imageRUNNERをネットワークに接続した場合、外部からの不正アクセスを防ぐことは出来ますか



imageRUNNERをネットワークに接続した場合、外部からの不正アクセスを防ぐことは出来ますか
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000050968




可能です。
iR/Color imageRUNNERでは、印刷サービスや受信サービス等のネットワークアプリケーションを
各項目ごとにON/OFF設定する機能を標準搭載しています。
使用するアプリケーションのみを有効(ON)とすることにより、使用しないポートの不必要な公開を
避けることが可能となり、セキュリティを強化することが出来ます。
設定はユーザモードにて行います。
各ネットワークアプリケーションのON/OFF設定方法
【TCP/IP設定】
ユーザモード>システム管理設定>ネットワーク設定>TCP/IP設定(iR C3170の場合)
項目名 設定 操作部の設定状態
LPD設定 LPD印刷を使用する ON/OFF
バナーページの出力
(メニュー表示位置の変更)
ON/OFF
RAW設定 RAW印刷を使用する ON/OFF
双方向を使用する ON/OFF
HTTP設定 HTTPを使用する ON/OFF
IPP設定 IPP印刷を使用する ON/OFF
 【SMB設定】
ユーザモード>システム管理設定>ネットワーク設定>SMBサーバ設定(iR C3170の場合)
項目名 設定 操作部の設定状態
SMB設定 SMB印刷を使用する ON/OFF
【SNMP設定】
ユーザモード>システム管理設定>ネットワーク設定>SNMP設定(iR C3170の場合)
項目名 設定 操作部の設定状態
SNMP設定 SNMPを使用する ON/OFF
コミュニティ設定 文字列
 【電子メール/I-FAX設定】

ユーザモード>システム管理設定>電子メール/Iファクス(iR C3170の場合)
項目名 設定 操作部の設定状態
SMTP設定 SMTP受信する ON/OFF
POP設定 POP受信する ON/OFF

LPD/RAW/IPP/HTTP/SNMP/SMBは立ち上がり時に操作部の設定状態(ON/OFF)を判断し、OFFの場合には、ネットワークに対してポートをオープンせず、停止にします


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR C2550F / iR C2570 / iR C2570F / iR C2620 / iR C2620N / iR C2880 / iR C2880F / iR C3080 / iR C3080F / iR C3100 / iR C3100F / iR C3100N / iR C3100i / iR C3170 / iR C3170F / iR C3200 / iR C3200N / iR C3220 / iR C3220N / iR C3380 / iR C3380F / iR C3580 / iR C3580F / iR C3880 / iR C3880F / iR C4080 / iR C4080F / iR C4580 / iR C4580F / iR C5180 / iR C5180N / iR C5185 / iR C5185N / iR C5800 / iR C5800N / iR C5870 / iR C5870N / iR C5880N / iR C6800 / iR C6800N / iR C6870 / iR C6870N / iR C6880N

 

[TOP▲]
このページのトップへ