USBメモリーから印刷する(SELPHY CP1200)



USBメモリーから印刷する(SELPHY CP1200)
更新日 : 2016年2月19日
文書番号 : Q000086802



操作方法

USBメモリー(市販品)内の画像も、カード内の画像と同じように印刷できます。

メモ
  • USBメモリーは市販品をお使いください。
  • お使いになるUSBメモリーによっては、抜き差ししづらかったり、正しく動作しなかったりすることがあります。
  • USBメモリーの使いかたについては、お使いのUSBメモリーの使用説明書を参照してください。
  • パソコンで編集した画像や撮影時の画像サイズによっては、正しく表示、印刷できないことがあります。
参考
  • このプリンターが対応しているファイルフォーマットは FAT / exFAT です。
  • セルフィーで印刷できるのは、Exif規格に準拠したJPEG画像です。

1. プリンターの電源を入れて、 USBメモリーを差し込みます。

2. プリンターの液晶モニターに、以下のような画面が表示されます。

3. 画像を選びます。
  • [ ] か[ ] を押して印刷したい画像を選びます。
  • [ ] か[ ] を押したままにすると、画像を5枚ずつとばして表示します。

4. 部数を選びます。
  • [ ] か[ ] を押して部数を選びます。
  • [ ] か[ ] を押したままにすると、5部ずつ増減します。
  • 別の画像もいっしょに印刷するときは、もう一度、手順3と4の操作を繰り返します。

部数
印刷枚数


5. [ ]を押すと印刷がはじまります。

参考
  • 印刷中にセルフィーの背面から用紙が一時的に出てきますが、印刷が終わってペーパーカセットの上に出てくるまでは、用紙に触れないでください。
  • 印刷された用紙は、ペーパーカセットの上に出てきますが、19 枚以上はためないようにしてください。
  • 印刷を途中で中止するときは必ず [ ] を押して中止してください。
重要
  • 電源を入れて、セルフィーの動作音がしている間や印刷中は、「ペーパーカセットを抜く」、「インクカバーを開ける」、「メモリーカードを抜く」ことは、絶対にしないでください。故障の原因となります。
  • 印刷を途中で中止するときは必ず [ ] を押して中止してください。印刷中に[ ]を押しても印刷を中止することはできず、電源プラグを抜くなどの操作を行うと故障の原因となります。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

SELPHY CP1200

 

[TOP▲]
このページのトップへ