デジタルプリンタCD-200機種仕様



デジタルプリンタCD-200機種仕様
更新日 : 2014年3月18日
文書番号 : Q000036085



詳細情報:
  1. CD-200基本仕様
  2. CD-200同梱品

【詳細1】CD-200基本仕様
 CD-200
  希望小売価格:\59,800(税別)
  商品コード:1992A001
  JANコード:4960999161501
  発売日:1997年11月14日
  販売終了日:1999年1月28日
CD-200本体
項目 内容
プリント方式 昇華型熱転写方式
解像度 CFモード 144 × 158dpi
パソコンモード 144 × 144dpi(標準・高速)
144 × 288dpi(高解像度)
ビデオモード 144 × 158dpi
プリント画素数 CFモード 478 × 700ドット
パソコンモード 480 × 640ドット(標準・高速)
480 × 1280ドット(高解像度)
ビデオモード 464 × 672ドット(フレーム・フィールド)
階調 CMY各色256階調 (10bit処理)
プリント用紙 専用カット紙 100 × 148 (mm)
プリントサイズ CFモード:85 × 112 (mm)
パソコンモード:85 × 113 (mm)
ビデオモード:82 × 108 (mm)
プリント設定枚数 CF/ビデオモード:最大10枚
パソコンモード:最大99枚
プリント時間 最短 約95秒 (CFカードより、データ転送時間を含む)
インクシート カセット方式 (専用)
給紙方式 オート給紙:標準紙25枚セット可能
プリンタ機能 マルチ画面プリント、分割プリント、おまかせタイトル/イラスト、タイトル作成、ストロボプリント、カード記録(JPEG)
カード消去、自動プリント、ワイド対応
入力端子 CFカードスロット、S映像入力端子、映像入力端子(RCAピンジャック)
パラレル端子(セントロニクス準拠36pin)
シリアル端子(Macintoshシリアル8pin)
出力端子 映像出力端子 (RCAピンジャック)
対応パソコン機種 DOS/V PC:
  25pinパラレルコネクターを装備している機種
PC-98シリーズ:
  36pinフルセントロインターフェース標準搭載機種(ハイレゾ機を除く)
  14pinの簡易セントロインターフェースを持つ機種では使用できません。
Macintosh:
  68030以上のCPU搭載機

プリンタドライバ推奨動作環境 DOS/V、PC-98シリーズ

DOS/V、PC-98シリーズ
 OS:
 CPU:
 RAM:
日本語Microsoft Windows95、Windows3.1
80486以上
Windows95は16MB以上、Windows3.1は8MB以上
プリンタドライバ推奨動作環境 Macintosh
Macintosh
 OS: 漢字Talk7以降 QuickDraw出力には対応しています。
漢字Talk7.5のQuickDraw GXには対応していません。
 RAM: 8MB以上 PowerMacintoshでは16MB以上
対応カード 規格 CompactFlash(CF)カード
読み取り
フォーマット
JPEGベースライン方式
サンプリング比:4:4:4、4:2:2、4:2:0、4:1:1
画素数 :320×240〜1536×1024
記録フォーマット JPEGベースライン方式 (JFIF)
サンプリング比:4:2:2
画素数:608×456
許容動作温度 5℃〜35℃
本体寸法 250×89.5×269.5 (mm)
電源 AC100V 50/60Hz
重量(kg) 約2.4 (kg)
最大消費電力 60 W (プリント時)
消費電力 電源投入時:約8W
電源切 (スタンバイ)時:約2W



【詳細2】CD-200同梱品
ハードウェア
  CD-200プリンタ本体  
  ペーパーカセット  
  給紙カセット  
  電源コード  
  TV接続用ピンケーブル  
マニュアル
  ユーザーズガイド  
  プリンタ機能マニュアル  
  ソフトウェアガイド  
  Nifty-Serveイントロパック  
  安全にお使いいただくために  
ソフトウェア
  Windows95/3.1&Macintosh用ドライバ CD-ROM


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CD-200

 

[TOP▲]
このページのトップへ