Windows 2000でUSBドライバをインストールする方法



Windows 2000でUSBドライバをインストールする方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000010975



■ 概要

Windows 2000環境で、USBドライバをインストールする方法

 

■ 注意事項

 

■ 操作手順

以下の操作手順でご案内している画面(ダイアログ)は、PowerShot S10を使用した場合のものです。
画面に表示されるカメラの機種名は、お使いのモデルにより異なります。

(1)

 

パソコンの電源を投入し、Administrator権限で、Windows 2000にログオンします。

 

(2)  

カメラとパソコンをUSB接続し、通信可能な状態にします。

  • EOS D30の場合
    カメラのメインスイッチを[ON]にします。

  • IXY DIGITALの場合
    カメラのモードスイッチを[青い三角]マーク側にスライドし、[ON/OFF]ボタンを押します。

  • PowerShot G1/Pro90 ISの場合
    カメラのメインダイヤルを[PC接続]に合わせます。

  • PowerShot S10/S20の場合
    カメラのモードダイヤルを[PCモード]に合わせます。

 

詳しくは、関連情報「カメラとパソコンを通信できる状態にする」をご参照ください。

 

(3)

[新しいハードウェアの検出ウィザード]が起動しますので、[次へ]をクリックします。

ここで、[新しいハードウェアの追加ウィザード]が表示されない場合は、既にUSBドライバがインストールされている可能性があります。
関連情報「Windows2000でUSBドライバをアンインストール(削除)する方法」を参照し、USBドライバを一度削除してください。

 

新しいハードウェアの検出ウィザード

(3) [デバイスに最適なドライバを検索する(推奨)]を選択して、[次へ]をクリックします。

デバイスに最適なドライバを検索する

(4)  

CD-ROMからドライバをインストールする場合は、パソコン接続キット、もしくはカメラに同梱のCD-ROM「Solution Disk」をパソコンのCD-ROMドライブにセットします。

CD-ROMが認識するまで(CD-ROMのアクセスランプが消灯するまで)しばらくお待ちください。

 

(5) [場所を指定]のみにチェックを付けて、[次へ]をクリックします。
手順(6)へ進んでください。

IXY DIGITAL用パソコン接続キットPK400をご使用されている場合は、[CD-ROMドライブ]のみにチェックを付けて、[次へ]をクリックします。
続いて、手順(9)へ進んでください。

検索場所のオプション

(6) [参照]をクリックします。

製造元のファイルコピー元

(7) CD-ROMの「\USB_DRV\JAPANESE」フォルダ内にある「CANON_DC.INF」ファイルを選択して、[開く]をクリックします。

フォルダの場所

(8) 選択したフォルダを確認し、[OK]をクリックします。

製造元のファイルのコピー元

(9) メッセージを確認し、[次へ]をクリックします。

ドライバファイルの検索

(10) [デジタル署名が見つかりませんでした]が表示されたら、[はい]をクリックします。

デジタル署名が見つかりませんでした

(11) [ファイルの上書きの確認]画面(右図)が表示されたら、[すべて上書きしない]をクリックします。

ファイル上書きの確認

(12) メッセージを確認し、[完了]をクリックします。

完了

(13)  

以上で、USBドライバのインストールは完了です。

  • USBドライバのインストール完了後、イベントダイアログが表示されましたら、画像を取り込む際に使用するアプリケーションを選択してください。

  • パソコンの再起動を促すメッセージが表示された場合は、CD-ROMをCD-ROMドライブから取り出し、メッセージに従ってパソコンを再起動してください。

 

 

戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

IXY DIGITAL / PowerShot G2 Black / PowerShot G1 / PowerShot S20 / PowerShot S10 / PowerShot Pro90 IS

 

[TOP▲]
このページのトップへ