カードダイレクトでレイアウト印刷する方法(SELPHY CP800)



カードダイレクトでレイアウト印刷する方法(SELPHY CP800)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000058322



操作方法

プリンターにメモリーカードまたは USB メモリー (市販品) を挿入して、記録された画像を1枚の用紙にレイアウトして印刷します。
注意
  • プリンターの液晶モニターに表示される項目を選択する場合は、 プリンターのボタンを上下左右に操作して行います。選択した項目を決定する場合は、 <OK> ボタンを押して決定します。
  • メモリーカードまたは USB メモリー (市販品) から印刷する際は、カメラやパソコンが接続されていないことを確認してください。
  • アダプターが必要なカードは、必ずアダプターを使って [カードスロット] に差し込んでください。アダプターを使わずに [カードスロット] に差し込むと、取り出せなくなる恐れがあります。
  • カードやアダプターの使いかたについては、カードやアダプターの取扱説明書を参照してください。
  • 撮影した機器で初期化したカードをお使いください。パソコンで初期化したカードでは、画像を認識できないことがあります。
  • パソコンで編集した画像や、撮影時の画像サイズによっては正しく表示 / 印刷できないことがあります。
  • 携帯電話で撮影した画像を印刷する場合、撮影時に設定された画像サイズによっては正しく表示、印刷できないことがあります。
  • このプリンターは、Exif 規格に準拠したJPEG 画像に対応しています。

ここでは SD メモリーカードを使ったときを例に操作を説明しています。SD メモリーカード以外のメモリーカードや USB メモリー (市販品) でも同じ操作で印刷することができます。

1. プリンターの電源を入れて、メモリーカードを挿入します。

プリンターの電源を入れます。
メモリーカードを挿入します。
メモリーカードは、対応するスロットに挿入してください。なお、メモリーカードは1枚だけ挿入してください。


2. プリンターの液晶モニターに、以下のような画面が表示されます ([情報表示] が [入] のとき)。


3. <メニュー> ボタン () を押すと、以下のような画面が表示されるので、[印刷の設定] を選択します。


4. 以下のような画面が表示されます。この画面で [レイアウト] の設定を行います (ここでは、[4 面配置] に設定しています)。

必要に応じて [日付] や [フチ] などの設定を行い、<戻る> ボタン () を押します。
メモ
[レイアウト] は以下から選択します。
  • ) [1 面配置]・・・ 1枚の用紙に1枚の画像を印刷します (初期設定)
  • ) [2 面配置]・・・ 1枚の用紙に2枚の画像を印刷します
  • ) [4 面配置]・・・ 1枚の用紙に4枚の画像を印刷します
  • ) [8 面配置]・・・ 1枚の用紙に8枚の画像を印刷します
  • ) [インデックス]・・・ 画像をインデックス印刷します
  • ) [証明写真]・・・ 1枚の用紙に3種類の大きさで、それぞれ2枚ずつ、合計6枚の証明写真を印刷します。印刷できる用紙は <Lサイズ> と <ポストカードサイズ> です。
  • ) [シャッフル]・・・ 自動的にいろいろな大きさで配置された画像が印刷されます。1枚の用紙に、8枚または20枚の画像を配置できます。印刷できる用紙は <Lサイズ> と <ポストカードサイズ> です。
注意
  • [カラーインク / ラベルセット KC-18IL] (8分割シール紙) に印刷する場合は、[8 面配置] () に設定してください。
  • 本機で印刷した [証明写真] は、用途によっては正式な証明写真としてお使いいただけないことがあります。詳しくは、写真のご使用先にお問い合わせください。


5. 以下のような画面が表示されるので、<戻る> ボタン () を押して、画像を選択する画面に戻ります。
参考
[インデックス] () に設定しているときに [すべてを印刷] を行うと、カード内のすべての画像を一覧で印刷できます。


6. 以下のような画面が表示されます。

液晶モニター右側のアイコン表示で、設定した [レイアウト] が反映されているかを確認してください。
このアイコンは、[フチなし] では ()、 [フチあり] では () のように表示されます。
また、以下の設定も合わせて確認してください。
[日付]
[自動写真補正]
[赤目補正]
[マイカラー]
[美肌]
[明るさ補正]
メモ
  • 右下に () が表示されているアイコンは、設定が [切] になっています。
  • [レイアウト] の設定によっては、 [フチ]、 [日付]、 [自動写真補正]、 [赤目補正]、 [美肌]、 [明るさ補正] の設定が反映されないことがあります。このとき、アイコンは薄く表示されます。
例 : [日付] の場合
) [日付] 入
) [日付] 切
) [日付] が設定できないとき


7. 印刷枚数の設定を行います。

表示している画像の印刷枚数 (印刷したい画像を選択して、プリンターの <枚数> ボタン () を上下に操作し、印刷する枚数を指定します)
総印刷枚数 (印刷に必要な用紙枚数が表示されます)
<印刷> ボタン () を押すと印刷が始まります。


【印刷例】
下の画像は、[レイアウト] を [4面配置]、[印刷枚数] を "3"、 [日付] を [入] に設定して、 [L サイズ] の用紙に印刷したときの仕上がりイメージです。

メモ
  • [日付] として印刷される撮影日は、Exif 情報として各画像ファイルに含まれている撮影日付です。 画像ファイルに Exif 情報がない場合には、ファイル更新日時を [日付] として印刷します。
  • 日付、時刻の書体、色、表示位置を変えることはできません。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

SELPHY CP800

 

[TOP▲]
このページのトップへ