読み取り済みの原稿にスタンプ(済スタンプ)をつける方法(iR C5185/C4580/C4080/C3880)



読み取り済みの原稿にスタンプ(済スタンプ)をつける方法(iR C5185/C4580/C4080/C3880)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000049646



ここでは、読み取り済みの原稿にスタンプをつける(済スタンプ)方法について説明します。
読み取った原稿の表面に直径約3mmのスタンプを押すことで、読み取りが終了した原稿を区別することができます。

●スタンプが押される位置    

タテ置き

ヨコ置き


【重要】
  • 済スタンプは、読取サイズ(指定サイズ)、ページ連写の各機能と組み合わせた設定はできません。
  • 済スタンプは、ファクスのダイレクト送信、手動送信と組み合わせた設定はできません。
フィーダにオプションのスタンプユニットを装着した場合にのみスタンプをつけることができます。
済スタンプは、フィーダから読み取った原稿につけられます。
マルチカラーイメージリーダー・G1装着時に[済スタンプ]と[両面原稿]を組み合わせた場合、フィーダの読み取り方式を「両面同時読込」に設定している場合は原稿の両面または片面にスタンプを押すかどうかの確認画面が表示されます。[両面]を選択した場合は、フィーダの読み取り方式は「反転読込」に自動的に変更されます。
マルチカラーイメージリーダー・G1装着時に[済スタンプ]と[両面原稿]を組み合わせた場合、フィーダの読み取り方式を「両面同時読込」に設定している場合は原稿の両面または片面にスタンプを押すかどうかの確認画面が表示されます。[両面]を選択した場合は、原稿の読み込みが遅くなる場合があります。
済スタンプ確認表示画面については、「両面原稿送信時の済スタンプ確認表示を設定する(両面原稿送信時の済スタンプ確認表示)」を参照してください。

INDEX

  1. 読み取り済みの原稿にスタンプをつける(済スタンプ)
  2. 送信機能の標準モードの変更方法

■読み取り済みの原稿にスタンプをつける(済スタンプ)

読み取り済みの原稿にスタンプをつける
1

フィーダに原稿をセットして、宛先を指定したあと、[送信設定]を押します。

送信/受信仕様設定(初期設定/登録)の送信機能の標準モードの変更でも設定できます。
2

済スタンプ]→[閉じる]を押します。

取り消す場合は、もう一度[済スタンプ]を押します。

3

スタート]ボタンを押します。

済スタンプがはっきりと押されなかった場合は、ユーザーズガイド「第7章日常のメンテナンス」を参照してください。
以上で読み取り済みの原稿にスタンプをつける方法は完了です。

戻る


■送信機能の標準モードの変更方法

送信機能の標準モードとして登録されている読取モードを変更することができます。

オプションのFAXボード(iRC4580F、iRC4080FはスーパーG3FAXボードが標準装備)装着時で、ファクスを送信するときは、ここで設定したファイル形式は無効になります。

オプションのSend拡張キットを有効にした場合は、ファイル形式も変更することができます。
ファクスやI ファクスを送信するときは、ここで設定したファイル形式は無効になります。ただし、「PDF(アウトライン)」または「PDF(高圧縮)」が標準モードとして登録されていると、ファクス/I ファクス送信時に、ファイル形式の変更を促すメッセージが表示されることがあります。表示された場合は、「PDF(アウトライン)」または「PDF(高圧縮)」以外のファイル形式に変更してください。

送信機能の標準モードの変更方法
1

初期設定/登録]→[送信/受信仕様設定]→(共通設定)[送信機能設定]→[送信機能の標準モードの変更]を押します。

2

各項目を設定したあと、[OK]を押します。

[読取モード] 読取モードドロップダウンリストを押したあと、設定するモードを選択します。登録した読取モードを設定することもできます。

[済スタンプ]

[済スタンプ]を押します。取り消す場合は、もう一度[済スタンプ]を押します。
[ファイル形式]

[ファイル形式]を押して、送信する画像のファイル形式を選択します。ファイル形式は、次の形式から選択できます。各ファイル形式については以下を参照してください。

[TIFF/PDF自動選択]
[TIFF/JPEG自動選択]
[JPEG]
[TIFF]
「ファイル形式の設定をする」
[PDF]

[アウトライン]:「アウトライン化したPDFを送信する(アウトライン)」

[高圧縮]:「高圧縮PDF を送信する(高圧縮)」
[OCR(文字認識)]:「サーチャブルPDFを送信する(OCR(文字認識))」

ファイル形式の詳細については、用語集の「ファイル形式(TIFF、PDF、JPEG)」を参照してください。

[OCR(文字認識)]は、オプションのサーチャブルPDF拡張キットを有効にした場合に表示されます。
送信画面ですぐに標準モードの設定にする場合は、(リセット)を押します。
以上で送信機能の標準モードの変更方法は完了です。

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR C3880 / iR C3880F / iR C4080 / iR C4080F / iR C4580 / iR C4580F / iR C5180 / iR C5180N / iR C5185 / iR C5185N

 

[TOP▲]
このページのトップへ