済スタンプの概要/位置/操作方法



済スタンプの概要/位置/操作方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000050287





済スタンプの概要
 原稿送り装置から読み込んだファクス送信原稿へ、送信済みであることを示す
 スタンプを自動的に押し、読み込んでいない原稿との区別をする機能です。
済スタンプの場所
  ・面   :原稿の表面 (両面読み込みの場合は両面)
  ・位置 :原稿読み込み方向に対し、後端から1cm 中央近く
  ・形状 :約3mmの丸にバツ印が付きます。
操作方法
  送信/ファクス画面>送信設定>済スタンプ 【注意】
以下の機能と連携は出来ません。

    ・原稿台での読み込み
    ・読み取りサイズ(指定サイズ)
    ・ページ連写
    ・ダイレクト送信/手動送信 

          「送信の種類(参考)」
      ○メモリ送信   :送信原稿を一旦メモリに読み込んでから送信開始します。
      ×ダイレクト送信:相手先と通信がつながった時点で、原稿を読み始めます。
      ×手動送信   :ハンドセットから通話後、原稿をセットしてスタートキーで送信開始します。




 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR C2570 / iR C2570F / iR C2880 / iR C2880F / iR C3080 / iR C3080F / iR C3100 / iR C3100F / iR C3100N / iR C3100i / iR C3170 / iR C3170F / iR C3380 / iR C3380F / iR C3580 / iR C3580F / iR C3880 / iR C3880F / iR C4080 / iR C4080F / iR C4580 / iR C4580F / iR C5180 / iR C5180N / iR C5185 / iR C5185N / iR C5800 / iR C5800N / iR C5870 / iR C5870N / iR C5880N / iR C6800 / iR C6800N / iR C6870 / iR C6870N / iR C6880N

 

[TOP▲]
このページのトップへ