Easy-PhotoPrint でフチなし印刷をする方法 (Mac OS X)



Easy-PhotoPrint でフチなし印刷をする方法 (Mac OS X)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000000325




  Easy-PhotoPrint でフチなし印刷をする方法 (Mac OS X)
 Easy-PhotoPrint を使うと、簡単にフチなし印刷を行うことができます。
   
 <操作手順>
 ※Easy-PhotoPrint V3.3.0 を使用した手順で説明しています。
   
1. [ 1 画像選択 ] シートで印刷する画像を選んで、[ 次へ ] をクリックします。。
 
   
2. [ 2 用紙選択 ] シートで [ プリンタ ]、[ 給紙方法 ]、[ 用紙のサイズ ]、[ 用紙の種類 ] を設定します。
設定が済んだら、[ 次へ ] をクリックします。
  ※プリンタの機種によって選択できる内容が異なります。
 
   
3. [ 3 レイアウト/印刷 ] シートの [ レイアウト ] から、フチなしのレイアウトを選びます。
 
   
4. 必要に応じて、用紙からはみ出す量を調整します。
 
4-1) [ Easy-PhotoPrint ] メニューより、[ 環境設定 ] を選びます。
4-2) [ 印刷/日付 ] シートを表示して、[ フチなし印刷時のはみ出し量 ] のポップアップメニューから、
[ はみ出し量 ] を選びます。
設定が完了したら[ OK ] をクリックします。
(はみ出し量については、下記< 参考 > を参照してください。)
 

4-3) [ 印刷プレビュー ] に、設定したはみ出し量が反映されます。
   
5. [ 印刷 ] をクリックして、印刷を行ってください。
 
   
  以上で終了です。




<参考>
  フチなし全面印刷は、印刷する画像を用紙サイズよりわずかに拡大して印刷します。
そのため、用紙からはみ出した部分は印刷されません。
   
  通常の印刷 ( フチあり印刷 )
 
   印刷する画像                  印刷結果
   
  フチなし印刷
 
   印刷する画像                元の画像を拡大                   印刷結果
                                                 (色の薄い部分は印刷されない)
   
  用紙からはみ出して印刷されない部分 ( 下図 A ) の大きさを " はみ出し量 "といいます。
はみ出し量は、[ 設定 ] 画面の [ ふちなし印刷時のはみ出し量 ] で設定できます。
はみ出し量を小さくすると、印刷されない部分を少なくすることができますが、小さくしすぎると白いフチができる場合があります。
逆に、はみ出し量を大きくすると、印刷されない部分が大きくなります。
印刷に失敗しないために、本番の前に試し印刷することをお勧めします。
 


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

SELPHY DS810

 

[TOP▲]
このページのトップへ