カセットオート選択のON/OFFを設定する(iR C5185/C4580/C4080/C3880)



カセットオート選択のON/OFFを設定する(iR C5185/C4580/C4080/C3880)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000049620



ここでは、カセットオート選択のON/OFFを設定する方法について説明します。


■カセットオート選択のON/OFFを設定する

自動用紙選択とオートカセットチェンジの対象となる給紙箇所を各段ごとに設定することができます。また、この設定はそれぞれの機能ごとに設定できます。機能ごとに給紙箇所を使い分ける場合に設定してください。

「ON」に設定した給紙箇所は、次の機能の選択時に対象となります。

  • 自動用紙選択: プリント時に自動的に適切な用紙(給紙箇所)を選ぶ機能です。
  • オートカセットチェンジ: 連続プリント中に給紙箇所の用紙がなくなった場合に、同じサイズの用紙がセットされている他の給紙箇所から自動的に給紙する機能です。
カセットオート選択のON/OFFの設定
1

初期設定/登録]→[共通仕様設定]→[カセットオート選択のON/OFF]を押します。

2

[コピー]、[プリンタ]、[ボックス]、[受信/ファクス]または[その他]を選択します。

[プリンタ]は、オプションのLIPSLXプリンタ&スキャナキット(iRC5185N、iRC4580F、iRC4080Fは標準装備)を使用可能な状態にした場合、またはPSプリントサーバユニット/ColorPASS-GX100を装着している場合のみ表示されます。

[受信/ファクス]は、オプションのSend拡張キットを有効にし、さらにFAXボード(iRC4580F、iRC4080FはスーパーG3FAXボードが標準装備)を装着している場合に表示されます。

Send拡張キットを有効にしてFAXボードを装着していない場合は、[受信]と表示されます。FAXボードを装着してSend拡張キットを有効にしていない場合は、[ファクス]と表示されます。

[その他]は、レポート出力時に対象となるカセットの設定を行います。

3

各給紙箇所について[ON]または[OFF]を選択したあと、[OK]を押します。

選択する項目

[ON]

給紙箇所をオート選択の対象にします。
[OFF]
給紙箇所をオート選択の対象にしません。

給紙箇所の各番号はそれぞれ以下の場所を示しています。

2段カセットペディスタル・Z2+サイドペーパーデッキ・Y1装着時

(1) 手差しトレイ
(2) カセット1
(3) カセット2
(4) カセット3(オプション)
(5) カセット4(オプション)
(6) サイドペーパーデッキ・Y1(オプション)

以上でカセットオート選択のON/OFFの設定は完了です。
手差し以外の給紙箇所をすべて「OFF」に設定することはできません。

[コピー]を選択した場合は、用紙の種類を考慮するかどうか設定することができます。

  • [用紙の種類を考慮する]を「ON」にした場合は、プリント中に用紙がなくなったときに、サイズが同じであっても登録されている用紙の種類が異なる場合は、他の給紙箇所から給紙を行いません。登録されている用紙の種類については、「給紙箇所の用紙種類を登録する」を参照してください。
  • [用紙の種類を考慮する]を「OFF」にした場合は、プリント中に給紙箇所の用紙がなくなったときに、サイズが同じ用紙がセットされていれば、他の給紙箇所から給紙を行います。
【手順2】で[プリンタ]を選択した場合、は表示されません。

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR C3880 / iR C3880F / iR C4080 / iR C4080F / iR C4580 / iR C4580F / iR C5180 / iR C5180N / iR C5185 / iR C5185N

 

[TOP▲]
このページのトップへ