地紋印字時の濃度調整方法



地紋印字時の濃度調整方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000051132




以下の調整方法が有効な現象
  ・背景と地紋の濃度のバランスが悪く、地紋内容が事前にわかってしまう場合

  ・背景の濃度が濃すぎて原稿の文字が見づらい場合
調整方法
 1、初期設定/登録>調整/クリーニング>文字/背景のコントラスト調整画面を開く

 2、調整する色(地紋の文字列の色)を選択し、サンプルプリント:はい を押す
     ※確認したい背景画像があれば「プリント設定」を押し、設定をする



 3、サンプルプリントの結果から、文字が目立ちにくいイメージの相対コントラスト値を▲▼を押して
    設定する

 4、OKを押す
【3、において、サンプルプリント内に、文字が目立ちにくいイメージが見つからない場合】

1、基準値の設定>サンプルプリント:はい を押す
2、基準値サンプルプリントの結果より、外側の四角と内側の四角の濃度が最も
  均一な地紋イメージの数値を押して設定する
3、再度サンプルプリントを出力する

【3、において、地紋(潜像部)の濃度を再調整をする場合】

1、潜像部の濃度>-、+を押して設定する
2、OKを押し、再度サンプルプリントを出力する
参考
  ・「基準値」とは

    地紋の背景の濃度の基準値

  ・「相対コントラスト」とは

    背景の濃度に対する相対的な潜像(地紋)の濃度
注意点
 ・文字と背景のコントラストが均一ですと地紋印字の効果が高くなります。
   (出力物には文字がほとんど見えない)
   この場合コピー後の文字(地紋)の浮き上がりが弱くなります。

 ・地紋は大ドットと小ドットで構成されており、デバイスの個体差や環境(気温湿度など)により、
  ドットの再現性が変動します。そのため、上記のようなドットの濃度を補正する機能を用意しています。


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR C2880 / iR C2880F / iR C3080 / iR C3080F / iR C3380 / iR C3380F / iR C3580 / iR C3580F / iR C3880 / iR C3880F / iR C4080 / iR C4080F / iR C4580 / iR C4580F / iR C5180 / iR C5180N / iR C5185 / iR C5185N / iR C5880N / iR C6880N

 

[TOP▲]
このページのトップへ