[ポートの追加] から共有プリンタを追加する方法(Windows XP -> Windows Vista)



[ポートの追加] から共有プリンタを追加する方法(Windows XP -> Windows Vista)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000037239




■[ポートの追加] から共有プリンタを追加する方法 (Windows XP -> Windows Vista)

Windows XP コンピュータに繋がっているプリンタを、同じネットワークに接続している Windows Vista コンピュータから共有して使用することができます。


<ネットワーク構成例>


( メモ )
共有するプリンタを USB ケーブルで接続しているコンピュータ ( A ) を "プリントサーバ"、印刷を行うコンピュータ ( B ) を "クライアント" と呼びます。
また、2 台のコンピュータが同一ネットワーク ( LAN ) 上にある場合の例です。


<設定の流れ>

設定は以下の順番で行います。

1. プリントサーバ機でプリンタを共有できるように設定をする

2. プリントサーバ機のコンピュータ名を確認する

3. 共有設定されたプリンタをクライアント機に新規プリンタとして追加する

( 注 )
- 本作業は全て、管理者権限を持ったユーザでログインして行ってください。
- 本作業を行う前に、プリントサーバ機でプリンタが正常に印刷できることを確認してください。


<設定手順>

ここでは、共有設定して使うプリンタとして、iP2000を例に説明しています。


1. プリントサーバ機でプリンタを共有できるように設定をする

プリントサーバ機に接続されているプリンタを、ネットワーク上で共有できる状態にします。

1-1. サーバ機にプリンタドライバをインストールします。
インストールが完了したら、[ スタート ] メニューから[コントロールパネル]→[プリンタとその他のハードウェア]→[プリンタとFAX]を選択します。
[プリンタとFAX]画面が表示されます。

(メモ)
ご使用の環境によっては表示が異なる場合があります。


1-2. [ Canon iP2000 ] アイコンをクリックして選択後、[ ファイル ] の [ 共有 ] をクリックします。


1-3. [ 危険性を理解した上でウィザードを使わない設定を選択する場合はここをクリックしてください。] をクリックします。

(メモ)
ご使用の環境によっては表示されない場合があります。


1-4. [ ウィザードを使わずにプリンタ共有を有効にする ] にチェックを入れて、[ OK ] をクリックしてください。

(メモ)
ご使用の環境によっては表示されない場合があります。


1-5. [ このプリンタを共有する ] にチェックを入れて、[ 共有名 ] に任意の名称を入力します。
入力したら、[ OK ] をクリックしてプロパティを閉じます。

(メモ)
- ここでは[iP2000]と入力しています。
- ここで入力した[共有名]は、クライアント機の設定時に使用するので、メモを残してください。


1-6. [ Canon iP2000 ] アイコンに共有されていることを表すマーク ( 手のひら ) が表示されていることを確認します。





2. プリントサーバ機のコンピュータ名を確認する

プリントサーバ機のコンピュータ名を確認します。これは、手順3. でプリンタを指定する際に必要になります。

2-1. [マイコンピュータ]を右クリックして、[プロパティ]をクリックします。


2-2. [コンピュータ名]タブをクリックし、[フルコンピュータ名]を確認してください。
この[フルコンピュータ名]が、プリントサーバ機のコンピュータ名になります。

(メモ)
- ここでは、コンピュータ名は[ Canon-9hsx19nhy ]となります。
- ここで確認したサーバ機のコンピュータ名は、クライアント機の設定時に使用するので、メモを残してください。





3. 共有設定されたプリンタをクライアント機に新規プリンタとして追加する

クライアント機に、ネットワーク上にある共有プリンタを、新規プリンタとして追加します。

3-1. クライアント機にプリンタドライバをインストールします。
既にインストールされている場合は、手順 3-2 に進んでください。

3-1-1. [スタート]メニューから[コントロールパネル]→[ハードウェアとサウンド]→[プリンタ]を選択します。
[ プリンタ ] 画面が開いたら、[ プリンタのインストール ] を選択します。


3-1-2. [ ローカルプリンタを追加します ] をクリックします。


3-1-3. 適当なポート( LPT1 など )を選んで次へをクリックします。


3-1-4. 接続するプリンタを選択し、[ 次へ ] をクリックします。


3-1-5. 画面の指示に従って操作し [ 完了 ] ボタンをクリックします。


3-2. [ スタート ]メニューから [ コントロールパネル ] → [ ハードウェアとサウンド ] → [ プリンタ ] を選択します。
[ プリンタ ] 画面が表示されます。

3-3. 接続するプリンタを右クリックし、プロパティを選択します。


3-4. [ ポート ] シートをクリックして [ ポートの追加 ] をクリックします。


3-5. [ Local Part ] を選択し、[ 新しいポート ] ボタンを押下します。


3-6. ポート名入力の画面で、共有プリンタ名を以下のフォーマットで入力し [ OK ] をクリックします。
¥¥プリントサーバ機のコンピュータ名¥プリンタの共有名 (¥マークは半角です)


(メモ)
- プリントサーバ機のコンピュータ名は、手順 2-2 で確認した[フルコンピュータ名]になります。
- プリンタの共有名は、手順 1-5 で入力した共有名になります。

3-7. 開いているウィンドウを閉じます。


これで、クライアント機から共有プリンタへの印刷ができます。
アプリケーションソフトから印刷するときに、プリンタのリストの中から共有プリンタを選んで印刷してください。



戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

SELPHY DS810 / SELPHY DS700

 

[TOP▲]
このページのトップへ