手差し用紙の標準モードを登録する(iR C5185/C4580/C4080/C3880)



手差し用紙の標準モードを登録する(iR C5185/C4580/C4080/C3880)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000049645



ここでは、手差し用紙の標準モードを登録する方法について説明します。


■手差し用紙の標準モードを登録する

手差し用紙の標準モードを登録しておくと、カセットと同様に手差しトレイを利用することができます。手差しトレイにいつも同じサイズ、種類の用紙をセットする場合に便利です。ファクスをご使用の場合は、標準モードを登録しておくと、手差し用紙を使用して受信することができます。

【重要】
  • 用紙の種類は必ず正しく登録してください。特に厚紙など、特別な種類の用紙にプリントする場合は正しく登録されていないと画像不良が起こる可能性があり、定着器が汚れたり紙の巻きつきが発生したりして、担当サービスによる修理が必要になる場合もあります。

コピー、ボックス、受信/ファクスで手差しトレイを給紙段としてお使いになる場合は、手差しトレイをカセットオート選択の対象にしておく必要があります。


手差し用紙の標準モードの登録

1

初期設定/登録]→[共通仕様設定]→[手差し用紙の標準モード登録]を押します。

2

ON]→[登録]を押します。

[OFF]を押した場合は、そのまま【手順5】へ進みます。

3

用紙サイズを選択します。

●A/Bサイズの用紙を選択する場合
「A/Bサイズ」から用紙を選択したあと、[次へ]を押します。
インチサイズを選択する場合は、[インチサイズへ]を押します。

●定形サイズ以外の用紙を選択する場合
1) ユーザ設定サイズ]を押します。
2) 画面上のテンキーを使用して、mm単位で用紙サイズを入力します。
3) X]を押したあと、数値を入力します。
4) Y]を押したあと、数値を入力します。
5) OK]を押します。

数値を入力するかわりに、用紙サイズが登録されているサイズキー([S1]〜[S5])を選択することもできます。
インチ単位で入力するときは、[インチ入力へ]を押します。共通仕様設定(初期設定/登録)でインチ入力のON/OFF を「ON」に設定しておきます。
インチ単位で入力する方法は、「インチ入力のしかたについて」を参照してください。
間違って入力したときは、[C]を押して正しい数値を入力します。
サイズキー([S1]〜[S5])を選択する場合は、あらかじめ用紙サイズをキーに登録しておく必要があります。用紙サイズの登録のしかたについては、「ユーザ設定サイズを登録/編集する」を参照してください。
6) 次へ]を押します。

●封筒を選択する場合
1) 封筒]を押します。
2) 封筒の種類を選択したあと、[OK]を押します。
【重要】
・封筒の種類は正しく選択してください。紙詰まりの原因になることがあります。
3) OK]を押したあと、【手順5】 に進みます。

●郵便はがきを選択する場合
1) はがき]を押します。
2) 郵便はがきの種類を選択したあと、[OK]を押します。
3) OK]を押したあと、【手順5】に進みます。
4 用紙の種類を選択したあと、[OK]を押します。
A4またはA4Rの用紙を設定したときのみ、OHPフィルムを選択することができます。
用紙の種類については、「使用できる用紙について」を参照してください。
[用紙種類の選択]の詳細設定のリストにない用紙の種類を登録することができます。用紙種類の登録については、「ユーザ定義の用紙種類を登録/編集する(用紙種類の管理設定)」を参照してください。
5

OK]を押します。

以上で手差し用紙の標準モードの登録は完了です。

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR C3880 / iR C3880F / iR C4080 / iR C4080F / iR C4580 / iR C4580F / iR C5180 / iR C5180N / iR C5185 / iR C5185N

 

[TOP▲]
このページのトップへ