有効にした場合に使用することができます。

電子メールアドレスを登録 液晶表示
1

初期設定/登録]→[宛先表仕様設定]→[宛先の登録]→[新規宛先の登録]を押します。

この手順の画面を確認する場合は、「ファクス番号を登録する」の【手順1】、【手順2】を参照してください。

2

電子メール]を押します。

 

3

名称]を押します。

4

宛先の名称を入力したあと、[次へ]を押します。

5

宛先の名称のフリガナを入力したあと、[OK]を押します。

前の手順で入力した文字のフリガナが、あらかじめ入力されています。

宛先表画面で[あ]、[か]、[さ]などの目次キーを押すと、ここで入力したフリガナの1文字目をもとに宛先を限定し、並べ替えて表示することができます。
6

宛先表ドロップダウンリストを押したあと、宛先表1〜10のいずれかを選択します。

宛先表1〜10は、宛先表を10個に分けているものです。宛先をグループ分けするときなどに便利です。これらの宛先表をサブ宛先表と呼びます。ここで選択したサブ宛先表(宛先表1〜10)に、電子メールアドレスが登録されます。

7

電子メールアドレス]を押してアドレスを入力したあと、[OK]を押します。

8

データ分割の[ON]または[OFF] を選択します。

選択される項目

[ON]

相手先のメールソフトに、分割されたデータを結合する機能がある場合は、[ON]に設定します。添付画像のデータサイズがシステム管理設定(初期設定/登録)の「送信データサイズ上限値」で設定した上限値を超えた場合は、複数のデータに分割して送信します。相手先ですべての分割データを受信したら1つのデータに結合されます。
[OFF] 相手先のメールソフトに、分割されたデータを結合する機能がない場合は、[OFF]に設定します。添付画像のデータサイズがシステム管理設定(初期設定/登録)の「送信データサイズ上限値」で設定した上限値を超えた場合は、添付画像をページ境界で区切り、複数のメールに分割して送信します。

【重要】
  • 相手先のメールソフトの仕様を確認してから設定してください。相手先で使用できない設定をした場合、エラーが発生することがあります。
送信データサイズ上限値の詳細は、「電子メール/I ファクス共通の通信設定をする」を参照してください。
9

宛先の登録を終了します。

●アクセス番号管理をしている場合

1)次へ]を押します。

2)アクセス番号]を押します。

3)アクセス番号]を押したあと、[1]〜[9](テンキー)でアクセス番号を入力します。

4)確認入力]を押して、同じアクセス番号を入力したあと、[OK]→[OK]を押します。

アクセス番号を指定しない場合は、空欄のまま[OK]を押します。

●アクセス番号管理をしていない場合

OK]を押します。

以上で設定は完了です。

 

戻る


■Iファクスアドレスを登録する

この機能は、オプションのSend拡張キットを有効にした場合に使用することができます。

Iファクスアドレスを登録 液晶表示
1

初期設定/登録]→[宛先表仕様設定]→[宛先の登録]→[新規宛先の登録]を押します。

この手順の画面を確認する場合は、「ファクス番号を登録する」の【手順1】、【手順2】を参照してください。

2

Iファクス]を押します。

 

3

名称]を押します。

4

宛先の名称を入力したあと、[次へ]を押します。

5

宛先の名称のフリガナを入力したあと、[OK]を押します。

前の手順で入力した文字のフリガナが、あらかじめ入力されています。

宛先表画面で[あ]、[か]、[さ]などの目次キーを押すと、ここで入力したフリガナの1文字目をもとに宛先を限定し、並べ替えて表示することができます。
6

宛先表ドロップダウンリストを押したあと、宛先表1〜10のいずれかを選択します。

宛先表1〜10は、宛先表を10個に分けているものです。宛先をグループ分けするときなどに便利です。これらの宛先表をサブ宛先表と呼びます。ここで選択したサブ宛先表(宛先表1〜10)に、Iファクスアドレスが登録されます。

7

モード選択ドロップダウンリストを押したあと、[Simple]または[Full]を選択します。

選択する項目

[Simple]

インターネットなどを利用して、読み込んだデータを画像として送信します。
[Full] Simple モードの送信機能に加え、データの送達確認を行います。

Fullモードで送信する場合、受信機側がFullモードに対応している必要があります。Fullモードで送信すると、Iファクスの送達確認をすることができます。

NTTコミュニケーションズのインターネットファクス中継サービスを利用する場合は、「Simple」を選択してください。これにより、読み込まれたデータがファクスへ転送されます。なお、このサービスを利用するには、NTTコミュニケーションズとの契約が必要です。詳しくはNTTコミュニケーションズにお問い合わせください。
Fullモードに対応していない機器にFullモードで送信すると、送達確認を行うことができません。そのため、送信自体は完了していてもジョブは終了しません。このようなジョブは、システム管理設定(初期設定/登録)の通信管理設定で設定したFullモードの送信タイムアウトが経過するまで、ジョブ状況の画面で「送信結果待ち」と表示されます。Fullモードの送信タイムアウトが経過すると、ジョブ履歴に移行します。送信結果は「--」と表示されます。
8

I ファクスアドレス]を押してアドレスを入力したあと、[OK]を押します。

サーバの経由をしないで送信する場合に、送信先のIPアドレスがDNSサーバに登録されていないときは、「user@送信先のIPアドレス」と入力します。「user」には任意の文字列を入力してください。
9

定型文1]、[定型文2]を押して定型文を入力したあと、[OK]を押します。

定型文1、2 は、インターネットファクス中継サービスなどを利用するときに使用します。詳しくは、サービスの提供会社にご連絡ください。サービスを利用していない場合は、この設定は必要ありません。

[OK]を押したあと、定型文は「*********」で表示されます。
10

サーバの経由の[ON]または[OFF]を選択します。

選択する項目

[ON]

サーバを経由して送信します。電子メールと同じように、インターネットを経由する宛先にも送信することができます。
[OFF] サーバを経由しないで送信します。同じLAN環境の相手に送信したいとき、大きな画像データをメールサーバに負担をかけずに送ることができます。また、送信した文書をすぐに相手に届けることができます。この機能を使用するには、DNSサーバのMX(Mail eXchange) レコードなどの設定が必要です。あらかじめシステム管理者に送信ができるかどうか確認してからご利用ください。

定型文を登録した場合は、サーバの経由を「ON」に設定してください。

【重要】
  • サーバの経由をしないで送信する場合は、あらかじめ通信管理設定(初期設定/登録)のIファクス設定で「サーバの経由を使用」を「ON」に設定しておく必要があります。「サーバを経由しないMDNを許可」は「ON」に設定しておくことをおすすめします。「サーバの経由を使用」を「OFF」に設定した場合は、「サーバの経由」がグレーアウトして、設定ができません。
サーバの経由を「OFF」に設定した場合でも、Fullモードで送信する際のIファクス送達確認はサーバ経由で行われます。
11
相手先の条件]を押したあと、データ分割の[ON]または[OFF]を選択します。
選択する項目

[ON]

相手先の機械に、分割されたデータを結合する機能がある場合は、[ON]に設定します。送信データサイズがシステム管理設定(初期設定/登録)の「送信データサイズ上限値」で設定した上限値を超えた場合は、複数のデータに分割して送信します。相手先ですべての分割データを受信したら1つのデータに結合されます。
[OFF] 相手先の機械に、分割されたデータを結合する機能がない場合は、[OFF]に設定します。送信データサイズがシステム管理設定(初期設定/登録)の「送信データサイズ上限値」で設定した上限値を超えた場合は、送信エラーになります。

【重要】
  • 相手先の機械の仕様を確認してから設定してください。相手先で使用できない設定をした場合、エラーが発生することがあります。
送信データサイズ上限値の詳細は、「電子メール/Iファクス共通の通信設定をする」を参照してください。
12

相手先の受信条件を設定します。

●白黒で送信する場合

1)カラー受信の[OFF]を押します。

2)用紙サイズ、圧縮方式、解像度を設定したあと、[OK]を押します。

以下の条件は、自動的に設定されます。

  • 用紙サイズ: A4/LTR
  • 圧縮方式: MH
  • 解像度: 200×100dpi、200×200dpi

A5は[A4/LTR]に含まれます。

【重要】
  • 相手先の機械の仕様を確認してから設定してください。相手先で使用できない設定をした場合、エラーが発生することがあります。

圧縮方式の内容は以下のとおりです。

  • MH(Modified Huffman): 連続する白や黒のドットを、ドット数に応じて符号化して送信します。
  • MR(Modified Read): 連続する白や黒のドットを、ドット数に応じて符号化して送信します。先に読み取られた行との差分を符号化していくため、MH よりも効率的な圧縮を行います。
  • MMR(Modified Modified Read): 圧縮率がMR よりも高いので、MR よりも早く送信することができます。

●カラーで送信する場合

1)カラー受信の[ON]を押したあと、[次へ]を押します。

2)用紙サイズ、解像度を設定したあと、[OK]を押します。

以下の条件は、自動的に設定されます。

  • 用紙サイズ: A4/LTR
  • 解像度: 200×200dpi

A5は[A4/LTR]に含まれます。

【重要】
  • 相手先の機械の仕様を確認してから設定してください。相手先で使用できない設定をした場合、エラーが発生することがあります。
13

宛先の登録を終了します。

●アクセス番号管理をしている場合

1)次へ]を押します。

2)アクセス番号]を押します。

3)アクセス番号]を押したあと、[1]〜[9](テンキー)でアクセス番号を入力します。

4)確認入力]を押して、同じアクセス番号を入力したあと、[OK]→[OK]を押します。

アクセス番号を指定しない場合は、空欄のまま[OK]を押します。

●アクセス番号管理をしていない場合

OK]を押します。

以上で設定は完了です。

 

戻る


■宛先の登録内容を変更する

必要に応じて、登録してある宛先の内容を変更します。

宛先の登録内容を変更
1

初期設定/登録]→[宛先表仕様設定]→[宛先の登録]を押します。

2

変更する宛先を選択したあと、[詳細/編集]を押します。

[あ]、[か]、[さ]などの目次キーを押すと、「あいうえお」などのポップアップ画面が表示されます。選択すると、表示されている項目を限定することができます。

宛先の種類ドロップダウンリストを使うと、リストに表示される宛先の種類を限定することができます。

宛先表ドロップダウンリストを使うと、サブ宛先表(宛先表1 〜 10)ごとに表示できます。サブ宛先表は宛先表をグループ分けしたものです。

サブ宛先表の「ワンタッチボタン」を選択することはできません。

宛先表ドロップダウンリストで「すべて」を選択した場合、ワンタッチボタンに登録した宛先も表示されます。ただし、ワンタッチボタンに登録されている宛先の編集はできません。ワンタッチボタンの登録/編集は「ワンタッチボタンの登録/編集をする」を参照してください。

アクセス番号を設定している宛先を選択する場合は、[アクセス番号]を押したあと、[0]〜[9](テンキー)でアクセス番号を入力します。[アクセス番号なし]を押すと、アクセス番号が設定されていない宛先が表示されます。

「アクセス番号」はシステム管理設定(初期設定/登録)の送信機能の制限で、宛先表のアクセス番号管理を「ON」に設定している場合に表示されます。
3

各項目の設定内容を変更します。

グループ宛先の宛先表の変更、およびグループ宛先に登録されている宛先の宛先表の変更はできません。

ファクスの設定については、「ファクス番号を登録する」を参照してください。
電子メールの設定については、「電子メールアドレスを登録する」を参照してください。
Iファクスの設定については、「Iファクスアドレスを登録する」を参照してください。
ファイルの設定については、「ファイルサーバのアドレスを登録する」を参照してください。
グループの設定については、「グループ宛先を登録する」を参照してください。
4

宛先の編集を終了します。

●アクセス番号管理をしている場合

1)次へ]を押します。

2)アクセス番号]を押します。

3)アクセス番号]を押したあと、[0]〜[9](テンキー)でアクセス番号を入力します。

4)確認入力]を押して、同じアクセス番号を入力したあと、[OK]→[OK]を押します。

アクセス番号を指定しない場合は、空欄のまま[OK]を押します。

アクセス番号は7桁まで登録できます。7桁に満たない場合は以下のようになります。

例:「321」と入力 →「0000321」と設定されます。

「0」、「00」のような「0」だけの連数字をアクセス番号として登録することはできません。また、「02」、「002」のように「0」から始まる番号を入力した場合は、「0」の入力は認識されず「2」と入力したときと同じ「0000002」として設定されます。

●アクセス番号管理をしていない場合

OK]を押します。

アクセス番号管理をするときは、システム管理設定(初期設定/登録)の送信機能の制限で、宛先表のアクセス番号管理を「ON」に設定しておきます。
アクセス番号管理をしている場合で、登録に必要な項目が入力されていないときは、その項目を入力する画面が表示されます。
アクセス番号管理をしているときに、システム管理設定(初期設定/登録)の機密情報入力時の伏せ字表示のON/OFF を「OFF」に設定している場合は、確認入力が表示されず、機密情報が直接表示されます。
以上で設定は完了です。

 

戻る


■宛先を消去する

宛先表に登録されている宛先を消去します。

宛先を消去
1

初期設定/登録]→[宛先表仕様設定]→[宛先の登録]を押します。

2

消去する宛先を選択したあと、[消去]を押します。

複数の宛先を一度に消去することはできません。

[あ]、[か]、[さ]などの目次キーを押すと、「あいうえお」などのポップアップ画面が表示されます。選択すると、表示されている項目を限定することができます。

宛先の種類ドロップダウンリストを使うと、リストに表示される宛先の種類を限定することができます。
宛先表ドロップダウンリストを使うと、サブ宛先表(宛先表1 〜 10 )ごとに表示できます。サブ宛先表は宛先表をグループ分けしたものです。

サブ宛先表の「ワンタッチボタン」を選択することはできません。

宛先表ドロップダウンリストで「すべて」を選択した場合、ワンタッチボタンに登録した宛先も表示されます。ただし、ワンタッチボタンに登録されている宛先の消去はできません。ワンタッチボタンの消去は「ワンタッチボタンの内容を消去する」を参照してください。

アクセス番号を設定している宛先を選択する場合は、[アクセス番号]を押したあと、[1]〜[9](テンキー)でアクセス番号を入力します。[アクセス番号なし]を押すと、アクセス番号が設定されていない宛先が表示されます。

[アクセス番号]はシステム管理設定(初期設定/登録)の送信機能の制限で、宛先表のアクセス番号管理を「ON」に設定している場合に表示されます。
3

はい]を押します。

以上で設定は完了です。

 

戻る


■宛先表の名称を登録する(宛先表の名称登録)

宛先表に名称をつけることができます。

宛先表の名称を登録
1

初期設定/登録]→[宛先表仕様設定]→[宛先表の名称登録]を押します。

2

名称をつける宛先表を選択したあと、[名称登録]を押します。

3

名称を入力したあと[OK]を押します。

文字を入力していない状態で[OK]を押すと、宛先表の名称は宛先表1〜宛先表10になります。
4 OK]を押します。
以上で設定は完了です。

 

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR C3880 / iR C3880F / iR C4080 / iR C4080F / iR C4580 / iR C4580F / iR C5180 / iR C5180N / iR C5185 / iR C5185N

 

[TOP▲]
このページのトップへ