ボックスに原稿を読み込む方法(iR C5185/C4580/C4080/C3880)



ボックスに原稿を読み込む方法(iR C5185/C4580/C4080/C3880)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000049622



ここでは、ボックスに原稿を読み込む方法について説明します。
コピーするときと同じように、フィーダまたは原稿台ガラスに読み込む原稿をセットしてから操作します。

【重要】
  • システムボックス、ファクスボックスに原稿を読み込んで保存することはできません。システムボックス(メモリ受信ボックス)、ファクスボックスに文書を保存するには、「第6章ボックスを用いた文書の送受信」を参照してください。
本製品をネットワークプリンタとして活用している場合は、パソコンからボックスにデータを入れることもできます。

他のモードと一括して設定を解除するには、[初期値に戻す]を押します。(読み込み設定の標準モードになります。)ボックスを選択する状態(ボックス選択画面)に戻すには、(リセット)を押します。


■ボックスに原稿を読み込む

ボックスに原稿を読み込む
1

ボックス]を押します。

ボックス選択画面は右のようになります。

2

目的のボックス番号を押します。

選択するボックスが表示されていない場合は、[▼][▲]を押します。
[0]〜[9] (テンキー)でボックス番号を入力して指定する場合は、2桁のボックス番号を入力したあと、[OK]を押します。

ボックス番号を間違って入力した場合は、(クリア)を押して正しいボックス番号を入力します。

文書が保存されているボックスは、文書入りのボックスアイコン( )が表示されます。
暗証番号が設定されているボックスには、ボックスアイコンの横にカギマーク( )が
表示されます。

ボックス番号を間違って押した場合は、[閉じる]を押して正しいボックス番号を押します。

3

<暗証番号をテンキー入力してください。>と表示された場合は、暗証番号を[0]〜[9] (テンキー)で入力したあと、[OK]を押します。

ボックスの登録をするときに設定した暗証番号を入力します。

暗証番号を設定していない場合は、この操作は必要ありません。

4

原稿をセットします。

原稿をセットする方法は、ユーザーズガイド「第2章おもな機能と基本的な使いかた」を参照してください。
5 原稿読込]を押します。
6 読み込むモードを設定します。
【重要】
  • [自動カラー選択]を設定したときに、原稿にカラー部分があればフルカラーモードで読み込みます。ただし、以下の原稿は、白黒モードで読み込むことがあります。このときは、[フルカラー]に切り替えてください。
    • カラー部分が微小の原稿
    • フィーダにセットしたときに、読み込む面の図で示した範囲のみにカラー部分がある原稿

原稿を読み込むときに、濃度や画質を調節するには、「濃度/画質を調節する」を参照してください。
倍率を変更するには、「倍率を変える(倍率)」を参照してください。

両面原稿を読み込むには、「両面原稿を読み込む(両面原稿)」を参照してください。

カラーと白黒を切り替えるには、「カラーと白黒の切り替えについて」を参照してください。
応用モードの設定を変更するときは、[応用モード]を押します。
コピーと同じように、読み込むときにいろいろな設定をすることができます。

●文書名をつける

文書名]を押して名称を入力したあと、[OK]を押します。

文書名をつけずに実行した文書の名称は、自動的に「年月日時分秒」が付与されます。たとえば2006年1月15日の午後1時35分41秒に読み込んで保存した文書の文書名は「20060115133541」となります。

●読み取るサイズを指定する

1)読取サイズ]を押します。

2)読取サイズを選択したあと、[閉じる]を押します。

用紙いっぱいに画像があるA3サイズの原稿を、画像が欠けないように読み取る場合は、原稿を原稿台ガラスにセットし[A3+]を押します。

【重要】
  • 自動は、製本読込、原稿枠消し、ブック枠消し、縮小レイアウトの各機能と組み合わせた設定はできません。
  • 次のような原稿は、[自動]では読み取りできません。読取サイズを選択してください。
    • 定形サイズ以外の原稿
    • OHPフィルムなど透明度の高い原稿
    • 地色が極端に濃い原稿
    • A6R、はがきサイズよりも小さい原稿
    • 原稿台ガラスにセットしたA5R の原稿
はがきを選択する場合は、[はがき]を押します。
インチサイズを選択する場合は、[インチサイズへ]を押します。
7

スタート]ボタンを押します。

右の画面が表示された場合は、画面の指示に従って、原稿1枚ごとに[スタート]ボタンを押します。原稿の読み込みが終了したら、[読込終了]を押します。

読み込みが終了すると指定したボックス内に文書として保存されます。

【重要】
  • 読み込みの途中では読み取りサイズ、倍率などのモード変更はできません。
  • 読み込んで保存された文書は、3日後には消去されます(工場出荷時の設定)。文書の自動消去までの時間は、1時間〜30日の間で設定することもできます。また、0(なし)に設定して、自動消去されないようにすることもできます。
読み込みを中止する場合は、[中止]または(ストップ)を押します。
8

読み込みが終了したら、原稿を取り除きます。

以上でボックスに原稿を読み込む方法は完了です。

戻る


■関連情報

  • ボックス内の文書をプリントする方法(iR C5185/C4580/C4080)
  • ボックス内の文書を出力するときの用紙サイズを変更する(iR C5185/C4580/C4080)

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR C3880 / iR C3880F / iR C4080 / iR C4080F / iR C4580 / iR C4580F / iR C5180 / iR C5180N / iR C5185 / iR C5185N

 

[TOP▲]
このページのトップへ