パソコンから印刷する方法(Wi-Fi機能) -Windowsをお使いの場合- (SELPHY CP1200)



パソコンから印刷する方法(Wi-Fi機能) -Windowsをお使いの場合- (SELPHY CP1200)
更新日 : 2016年2月19日
文書番号 : Q000086833



操作方法


ここではWi-Fi®(ワイファイ)* に対応した、パソコンに保存されている画像を、無線を使って印刷する方法について説明しています。
* Wi-Fi とは、相互接続性が認定されたことを示す無線LAN 機器のブランド名称です。
  • このプリンターはWi-Fi 認定製品です。Wi-Fi に対応したスマートフォン、タブレット端末、カメラ、パソコンに保存されている画像を、無線を使って印刷することができます。
重要
  • Wi-Fi 機能を使う前に、取扱説明書内の「Wi-Fi(無線LAN)について」を必ずお読みください。
  • Wi-Fi 接続での印刷では、一部の機能は使えません。
メモ
ここでは、Wi-Fi ルーターなどの無線親機をすべて「アクセスポイント」と呼びます。

規格IEEE802.11b/g
対応チャンネル1 〜 11ch
伝送方式DSSS(IEEE802.11b)、OFDM(IEEE802.11g)
セキュリティセキュリティなし、WEP(オープンシステム認証)(64 bit)、WEP(オープンシステム認証)(128 bit)、WPA-PSK(TKIP)、WPA-PSK(AES)、WPA2-PSK(TKIP)、WPA2-PSK(AES)

  • お使いのアクセスポイントがWPS(Wi-Fi Protected Setup)に対応しているかどうかを確認してください。
WPS に対応しているとき「アクセスポイントがWPS に対応しているとき」の手順で接続してください*。
WPS に対応していないとき
わからないとき
次の項目を確認しておき、「アクセスポイントがWPSに対応していないとき」の手順で接続してください。
- ネットワーク名(SSID/ESSID)
- ネットワークの認証/ データの暗号化(暗号化方式/暗号化モード
- パスワード(ネットワークキー)
*セキュリティがWEP のアクセスポイントでは、WPS では接続できません。
「アクセスポイントがWPS に対応していないとき」の手順で接続してください。


重要
  • システム管理者がいるネットワーク内で設定するときは、ネットワーク管理者に詳しいネットワーク設定の詳細をお問い合わせください。



  • アクセスポイントがWPS に対応しているとき

1 アクセスポイントを確認します。
・アクセスポイントの電源が入っていて通信できる状態であることを確認します。

2. セルフィーの準備をします。
・メモリーカードやUSB メモリーを差し込んでいるときは抜きます。
・印刷したい用紙が入ったペーパーカセットとインクを、セルフィーに入れます。

3. 設定画面を表示します。
  • メニューボタン<>を押します。
  • [ ], [ ]を押して[Wi-Fi 設定]を選び、[ ]を押します。

  • [ ], [ ]を押して[接続設定]を選び、[ ]を押します。

4. プリンター名を確認します。
  • 表示されているプリンター名を確認して[ ] を押します。
  • ここで表示されている名前が、Wi-Fi で他の機器とつなぐときに、接続先の機器で表示されるプリンター名になります。
  • 編集ボタンを押してプリンター名を変えることもできます。

5 接続方法を選びます。
  • [ ], [ ]を押して[アクセスポイント経由接続]を選び、[ ]を押します。

6 アクセスポイントへの接続方法を選びます。
  • [ ], [ ]を押して[簡単設定(WPS接続)]を選び、[ ]を押します。

7 WPS の接続方法を選びます。[ ], [ ]を押して[プッシュボタン方式]を選び、[ ]を押します。

  • 以下の画面が表示されます。

8. アクセスポイントのWPS 接続用のボタンを数秒間押したままにします。
メモ
WPS 接続用のボタンはお使いのアクセスポイント(Wi-Fi ルーターなど)についています。詳しい場所と長押しの秒数はアクセスポイントの使用説明書でご確認ください。

9. 接続をはじめます。
  • セルフィーの[ ]を押します。
  • セルフィーの画面に[接続中]が表示されたあと、接続できると[アクセスポイントとの接続が完了しました]が表示されるので[ ]を押します。

・以下の画面が表示されます。画面にはアクセスポイント名が表示されます。
メモ
  • 手順7. で[PIN コード方式]を選んだときは、セルフィーの画面に表示されたPIN コードをパソコンでアクセスポイントに設定したあと、セルフィーの[ ]を押して手順9 に進んでください。PIN コードの設定方法は、アクセスポイントの使用説明書を確認してください。
  • 画面には電波の状態を示す以下のアイコンが表示されます。
]強、[]中、[]弱、[]微弱、[]圏外
「パソコンの準備をする」に進んでください。



  • アクセスポイントがWPSに対応していないとき

1 アクセスポイントを確認します。
・アクセスポイントの電源が入っていて通信できる状態であることを確認します。

2. セルフィーの準備をします。
・メモリーカードやUSB メモリーを差し込んでいるときは抜きます。
・印刷したい用紙が入ったペーパーカセットとインクを、セルフィーに入れます。

3. 設定画面を表示します。
  • メニューボタン<>を押します。
  • [ ], [ ]を押して[Wi-Fi 設定]を選び、[ ]を押します。

  • [ ], [ ]を押して[接続設定]を選び、[ ]を押します。

4. プリンター名を確認します。
  • 表示されているプリンター名を確認して[ ]を押します。
  • ここで表示されている名前が、Wi-Fi で他の機器とつなぐときに、接続先の機器で表示されるプリンター名になります。
  • 編集ボタンを押してプリンター名を変えることもできます。

5 接続方法を選びます。
  • [ ], [ ]を押して[アクセスポイント経由接続]を選び、[ ]を押します。

6 アクセスポイントへの接続方法を選びます。
  • [ ], [ ]を押して[アクセスポイント検索]を選び、[ ]を押します。
  • アクセスポイントが検索されて、近くにあるアクセスポイントの一覧が表示されます。

7. アクセスポイントを選びます。
  • [ ], [ ]を押してアクセスポイントを選び、[ ]を押します。

8. パスワードを入力します。
  • 編集ボタンを押して文字入力の画面を表示し、パスワードを入力します。
  • [ ]を押します。

9 アクセスポイントを確認します。
  • アクセスポイントとつながると以下の画面が表示されるので、表示されたアクセスポイントの名前を確認して、[ ]を押します。

  • 以下の画面が表示されます。
メモ
  • 手順7. で、セキュリティ設定されていないアクセスポイントを選んで[ ]を押すと手順9. の画面が表示されます。
  • アクセスポイントは20 個まで表示されます。つなぎたいアクセスポイントが見つからないときは、[] を押してから手順6. で[手動設定]を選ぶと、アクセスポイントを手動で設定できます。画面の指示にしたがってSSID の入力、セキュリティー設定、パスワードの入力を行ってください。
  • セキュリティがWEP のときは、手順8. でパスワードの入力を誤ると、[ ]を押したときにメッセージが表示され、もう一度[ ]を押すと手順9 の画面に進めますが、印刷はできません。アクセスポイントのパスワードを確認して、手順3. から接続しなおしてください。
  • 画面には電波の状態を示す以下のアイコンが表示されます。
]強、[]中、[]弱、[]微弱、[]圏外
参考
2 回目からの接続
  • 一度アクセスポイントに接続すると、セルフィーの電源を入れ直したときに、前回接続したアクセスポイントに自動的に接続されて、以下の画面(待機画面)が表示されます。
  • アクセスポイントになる機器の電源が入っていないなどで接続できなかったときは、[]が表示されるので、アクセスポイントの設定を見なおしてください。アクセスポイントに接続できると、電波の状態を示すアイコンが変わります。
  • 待機画面が表示されているときでも、メモリーカードを差し込むと画像表示画面が表示されてメモリーカード内の画像を印刷できます。
  • 電源を入れたときにアクセスポイントに自動で接続しないようにもできます。




プリンタードライバをインストールします。
重要
ここでは Windows 7 を例に説明しています。Windows 8 では、画面の表示や操作方法が異なる場合があります。

1. セルフィーがアクセスポイントに接続されていることを確認します。
  • セルフィーに以下の画面が表示されていることを確認します。

2. インストールをはじめます。

2-1. 付属のCD-ROM をパソコンに入れて、[(マイ)コンピュータ]内に表示されるCD-ROM のアイコンをダブルクリックします。

2-2. [Driver]フォルダをダブルクリックします。

2-3. お使いのパソコンの[システムの種類]でビット数を確認して、[32Bit]フォルダまたは[64Bit]フォルダをダブルクリックします。
[システムの種類]は、[マイコンピュータ]または[コンピュータ]の[プロパティ]で確認できます。

2-4. [Setup.exe]をダブルクリックします。

2-5. 以下の画面が表示されます。[はい]をクリックします。

2-6. 以下の画面が表示されます。[次へ]をクリックします。

2-7. [ユーザーアカウント制御]の画面が表示されたときは、表示されるメッセージにしたがって進めてください。

3. 接続方法を選びます。
以下の画面が表示されたら、[無線ネットワークで使用する]をチェックして、[次へ]をクリックします。

4 接続するプリンターを選んでインストールを終えます。
  • [リストで接続するプリンターを選び、[[次へ]をクリックします。




1. セルフィーがアクセスポイントに接続されていることを確認します。
セルフィーに以下の画面が表示されていることを確認します。

手順2以降はパソコンでの操作になります。

2. 印刷画面を表示します。
印刷に使う画像閲覧/編集ソフトを起動して、印刷する画像を選び、印刷画面を表示します。
  • 出力先のプリンターとして[Canon SELPHY CP1200]を選びます。

3. 印刷オプションを選びます。
  • 用紙サイズには、セルフィーに入れたペーパーカセットとインクのサイズを選びます。なお、フチあり/フチなしも、用紙サイズとの組み合わせで表示される一覧から選んでください。
  • 印刷の向きや部数を指定することもできます。

4. 印刷します。
重要
  • セルフィーの<>では印刷を中止できません。パソコンを操作して印刷ジョブを削除してください。
  • USB ハブを介してセルフィーとパソコンをつなぐと、正しく動作しないことがあります。
  • セルフィーをパソコンのUSB ポートにつないでいる状態で、パソコンをスリープ(または休止状態)にしないでください。セルフィーをパソコンのUSB ポートにつないでいる状態でパソコンをスリープにしてしまったときは、USB ケーブルをパソコンにつないだまま、スリープから回復してください。ただし、正しく回復できないときは、パソコンを再起動してください。
  • パソコンや画像閲覧/編集ソフトの操作方法については、それぞれの使用説明書を参照してください。
メモ
  • セルフィーにエラーメッセージが表示されたときは、パソコンの画面(デスクトップモード)に表示されるメッセージも確認してください。なお、表示された問題を解決すると、メッセージは自動で消えます。
  • パソコンの画面にメッセージが表示されているときは、[中止]をクリックして印刷を中止することもできます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

SELPHY CP1200

 

[TOP▲]
このページのトップへ