プリンタドライバでフチなし全面印刷を設定する方法 (Mac OS X)



プリンタドライバでフチなし全面印刷を設定する方法 (Mac OS X)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000000359



  プリンタドライバでフチなし全面印刷を設定する方法 (Mac OS X)
プリンタドライバでフチなし印刷の設定を行うことにより、市販のアプリケーションでフチなし印刷ができます。
   注意
 
  フチなし全面印刷をするデータは、用紙サイズいっぱいに作成してください。余白設定のできるアプリケーションソフトをご使用の場合は、余白を「0mm」に設定してください。
   
<操作手順>
 ※コンピュータとプリンタがケーブルで接続されていることと、プリンタの電源が ON になっていることを確認して、
   以下の手順を行ってください。
 ※アプリケーションソフトによっては、プリントダイアログの表示が異なります。
   
1. [ ファイル ] メニューより [ ページ設定 ] を選びます。
   
2. [ 対象プリンタ ] でご使用のプリンタを選び、[ 用紙サイズ ] では " (フチなし) " と表示されている
用紙サイズを選びます。 設定したら [ OK ] をクリックします。
 
   
3. [ ファイル ] メニューより [ プリント ] を選んで、[ プリント ] ダイアログを開きます。
 
4. [ プリンタ ] のポップアップメニューより、ご使用のプリンタを選びます。
 
   
5. ポップアップメニューより、[ 品位と用紙の種類 ] を選びます。
 
   
6. [ 用紙の種類 ], [ 給紙方法 ] のポップアップメニューより、用紙の種類と給紙方法を選びます。
 
   メモ
 
[ 用紙の種類 ] で [ 高品位専用紙 ], [ Tシャツ転写紙 ], [ OHPフィルム], [ 封筒 ] は選べません。
[ 普通紙 ] でのフチなし全面印刷は推奨していません。
 
                  * 機種によって表示が異なります。
   
7. 用紙からはみ出す量を調整したい場合は、[ はみ出し量 ] を調整します。
   
  7-1.ポップアップメニューより、[ フチなし全面印刷 ] を選びます
 
   
  7-2.[ はみ出し量 ] のスライドバーをドラッグして、はみ出し量を調整します。
   ( はみ出し量については、下記< 参考 >を参照してください。)
 
   
8. [ プリント ] をクリックして印刷を実行します。
  以上で終了です。




<参考>
フチなし全面印刷は、印刷する画像を用紙サイズよりわずかに拡大して印刷します。
そのため、用紙からはみ出した部分は印刷されません。
   
  通常の印刷 ( フチあり印刷 )
 
   印刷する画像                  印刷結果
   
  フチなし印刷
 
   印刷する画像                元の画像を拡大                   印刷結果
                                                  (色の薄い部分は印刷されない)
   
  用紙からはみ出して印刷されない部分 ( 下図 A ) の大きさを " はみ出し量 "といいます。
はみ出し量は、[ はみ出し量 ] のスライドバーで調整することができます。
はみ出し量を小さくする ( スライドバーを左に移動させる ) と、印刷されない部分を少なくすることができますが、
小さくしすぎると白いフチができる場合があります。
逆に、はみ出し量を大きくする ( スライドバーを右に移動させる ) と、印刷されない部分が大きくなります。
印刷に失敗しないために、本番の前に試し印刷することをお勧めします。
 


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

SELPHY DS810

 

[TOP▲]
このページのトップへ