Windows7でのプリンター共有設定方法



Windows7でのプリンター共有設定方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000054004



対処方法

注意
設定方法は、プリントサーバー機とクライアント機のOSの組み合わせによって異なります。

コンピューター(A)に繋がっているプリンターを、同じネットワークに接続している 別のコンピューター(B)から共有して使用することができます。
(A) プリントサーバー機
(B) クライアント機
参考
共有するプリンターを USB ケーブルで接続しているコンピューター (A) を "プリントサーバー機"、印刷を行うコンピューター(B) を "クライアント機" と呼びます。

<設定の流れ>

設定は以下の順番で行います。
1. プリントサーバー機でプリンターを共有できるように設定をする
2. プリントサーバー機のフルコンピューター名を確認する
3. 共有設定されたプリンターをクライアント機に新規プリンターとして追加する
注意
本作業は全て、管理者権限を持ったユーザーでログインして行ってください。


- 準備 -
プリントサーバー機、クライアント機の両方に、キヤノンホームページからダウンロードしたドライバー、またはOS同梱のドライバーをインストールする必要があります。どちらの方法でインストールするかは、プリンター/OSによって異なります。詳細はキヤノンホームページをご参照ください。
  • クライアント機にダウンロードしたドライバーをインストールする時は、インストール完了画面で[接続先を選択]にチェックをつけて、[手動選択] から [LPT1] ポートを選んでインストールを完了してください。
  • クライアント機にOS同梱のドライバーをインストールする時は、[プリンタの追加 ] から [LPT1] ポートを選んでインストールを完了してください。

1. プリントサーバー機でプリンターを共有できるように設定をする
プリントサーバー機に接続されているプリンターを、ネットワーク上で共有できる状態にします。

1-1. [スタート] メニューから [デバイスとプリンター] を選択します。
参考
ご使用の環境によっては表示が異なる場合があります。

1-2. [Canon iP4700 Series] アイコンを選択して、右クリック → [プリンターのプロパティ] をクリックします。

1-3. [共有] タブを選択し、[共有オプション変更] をクリックします。

1-4. [このプリンタを共有する] にチェックを入れて、[共有名] に任意の名称を入力します。
入力したら、[適用] → [OK] の順にクリックしてプロパティを閉じます。
重要
  • ここでは [Canon iP4700 Series] と入力しています。
  • ここで入力した [共有名] は、クライアント機の設定時に使用するので、メモしてください。

1-5. 画面下の [状況] に、共有されていることを表すマーク(人物)が表示されていることを確認します。

2. プリントサーバー機のフルコンピュータ名を確認する
これは、手順3. でプリンターを指定する際に必要になります。

2-1. [スタート] メニューから [コンピューター] を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。

2-2. [フルコンピュータ名] を確認してください。
重要
ここでは、フルコンピュータ名は [プリンターサーバー] となります。
ここで確認したプリントサーバー機のフルコンピュータ名は、クライアント機の設定時に使用するので、メモしてください。

3. 共有設定されたプリンターをクライアント機に新規プリンターとして追加する
クライアント機に、ネットワーク上にある共有プリンターを、新規プリンターとして追加します。

3-1. [スタート] メニューから [コンピューター] → [ネットワーク ] → [プリンターの追加 ] を選択します。
[プリンターの追加] 画面が表示されます。

3-2. [ネットワーク、ワイヤレスまたは Bluetooth プリンタを追加します] を選択します。

3-3. プリントサーバ機で共有の設定をしたプリンターのアイコンをクリックし、[次へ] ボタンをクリックします。
重要
プリンターのアイコンが表示されない場合は、プリントサーバー機との接続を確認してください。それでも表示されない場合は、クライアント機にプリントサーバー機のアカウント(Administrator権限)が設定されているか確認してください。
(プリンターのアイコンが表示されるまでに、時間がかかる場合があります)

3-4. 画面の指示に従って操作し、[完了] をクリックします。

以上で、すべての設定は完了です。


- 準備 -
プリントサーバー機、クライアント機の両方に、キヤノンホームページからダウンロードしたドライバー、またはOS同梱のドライバーをインストールする必要があります。どちらの方法でインストールするかは、プリンター/OSによって異なります。詳細はキヤノンホームページをご参照ください。
  • クライアント機にダウンロードしたドライバーをインストールする時は、インストール完了画面で[接続先を選択]にチェックをつけて、[手動選択] から [LPT1] ポートを選んでインストールを完了してください。
  • クライアント機にOS同梱のドライバーをインストールする時は、[プリンタの追加 ] から [LPT1] ポートを選んでインストールを完了してください。

1. プリントサーバー機でプリンターを共有できるように設定をする
プリントサーバー機に接続されているプリンターを、ネットワーク上で共有できる状態にします。

1-1. [スタート] メニューから [デバイスとプリンター] を選択します。
参考
ご使用の環境によっては表示が異なる場合があります。

1-2. [Canon iP4600 Series] アイコンを選択して、右クリック → [プリンターのプロパティ] をクリックします。

1-3. [共有] タブを選択し、[共有オプション変更] をクリックします。

1-4. [このプリンタを共有する] にチェックを入れて、[共有名] に任意の名称を入力します。
入力したら、[適用] → [OK] の順にクリックしてプロパティを閉じます。
重要
  • ここでは [Canon iP4600 Series] と入力しています。
  • ここで入力した [共有名] は、クライアント機の設定時に使用するので、メモしてください。

1-5. 画面下の [状況] に、共有されていることを表すマーク(人物)が表示されていることを確認します。

2. プリントサーバー機のフルコンピュータ名を確認する
これは、手順3. でプリンターを指定する際に必要になります。

2-1. [スタート] メニューから [コンピューター] を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。

2-2. [フルコンピュータ名] を確認してください。
重要
ここでは、フルコンピュータ名は [プリンターサーバー] となります。
ここで確認したプリントサーバー機のフルコンピュータ名は、クライアント機の設定時に使用するので、メモしてください。

3. 共有設定されたプリンターをクライアント機に新規プリンターとして追加する
クライアント機に、ネットワーク上にある共有プリンタを、新規プリンタとして追加します。

3-1. [スタート] メニューから [プリンタとFAX] を選択します。

3-2. [Canon iP4600 Series] アイコンを右クリックして、[プロパティ]を選択します。

3-3. [ポート]タブをクリックして、[ポートの追加]をクリックします。

3-4. [Local Port] を選択し、[新しいポート]をクリックします。

3-5. [ポート名] 画面で、共有プリンタ名を以下のフォーマットで入力し [OK] をクリックします。
プリントサーバ機のコンピュータ名プリンタの共有名
重要
  • プリントサーバー機のコンピュータ名は、手順 2-2 で確認した [フルコンピュータ名] になります。
  • プリンターの共有名は、手順 1-4 で入力した [共有名] になります。
  • 接続が失敗する場合は、プリントサーバー機、クライアント機での共有設定(OS上の設定)が正しく行なわれていない可能性があります。
このような場合、マイクロソフトでは、ネットワーク上のすべてのコンピューターに同じアカウント、およびパスワードを追加することを推奨しています。

3-6. [プリンターポート] 画面で [閉じる]をクリックし、 [プリンターのプロパティ] で、[適用] → [OK]の順にクリックします。
 

以上で、すべての設定は完了です。


- 準備 -
プリントサーバー機、クライアント機の両方に、キヤノンホームページからダウンロードしたドライバー、またはOS同梱のドライバーをインストールする必要があります。どちらの方法でインストールするかは、プリンター/OSによって異なります。詳細はキヤノンホームページをご参照ください。
  • クライアント機にダウンロードしたドライバーをインストールする時は、インストール完了画面で[接続先を選択]にチェックをつけて、[手動選択] から [LPT1] ポートを選んでインストールを完了してください。
  • クライアント機にOS同梱のドライバーをインストールする時は、[プリンタの追加 ] から [LPT1] ポートを選んでインストールを完了してください。

1. プリントサーバー機でプリンターを共有できるように設定をする
プリントサーバー機に接続されているプリンターを、ネットワーク上で共有できる状態にします。

1-1. [スタート] メニューから [デバイスとプリンター] を選択します。
参考
ご使用の環境によっては表示が異なる場合があります。

1-2. [Canon iP4700 Series] アイコンを選択して、右クリック → [プリンターのプロパティ] をクリックします。

1-3. [共有] タブを選択し、[共有オプション変更] をクリックします。

1-4. [このプリンタを共有する] にチェックを入れて、[共有名] に任意の名称を入力します。
入力したら、[適用] → [OK] の順にクリックしてプロパティを閉じます。
重要
  • ここでは [Canon iP4700 Series] と入力しています。
  • ここで入力した [共有名] は、クライアント機の設定時に使用するので、メモしてください。

1-5. 画面下の [状況] に、共有されていることを表すマーク(人物)が表示されていることを確認します。

2. プリントサーバー機のフルコンピュータ名を確認する
これは、手順3. でプリンターを指定する際に必要になります。

2-1. [スタート] メニューから [コンピューター] を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。

2-2. [フルコンピュータ名] を確認してください。
重要
ここでは、フルコンピュータ名は [プリンターサーバー] となります。
ここで確認したプリントサーバー機のフルコンピュータ名は、クライアント機の設定時に使用するので、メモしてください。

3. 共有設定されたプリンターをクライアント機に新規プリンターとして追加する
クライアント機に、ネットワーク上にある共有プリンターを、新規プリンターとして追加します。

3-1. [スタート] メニューから [プリンタとFAX] を選択します。

3-2. [ファイル] → [プリンタの追加] を選択します。

3-3. [プリンタの追加ウィザード] が表示されます。
[次へ] をクリックします。

3-4. [ネットワークプリンタ、またはほかのコンピュータに接続されているプリンタ] にチェックを入れて、[次へ] をクリックします。

3-5. [指定したプリンタに接続する(プリンタを参照するにはこのオプションを選択して[次へ]をクリック] にチェックを入れて、[名前] に2-2で確認したフルコンピューター名、1-4で確認した共有名を入力します。
[次へ] をクリックします。
重要
設定できない場合は、プリントサーバー機との接続を確認してください。それでも設定できない場合は、クライアント機にプリントサーバー機のアカウント(Administrator権限)が設定されているか確認してください。
(プリンターのアイコンが表示されるまでに、時間がかかる場合があります)

3-6. [はい] をクリックします。

3-7. 画面の指示に従って操作し、[完了] をクリックします。

以上で、すべての設定は完了です。


- 準備 -
プリントサーバー機、クライアント機の両方に、キヤノンホームページからダウンロードしたドライバー、またはOS同梱のドライバーをインストールする必要があります。どちらの方法でインストールするかは、プリンター/OSによって異なります。詳細はキヤノンホームページをご参照ください。
  • クライアント機にダウンロードしたドライバーをインストールする時は、インストール完了画面で[接続先を選択]にチェックをつけて、[手動選択] から [LPT1] ポートを選んでインストールを完了してください。
  • クライアント機にOS同梱のドライバーをインストールする時は、[プリンタの追加 ] から [LPT1] ポートを選んでインストールを完了してください。

1. プリントサーバー機でプリンターを共有できるように設定をする
プリントサーバー機に接続されているプリンターを、ネットワーク上で共有できる状態にします。

1-1. [スタート] メニューから [デバイスとプリンター] を選択します。
参考
ご使用の環境によっては表示が異なる場合があります。

1-2. [Canon iP4600 Series] アイコンを選択して、右クリック → [プリンターのプロパティ] をクリックします。

1-3. [共有] タブを選択し、[共有オプション変更] をクリックします。

1-4. [このプリンタを共有する] にチェックを入れて、[共有名] に任意の名称を入力します。
入力したら、[適用] → [OK] の順にクリックしてプロパティを閉じます。
重要
  • ここでは [Canon iP4600 Series] と入力しています。
  • ここで入力した [共有名] は、クライアント機の設定時に使用するので、メモしてください。

1-5. 画面下の [状況] に、共有されていることを表すマーク(人物)が表示されていることを確認します。

2. プリントサーバー機のフルコンピュータ名を確認する
これは、手順3. でプリンターを指定する際に必要になります。

2-1. [スタート] メニューから [コンピューター] を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。

2-2. [フルコンピュータ名] を確認してください。
重要
ここでは、フルコンピュータ名は [プリンターサーバー] となります。
ここで確認したプリントサーバー機のフルコンピュータ名は、クライアント機の設定時に使用するので、メモしてください。

3. 共有設定されたプリンターをクライアント機に新規プリンターとして追加する
クライアント機に、ネットワーク上にある共有プリンタを、新規プリンタとして追加します。

3-1. [スタート] メニューから [コントロールパネル] → [ハードウェアとサウンド] → [プリンタ] を選択します。

3-2. [Canon iP4600 Series] アイコンを右クリックして、[プロパティ]を選択します。

3-3. [ポート]タブをクリックして、[ポートの追加]をクリックします。

3-4. [Local Port] を選択し、[新しいポート]をクリックします。

3-5. [ポート名] 画面で、共有プリンタ名を以下のフォーマットで入力し [OK] をクリックします。
プリントサーバ機のコンピュータ名プリンタの共有名
重要
  • プリントサーバー機のコンピュータ名は、手順 2-2 で確認した [フルコンピュータ名] になります。
  • プリンターの共有名は、手順 1-4 で入力した [共有名] になります。
  • 接続が失敗する場合は、プリントサーバー機、クライアント機での共有設定(OS上の設定)が正しく行なわれていない可能性があります。
このような場合、マイクロソフトでは、ネットワーク上のすべてのコンピューターに同じアカウント、およびパスワードを追加することを推奨しています。

3-6. [プリンターポート] 画面で [閉じる]をクリックし、 [プリンターのプロパティ] で、[適用] → [OK]の順にクリックします。
 

以上で、すべての設定は完了です。


- 準備 -
プリントサーバー機、クライアント機の両方に、キヤノンホームページからダウンロードしたドライバー、またはOS同梱のドライバーをインストールする必要があります。どちらの方法でインストールするかは、プリンター/OSによって異なります。詳細はキヤノンホームページをご参照ください。
  • クライアント機にダウンロードしたドライバーをインストールする時は、インストール完了画面で[接続先を選択]にチェックをつけて、[手動選択] から [LPT1] ポートを選んでインストールを完了してください。
  • クライアント機にOS同梱のドライバーをインストールする時は、[プリンタの追加 ] から [LPT1] ポートを選んでインストールを完了してください。

1. プリントサーバー機でプリンターを共有できるように設定をする
プリントサーバー機に接続されているプリンターを、ネットワーク上で共有できる状態にします。

1-1. [スタート] メニューから [デバイスとプリンター] を選択します。
参考
ご使用の環境によっては表示が異なる場合があります。

1-2. [Canon iP4700 Series] アイコンを選択して、右クリック → [プリンターのプロパティ] をクリックします。

1-3. [共有] タブを選択し、[共有オプション変更] をクリックします。

1-4. [このプリンタを共有する] にチェックを入れて、[共有名] に任意の名称を入力します。
入力したら、[適用] → [OK] の順にクリックしてプロパティを閉じます。
重要
  • ここでは [Canon iP4700 Series] と入力しています。
  • ここで入力した [共有名] は、クライアント機の設定時に使用するので、メモしてください。

1-5. 画面下の [状況] に、共有されていることを表すマーク(人物)が表示されていることを確認します。

2. プリントサーバー機のフルコンピュータ名を確認する
これは、手順3. でプリンターを指定する際に必要になります。

2-1. [スタート] メニューから [コンピューター] を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。

2-2. [フルコンピュータ名] を確認してください。
重要
ここでは、フルコンピュータ名は [プリンターサーバー] となります。
ここで確認したプリントサーバー機のフルコンピュータ名は、クライアント機の設定時に使用するので、メモしてください。

3. 共有設定されたプリンターをクライアント機に新規プリンターとして追加する
クライアント機に、ネットワーク上にある共有プリンターを、新規プリンターとして追加します。

3-1. [スタート] メニューから [ネットワーク] → [プリンタの追加] を選択します。

3-2. [ネットワーク、ワイヤレスまたは Bluetooth プリンタを追加します] を選択し、[次へ] をクリックします。

3-3. プリントサーバ機で共有の設定をしたプリンターのアイコンをクリックし、[次へ] をクリックします。
重要
プリンターのアイコンが表示されない場合は、プリントサーバー機との接続を確認してください。それでも表示されない場合は、クライアント機にプリントサーバー機のアカウント(Administrator権限)が設定されているか確認してください。
(プリンターのアイコンが表示されるまでに、時間がかかる場合があります)

3-4. 画面の指示に従って操作し、[完了] ボタンをクリックします。

以上で、すべての設定は完了です。


- 準備 -
プリントサーバー機、クライアント機の両方に、キヤノンホームページからダウンロードしたドライバー、またはOS同梱のドライバーをインストールする必要があります。どちらの方法でインストールするかは、プリンター/OSによって異なります。詳細はキヤノンホームページをご参照ください。
  • クライアント機にダウンロードしたドライバーをインストールする時は、インストール完了画面で[接続先を選択]にチェックをつけて、[手動選択] から [LPT1] ポートを選んでインストールを完了してください。
  • クライアント機にOS同梱のドライバーをインストールする時は、[プリンタの追加 ] から [LPT1] ポートを選んでインストールを完了してください。

1. プリントサーバー機でプリンターを共有できるように設定をする
プリントサーバー機に接続されているプリンターを、ネットワーク上で共有できる状態にします。

1-1. [スタート] メニューから [コントロールパネル] → [ハードウェアとサウンド] → [プリンタ] を選択します。
参考
ご使用の環境によっては表示が異なる場合があります。

1-2. [Canon iP4700 Series] アイコンを選択して、右クリック → [共有] を選択します。

1-3. [共有] タブの[共有オプションの変更] をクリックします。

1-4. [このプリンタを共有する] にチェックを入れて、[共有名 ] に任意の名称を入力します。
[適用] → [OK] の順にクリックしてプロパティを閉じます。
重要
  • ここでは [Canon iP4700 Series] と入力しています。
  • ここで入力した [共有名] は、クライアント機の設定時に使用するので、メモしてください。

1-5. [Canon iP4700 Series] アイコンに共有されていることを表すマーク ( 人物 ) が表示されていることを確認します。

2. プリントサーバー機のフルコンピュータ名を確認する
これは、手順3. でプリンターを指定する際に必要になります。

2-1. [スタート]メニュー から [コンピュータ] を右クリックして、 [プロパティ] をクリックします。

2-2. [フルコンピュータ名] を確認してください。
重要
ここでは、フルコンピュータ名は [プリンターサーバー] となります。
ここで確認したプリントサーバー機のコンピュータ名は、クライアント機の設定時に使用するので、メモしてください。

3. 共有設定されたプリンターをクライアント機に新規プリンターとして追加する
クライアント機に、ネットワーク上にある共有プリンターを、新規プリンターとして追加します。

3-1. [スタート] メニューから [コンピューター] → [ネットワーク ] → [プリンターの追加 ] を選択します。
[プリンターの追加] 画面が表示されます。

3-2. [ネットワーク、ワイヤレスまたは Bluetooth プリンタを追加します] を選択します。

3-3. プリントサーバ機で共有の設定をしたプリンターのアイコンをクリックし、[次へ] をクリックします。
重要
プリンターのアイコンが表示されない場合は、プリントサーバー機との接続を確認してください。それでも表示されない場合は、クライアント機にプリントサーバー機のアカウント(Administrator権限)が設定されているか確認してください。
(プリンターのアイコンが表示されるまでに、時間がかかる場合があります)

3-4. 画面の指示に従って操作し、[完了] をクリックします。

以上で、すべての設定は完了です。


- 準備 -
プリントサーバー機、クライアント機の両方に、キヤノンホームページからダウンロードしたドライバー、またはOS同梱のドライバーをインストールする必要があります。どちらの方法でインストールするかは、プリンター/OSによって異なります。詳細はキヤノンホームページをご参照ください。
  • クライアント機にダウンロードしたドライバーをインストールする時は、インストール完了画面で[接続先を選択]にチェックをつけて、[手動選択] から [LPT1] ポートを選んでインストールを完了してください。
  • クライアント機にOS同梱のドライバーをインストールする時は、[プリンタの追加 ] から [LPT1] ポートを選んでインストールを完了してください。

1. プリントサーバー機でプリンターを共有できるように設定をする
プリントサーバー機に接続されているプリンターを、ネットワーク上で共有できる状態にします。

1-1. [スタート] メニューから [コントロールパネル] → [プリンタとその他のハードウェア] → [プリンタとFAX] を選択します。
参考
ご使用の環境によっては表示が異なる場合があります。

1-2. [Canon iP4700 Series] アイコンを選択して、[ファイル] → [共有] をクリックします。

1-3. [危険性を理解した上でウィザードを使わない設定を選択する場合はここをクリックしてください。] をクリックします。
参考
ご使用の環境によっては表示されない場合があります。

1-4. [ウィザードを使わずにプリンタ共有を有効にする] にチェックを入れて、[OK] をクリックしてください。
参考
ご使用の環境によっては表示されない場合があります。

1-5. [このプリンタを共有する] にチェックを入れて、[共有名] に任意の名称を入力します。
入力したら、[適用] → [OK] の順にクリックしてプロパティを閉じます。
重要
  • ここでは [iP4700] と入力しています。
  • ここで入力した [共有名] は、クライアント機の設定時に使用するので、メモしてください。

1-6. [Canon iP4700 Series] アイコンに共有されていることを表すマーク ( 手のひら ) が表示されていることを確認します。

2. プリントサーバー機のフルコンピュータ名を確認する
これは、手順3. でプリンターを指定する際に必要になります。

2-1. [スタート] メニューから [マイ コンピュータ] を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。

2-2. [コンピュータ名] タブを選択し、[フルコンピュータ名] を確認してください。
重要
ここでは、フルコンピュータ名は [プリンターサーバー] となります。
ここで確認したプリントサーバー機のフルコンピュータ名は、クライアント機の設定時に使用するので、メモしてください。

3. 共有設定されたプリンターをクライアント機に新規プリンターとして追加する
クライアント機に、ネットワーク上にある共有プリンターを、新規プリンターとして追加します。

3-1. [スタート] メニューから [コンピューター] → [ネットワーク ] → [プリンターの追加 ] を選択します。
[プリンターの追加] 画面が表示されます。

3-2. [ネットワーク、ワイヤレスまたは Bluetooth プリンタを追加します] を選択します。

3-3. プリントサーバ機で共有の設定をしたプリンターのアイコンをクリックし、[次へ] ボタンをクリックします。
重要
プリンターのアイコンが表示されない場合は、プリントサーバー機との接続を確認してください。それでも表示されない場合は、クライアント機にプリントサーバー機のアカウント(Administrator権限)が設定されているか確認してください。
(プリンターのアイコンが表示されるまでに、時間がかかる場合があります)

3-4. 画面の指示に従って操作し、[完了] をクリックします。

以上で、すべての設定は完了です。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

SELPHY DS810 / SELPHY DS700

 

[TOP▲]
このページのトップへ