各給紙箇所の用紙サイズと種類を切り替える(iR C5185/C4580/C4080/C3880)



各給紙箇所の用紙サイズと種類を切り替える(iR C5185/C4580/C4080/C3880)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000049637



ここでは、各給紙箇所の用紙サイズと種類を切り替える方法について説明します。


■各給紙箇所の用紙サイズと種類を切り替える

本製品にセットした用紙の種類を登録することができます。

【重要】
  • 用紙の種類は必ず正しく登録してください。特に厚紙など、特別な種類の用紙にプリントする場合は正しく登録されていないと画像不良が起こる可能性があり、定着器が汚れたり紙の巻きつきが発生したりして、担当サービスによる修理が必要になる場合もあります。

給紙箇所の用紙種類の登録
1

初期設定/登録]→[共通仕様設定]→[用紙種類の登録]を押します。

2

用紙種類を登録する給紙箇所を選択したあと、[設定]を押します。

給紙箇所の各番号はそれぞれ以下の場所を示しています。

2段カセットペディスタル・Z2+サイドペーパーデッキ・Y1装着時

(1)カセット1

(2)カセット2

(3)カセット3(オプション)

(4)カセット4(オプション)

(5)サイドペーパーデッキ・Y1(オプション)

3

セットする用紙種類を選択したあと、[OK]を押します。

登録した用紙種類と同じ種類の用紙をセットしてください。
サイドペーパーデッキの給紙箇所を選択した場合は、[OHPフィルム]は表示されません。

【重要】
  • 用紙種類をOHPフィルムで登録したカセットに普通紙をセットすると紙づまりが起きます。OHPフィルムで登録したカセットには、必ずOHPフィルムをセットしてください。
用紙種類の詳細については、「使用できる用紙について」を参照してください。

[用紙種類の選択]の詳細設定のリストにない用紙の種類を登録することができます。用紙種類の登録については、「ユーザ定義の用紙種類を登録/編集する(用紙種類の管理設定)」を参照してください。

ここで設定した用紙種類は、各機能の用紙選択時に、右の画面のように表示されます。
以上で給紙箇所の用紙種類の登録は完了です。

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR C3880 / iR C3880F / iR C4080 / iR C4080F / iR C4580 / iR C4580F / iR C5180 / iR C5180N / iR C5185 / iR C5185N

 

[TOP▲]
このページのトップへ