無線LANを使って印刷する方法 (SELPHY CP900)



無線LANを使って印刷する方法 (SELPHY CP900)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000069222



操作方法

無線LANに対応したスマートフォンやパソコンに保存されている画像を、無線を使って印刷する方法について説明します。
メモ
  • お使いのスマートフォンやタブレット端末に専用のアプリケーションをインストールする必要があります。アプリケーションの詳細 (対応する機種や機能など) については弊社Webサイトでご確認ください。なお、以降、スマートフォンとタブレット端末を合わせて [スマートフォン] と記載しています。
  • セルフィーでは、通信モードによって設定の手順が異なるため、お使いになる機器によって通信モードを選んでください。なお、設定した後に通信モードを変えることもできます。


1. 電源を入れます。カードやUSBメモリーを差し込んでいるときは抜いてください。


3. <メニュー> ボタンを押します。

4. [無線LAN設定] を選び、<OK> ボタンを押します。

5. [はじめての設定] を選び、<OK> ボタンを押します。

6. 表示されているプリンター名を確認して <OK> ボタンを押します。

7. [アドホック]を選び、<OK> ボタンを押します。

8. プリンターに下の画面が表示されていることを確認します。

9. お使いのスマートフォンの Wi-Fi に関する設定メニューから、プリンターに表示された SSID (ネットワーク名) を選びます。

10. パスワード欄には、プリンターに表示された WEP キー (パスワード) を入力します。

11. スマートフォンを操作して、画像を印刷します。
重要
  • 印刷がはじまると下の画面が表示されます。この画面が表示されているときは通信を中断したり、印刷に使うアプリケーションを終了しないでください。途中までしか印刷されなかったり正しく印刷できないことがあります。
メモ
  • 別の画像を印刷するときは、手順 11 を繰り返します。
  • 一度設定を行うと、電源を入れなおしたときに、待機画面が表示されるので、スマートフォンを操作してプリンターにつなげるだけで印刷できます。
  • 電源を入れたときに待機画面が表示されないようにするには 、 [通信モード] で [無線LAN無効] を選びます。

- ネットワーク名 (SSID / ESSID)
- ネットワークの認証 / データの暗号化 (暗号化方式 / 暗号化モード)*
- 暗号化キー (ネットワークキー)
* 対応するセキュリティ設定は「セキュリティなし」、「WEP (オープンシステム認証)(64 bit)」、「WEP (オープンシステム認証)(128bit)」、「WPA-PSK(TKIP)」、「WPA-PSK(AES)」、「WPA2-PSK(TKIP)」、「WPA2-PSK(AES)」です。
  • システム管理者がいるネットワーク内で設定するときは、ネットワーク管理者に詳しいネットワーク設定の詳細をお問い合わせください。

1. 電源を入れます。カードやUSBメモリーを差し込んでいるときは抜いてください。

2. 印刷したい用紙が入ったペーパーカセットとインクを、セルフィーに入れます。
参考

3. <メニュー> ボタンを押します。

4. [無線LAN設定] を選び、<OK> ボタンを押します。

5. [はじめての設定] を選び、<OK> ボタンを押します。

6. 表示されているプリンター名を確認して <OK> ボタンを押します。


7. [インフラストラクチャー] を選び、<OK> ボタンを押します。

8. [アクセスポイント検索] を選び、<OK> ボタンを押します。
・アクセスポイントがWPSに対応しているとき
 

9. アクセスポイントを選び、<OK> ボタンを押します。

10. <編集> ボタンを押して文字入力の画面を表示し、暗号化キーを入力して <OK> ボタンを押します。

11. アクセスポイントとつながると下の画面が表示されるので、表示されたアクセスポイントの名前を確認して、<OK> ボタンを押します。

下の画面が表示されます。

12. カメラ、スマートフォン、パソコンを操作して印刷します。
メモ
  • スマートフォンから印刷するときは、専用のアプリケーションをインストールしたあと、スマートフォンを操作して同じアクセスポイントにつないで印刷します。
  • パソコンから印刷するときは、付属のソフトウェアをインストールしてから印刷します。
  • 手順 9 で、セキュリティ設定されていないアクセスポイントを選んで <OK> ボタン を押すと手順 11 の画面が表示されます。
  • アクセスポイントは 20 個まで表示されます。つなぎたいアクセスポイントが見つからないときは、<戻る>ボタン を押してから手順 8 で[手動設定]を選ぶと、アクセスポイントを手動で設定できます。画面の指示にしたがって SSID の入力、セキュリティー設定、暗号化キーの入力を行ってください。
  • 画面には電波の状態を示す以下のアイコンが表示されます。
]強、[ ]中、[ ]弱、[ ]微弱または圏外

重要
  • 印刷を始めると下の画面が表示されます。この画面が表示されているときは通信や印刷を中断しないでください。途中までしか印刷されなかったり正しく印刷できないことがあります。

・アクセスポイントがWPSに対応しているとき

アクセスポイントが WPS に対応しているときは、かんたんな操作でプリンターを無線LANにつなげます。

1.手順7の操作で、 [接続方法の選択] 画面を表示し、 [簡単設定 (WPS接続)] を選んで ボタンを押します。

2. [プッシュボタン方式] を選んで <OK> ボタンを押します。
参考
手順2で [PINコード方式] を選んだときは、アクセスポイントでプリンターの画面に表示されたPINコードを設定したあと、プリンターの <OK> ボタンを押して手順3に進んでください。

3. プリンターに下の画面が表示されていることを確認して、アクセスポイントになる機器の WPS 接続用のボタンを数秒間押したままにします。

4. プリンターの <OK> ボタンを押します。

5. プリンターの画面に [接続中] が表示されたあと、接続できると [アクセスポイントとの接続が完了しました] が表示されるので <OK> ボタンを押します。

6. 下の画面が表示されます。

7. カメラ、スマートフォン、パソコンを操作して印刷します。

 

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

SELPHY CP900

 

[TOP▲]
このページのトップへ