ボックス内の文書をプリントする方法(iR C5185/C4580/C4080/C3880)



ボックス内の文書をプリントする方法(iR C5185/C4580/C4080/C3880)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000049634



ここでは、ボックス内の文書をプリントする方法について説明します。

ボックス内に保存した文書を本製品からプリントする方法について説明します。本製品がネットワークに接続されている場合は、パソコンからプリント指定することもできます。パソコンからの操作については、リモートUIガイド「第2章いろいろな機能の確認/管理」を参照してください。

【重要】
  • メモリ受信ボックス、ファクスボックスに保存した文書は、受信時の設定でのみプリントできます。
  • メモリ受信ボックスの文書はプリント後、自動的に削除されます。
同一ボックス内で同時に選択してプリントできる文書数は32文書までです。また、文書結合をした場合は100文書まで選択することができます。ただし、ボックスの予約プリントがある場合、同時に選択してプリントできる文書数は、ボックスの予約プリントの文書数によって異なります。

同じユーザボックスに保存されている場合のみ、複数の文書を選択することができます。異なるユーザボックスに保存されている文書をプリントする場合は、あらかじめユーザボックス間で文書を移動する必要があります。

ボックス内に保存した文書を設定を変えずにプリントする場合、パソコンまたはコピー機能の[ボックス保存]から記録させた文書は記録時の設定で、読み込んで記録させた文書はローカルプリントの標準モードでプリントされます。
パソコンやコピー機能の[ボックス保存]から記録させた文書を記録時の設定どおりにプリントする場合は、[プリント設定変更]画面からプリントしないように注意してください。[プリント設定変更]画面からプリントすると、記録時の設定どおりにプリントされない場合があります。
他のモードと一括して設定を解除するには、[初期値に戻す]を押します。(ローカルプリントの標準モードになります。)ボックスを選択する状態(ボックス選択画面)に戻すには、(リセット)を押します。
本項目ではユーザボックスを例に説明をします。

■ボックス内の文書をプリントする

ボックス内の文書をプリントする
1

ボックス]を押します。

 

2

目的のボックス番号を押します。

選択するボックスが表示されていない場合は、[▼][▲]を押します。

[0]〜[9] (テンキー)でボックス番号を入力して指定する場合は、2桁のボックス番号を入力したあと、[OK]を押します。

ボックス番号を間違って入力した場合は、(クリア)を押して正しいボックス番号を入力します。

文書が保存されているボックスは、文書入りのボックスアイコン( )が表示されます。
暗証番号が設定されているボックスには、ボックスアイコンの横にカギマーク( )が
表示されます。

ボックス番号を間違って押した場合は、[閉じる]を押して正しいボックス番号を押します。

3

<暗証番号をテンキー入力してください。>と表示された場合は、暗証番号を[0]〜[9] (テンキー)で入力したあと、[OK]を押します。

ボックスの登録をするときに設定した暗証番号を入力します。

暗証番号を設定していない場合は、この操作は必要ありません。

4

プリントする順番に文書を選択したあと、[プリント]を押します。

7件以上の文書が保存されている場合は[▼][▲]を押して表示させます。複数の文書を選択することもできます。

[全選択(100文書まで)]を押すと、ボックス内の文書を先頭から100文書目まですべて選択することができます。(文書を選択しているときは、[選択解除]に変わります。)

選択した順に番号が表示され、番号順にプリントされます。
選択した文書は、もう一度押すと選択を解除することができます。
[選択解除]を押すと、文書の選択がすべて解除されます。(このとき[選択解除]は、[全選択(100文書まで)]に変わります。)
5

プリント設定変更]を押します。

プリント部数を変更する場合は、[0]〜[9](テンキー)で必要なプリント部数を入力します。

 

複数の文書を選択した場合は、プリント画面から[部数変更]を押して、プリント部数を変更することもできます。

プリントの設定を変更しない場合は、【手順7】へ進みます。

6

プリント設定変更画面でプリントモードを設定します。

[元の設定に戻す]を押すと、パソコンまたはコピー機能の[ボックス保存]から記録さ
せた文書は記録時の設定に、読み込んで記録させた文書はローカルプリントの標準モードに戻ります。
プリント設定変更画面では、カラー/白黒の選択、用紙選択、両面プリント、仕上げ、応
用モードの設定などができます。
7

プリント開始]を押します。

選択した文書数が1文書のときは右の画面のようになります。

選択した文書数が複数のときは右の画面のようになります。

プリント結果や保存文書確認用のプリントを1部または指定ページプリントする場合は、[試しプリント]を押します。

設定したプリントモードを登録する場合は、[プリント設定登録]を押します。

プリントしたデータを消去する場合は、[プリント後文書消去]を押します。

プリント中のジョブ、先に予約されているジョブがある場合は、プリント待機状態になります。

プリントが開始されると、右の画面が表示されます。

プリントが終了すると、ボックス選択画面に戻ります。

読み取り時に指定したサイズと実際のプリントサイズに誤差が生じたときは、調整/ク
リーニング(初期設定/登録)の[ズーム微調整]で調整することができます

プリント中に濃度を変更したり、プリントを中止するなどの操作ができます。

プリントを中止する場合は、[中止]を押します。( (ストップ)では中止できません。)
次のプリントを予約する場合は、[閉じる]を押してプリントする文書が保存されているボックスを選択し、文書を選択したあと、[プリント開始]を押します。
以上でボックス内の文書をプリントする方法は完了です。

戻る


■関連情報

  • ボックスに原稿を読み込む方法(iR C5185/C4580/C4080)
  • ボックス内の文書を出力するときの用紙サイズを変更する(iR C5185/C4580/C4080)

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR C3880 / iR C3880F / iR C4080 / iR C4080F / iR C4580 / iR C4580F / iR C5180 / iR C5180N / iR C5185 / iR C5185N

 

[TOP▲]
このページのトップへ