ダイヤル・プッシュ回線への変更方法(DIGI16i(L)/32i(L))



ダイヤル・プッシュ回線への変更方法(DIGI16i(L)/32i(L))
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000000120



詳細情報:
  1. ダイヤル・プッシュ回線への変更方法(DIGI16i(L)/32i(L))

【詳細1】ダイヤル・プッシュ回線への変更方法(DIGI16i(L)/32i(L))

◇変更方法(ディスプレイ付電話機より)

   データー登録は専用単独電話機及び、SLTからは登録できません。

操作
1.「設定」ボタンを押す。
2.ダイヤルボタン「*」を押す。
3.ダイヤルボタンで「1990」を押す。(表示: ”ファクス/No=     )
4.ダイヤルボタンで「202」を押す。(ダイヤル変更のプログラムNo)
5.ダイヤルボタン「#」を押し、希望の局線に合わせる(各外線毎に登録)

     外線1 → ”外01”
     外線2 → ”外02”
     外線3 → ”外03”
     外線4 → ”外04”

6.電話機の「音量:▲▼」ボタンで希望の回線種別に合わせる

     ダイヤル回線時 → DP20
       プッシュ回線時   → PB

7.「設定」ボタンを押す。(日時に戻り終了)
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

DIGI 16i/32i / DIGI 16iL/32iL

 

[TOP▲]
このページのトップへ