ボックス内の文書を出力するときの用紙サイズを変更する(iR C5185/C4580/C4080/C3880)



ボックス内の文書を出力するときの用紙サイズを変更する(iR C5185/C4580/C4080/C3880)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000049635



ここでは、ボックス内の文書を出力するときの用紙サイズを変更する方法について説明します。
ユーザボックス内に保存した文書をプリントする場合に用紙サイズを設定することができます。

【重要】
  • メモリ受信ボックス、ファクスボックスに保存した文書は、設定を変えてプリントすることはできません。
  • 用紙の種類は必ず正しく設定してください。特に厚紙など、特別な種類の用紙にプリントする場合は正しく設定されていないと画像不良が起こる可能性があり、定着器が汚れたり紙の巻きつきが発生したりして、担当サービスによる修理が必要になる場合もあります。
用紙の種類の詳細については、ユーザーズガイド「第2章おもな機能と基本的な使いかた」を参照してください。

インチ単位で入力する方法は、ユーザーズガイド「第2章おもな機能と基本的な使いかた」を参照してください。


■ボックス内の文書を出力するときの用紙サイズを変更する

ボックス内の文書を出力するときの用紙サイズ変更
1

目的のユーザボックスを指定して、プリントする文書を選択したあと、[プリント]→[プリント設定変更]→[用紙選択]を押します。

[元の設定に戻す]を押すと、パソコンまたはコピー機能の[ボックス保存]から記録さ
せた文書は記録時の設定に、読み込んで記録させた文書はローカルプリントの標準モードに戻ります。

仕上げの設定によって、使用できる用紙サイズと用紙種類が異なります。

 

 

2

プリントする用紙を選択します。

【重要】
  • 読取サイズで[A3+]を指定して読み込んだ文書をプリントする場合は、カセットまたは手差しトレイに305×457mm、320×450mm(SRA3)の用紙をセットしてプリントしてください。
手差しトレイで封筒、郵便はがき、第2原図、OH フィルム、ラベル用紙、インデックス紙、和紙を選択する場合は、仕上げの設定を「ノンソート」(ソート、グループ、ステイプルソートのいずれも設定されていない状態)にしてください。
手差し用紙の標準モードが登録されている場合は、登録されている用紙のサイズ/種類をあらかじめ選択している画面が表示されます。

●自動的に用紙を選択してプリントする場合(自動用紙選択)

自動用紙選択]を押します。

●用紙を指定してプリントする場合(マニュアル用紙選択)

用紙を選択します。

カセットにセットされた用紙はカセット1から順に表示されます。
セットされている用紙の種類(色紙、再生紙など)をアイコン表示させることができます。
タッチパネルディスプレイに表示されるはタテ置き、はヨコ置きに用紙がセットされていることを示しています。また「R」のついた用紙サイズ(A5Rなど)は給紙カセットまたは手差しトレイにヨコ長にセットされた用紙を表します。

●A/Bサイズの用紙を手差ししてプリントする場合

1)手差し]を押します。

手差しトレイを選択する場合に、プリント中ジョブや先に予約されているジョブが手差し用紙を選択しているときは、<手差し用紙変更予約>で設定します。

2)<A/Bサイズ>から用紙を選択したあと、[次へ]を押します。

インチサイズを選択する場合は、[インチサイズへ]を押します。

3)用紙の種類を選択したあと、[OK]を押します。

リストにない用紙の種類を使用したい場合は、[詳細設定へ]を押して、用紙の種類を選択したあと、[OK]を押します。

すでにプリントされた用紙のウラ面にプリントする場合は、[両面2面目]を押します。

A4、A4Rの用紙を設定したときのみ、OHPフィルムを選択することができます。
用紙種類の選択の詳細設定のリストにない用紙の種類を登録することができます。用紙種類の登録については、ユーザーズガイド「第6章システム管理設定」を参照してください。

●定形サイズ以外の用紙を選択する場合(ユーザ設定サイズ)

1)手差し]を押します。

手差しトレイを選択する場合に、プリント中ジョブや先に予約されているジョブが手差し用紙を選択しているときは、[手差し用紙変更予約]で設定します。

2)ユーザ設定サイズ]を押します。

3)X]を押したあと、数値を入力します。

4)Y]を押したあと、数値を入力します。

5)OK]を押します。

数値を入力する替わりに、用紙サイズが登録されているサイズキー([S1]〜[S5])を選択することもできます。

サイズキー([S1]〜[S5])を選択する場合は、あらかじめ用紙サイズをキーに登録し
ておく必要があります。用紙サイズの登録のしかたは、ユーザーズガイド「第4章使い
かたにあわせた仕様の設定」を参照してください。

6)次へ]を押します。

7)用紙の種類を選択したあと、[OK]を押します。

リストにない用紙の種類を使用したい場合は、[詳細設定へ]を押して、用紙の種類を選択したあと、[OK]を押します。すでにプリントされた用紙のウラ面にプリントする場合は、[両面2面目]を押します。

【重要】
  • ユーザ設定サイズの用紙を選択した場合は、回転ソート、回転グループ、シフトソート、シフトグループ、ステイプルソート、パンチ穴、両面プリント、製本、表紙/合紙、表紙/仕切紙、インデックス紙作成の設定はできません。

●封筒を選択する場合

1)手差し]を押します。

手差しトレイを選択する場合に、プリント中ジョブや先に予約されているジョブが手差し用紙を選択しているときは、[手差し用紙変更予約]で設定します。

2)封筒]を押します。

3)封筒の種類を選択して、[OK]を押します。

【重要】
  • 封筒の種類は正しく選択してください。紙づまりの原因になることがあります。
  • 封の部分にのりが付いた封筒を使用すると、定着器の熱や圧力により、のりが溶けることがあります。
  • 封筒を選択した場合は、仕上げ、両面プリント、表紙/合紙、表紙/仕切紙、製本、イメージ合成、インデックス紙作成の設定はできません。

4)OK]を押します。

●郵便はがきを選択する場合

1)手差し]を押します。

手差しトレイを選択する場合に、プリント中ジョブや先に予約されているジョブが手差し用紙を選択しているときは、[手差し用紙変更予約]で設定します。

2)はがき]を押します。

3)郵便はがきの種類を選択したあと、[OK]を押します。

すでにプリントされた郵便はがきのウラ面にプリントする場合は、[両面2面目]を押します。

【重要】
  • 郵便はがきの種類は正しく選択してください。紙づまりの原因になることがあります。
  • 郵便はがきを選択した場合は、仕上げ、両面プリント、表紙/合紙、表紙/仕切紙、製本、イメージ合成、インデックス紙作成の設定はできません。

4)OK]を押します。

3

閉じる]を押します。

4

プリント開始]を押します。

以上でボックス内の文書を出力するときの用紙サイズを変更する方法は完了です。

戻る


■関連情報

  • ボックスに原稿を読み込む方法(iR C5185/C4580/C4080)
  • ボックス内の文書を出力するときの用紙サイズを変更する(iR C5185/C4580/C4080)

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR C3880 / iR C3880F / iR C4080 / iR C4080F / iR C4580 / iR C4580F / iR C5180 / iR C5180N / iR C5185 / iR C5185N

 

[TOP▲]
このページのトップへ