イントラネットFAXとは



イントラネットFAXとは
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000050412




イントラネットFAXとは、社内LANを利用してイントラネットFAX対応iRシリーズ同士でインターネットFAXを送受信する機能です。
イントラネットFAXのメリット
 
・インターネットFAXがメールサーバを介して通信を行うのに対して、イントラネットFAXはメールサーバを
 介しません。このため送信が正常に完了していれば、受信側は受信を完了しています。従ってメール
 送信やインターネットFAXと比べて即時性が高くなっています。

・社内LAN上で電子メール機能を利用していますので通信費は固定となり通信コストは別途かかりません。

・最大A3、600dpiの高画質送受信が可能です。
【環境:注意!
    ・TCP/IPプロトコルの社内LANが必要です。
    ・電子メール/I-FAX接続をしていない場合でもイントラネットFAX送信はできます。
     その場合でもiR本体の電子メール設定とDNS設定をする必要があります。
     (全項目入力が必要ですがダミーデータ(任意の数列等)でかまいません。
     
受信機側も設定は必要です。

    ※ iRから電子メール送信/I-FAX送信をすでに行っている環境であれば、本体の電子メール設定と
      DNS設定は正確なデータを入力してください。

    ユーザ環境の詳細はシステム管理者・サービスに確認してください。
  【宛先のアドレス】
    半角英数の任意の名称@[受信iRのIPアドレス]
                         ↑IPアドレスを[]でくくる
     (アドレス全体で半角128文字まで)

  【送信方法】
    1、初期設定/登録>システム管理設定>通信管理設定>電子メール/Iファクス設定
      >サーバの経由>ON

    2、iR本体の送信/ファクス画面>新規宛先>Iファクス>Iファクスアドレスに上記のアドレスを入力
      >サーバの経由>OFF

    ※Iファクスの新規宛先画面には[モード選択]項目として「Simple」「Full」と選択できます。
      インターネットFAX FULLモードの機能である「送達確認機能」を使用したい場合は「Full」で
      設定して下さい。
       →送信はサーバ経由ではありませんが、送達確認機能が使用できます。
     (「送達確認機能」を使用するには、環境内のメールサーバとDNSサーバを使用しますので、
      iR本体にも設定する必要があります)


    3、相手先の条件を入力する
      用紙サイズ・解像度は相手先の条件画面で設定した条件が有効になります。
      A3サイズを送信するには相手先の条件画面でA3を設定して下さい。


  【送信ファイル】
    最大A3サイズのTIFFファイルです(紙で印刷します)

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR C2570 / iR C2570F / iR C2620 / iR C2620N / iR C2880 / iR C2880F / iR C3080 / iR C3080F / iR C3100 / iR C3100F / iR C3100N / iR C3100i / iR C3170 / iR C3170F / iR C3200 / iR C3200N / iR C3220 / iR C3220N / iR C3380 / iR C3380F / iR C3580 / iR C3580F / iR C3880 / iR C3880F / iR C4080 / iR C4080F / iR C4580 / iR C4580F / iR C5180 / iR C5180N / iR C5185 / iR C5185N / iR C5800 / iR C5800N / iR C5870 / iR C5870N / iR C5880N / iR C6800 / iR C6800N / iR C6870 / iR C6870N / iR C6880N

 

[TOP▲]
このページのトップへ